メインメニューを開く

阿曇犬養氏(あずみのいぬかいうじ)は、「阿曇犬養」をの名とする氏族海犬養氏と同族とされる。

阿曇犬養氏
氏姓 阿曇犬養
始祖 大和多羅命
種別 神別地祇
凡例 / Category:氏

犬養部は犬を飼育して宮城門、大和朝廷の直轄領である屯倉大蔵・内蔵・などの守衛に当たった品部であり、阿曇犬養は、県犬養稚犬養海犬養とともにこれを統率した伴造4氏族の一つである。

概要編集

新撰姓氏録』「摂津国神別によると、「海神大和多羅命三世孫穂己都久(ほこつく)命之後也」と伝えられている地祇神別氏族で、 摂津国西成郡には阿曇氏畿内における本拠地と推定される阿曇江(大阪市南区安堂寺町)が存在する。阿曇連氏のうち、犬養部の伴造となった氏族とみられている。

阿曇連氏の発祥地は綿津見三神を祭る志賀海神社のある筑前国糟屋郡志珂郷(福岡市東区志賀島)から阿曇郷(福岡県糟屋郡新宮町)にかけての一帯であり、阿曇犬養氏も、6世紀前半に設置された糟屋屯倉や那津官家の守衛の任務に当たった氏族と思われる。昭和59年(1984年)に発掘された那津官家の遺跡と推定される福岡市博多区博多駅南の比恵遺跡周辺には、「三宅田」・「官田」・「犬飼」の地名が見られ、このことを立証している。阿曇氏の中央政界進出にともない、海犬養氏とともに畿内に移住したものと思われる。

信濃国安曇郡長野県安曇野市大町市および北安曇郡)には「犬養」という地名があり、阿曇氏の祖を祭る穂高神社の社家に「犬養氏」があるところから、阿曇氏と犬養部の深いつながりが現れている。

海犬養氏とは異なり、天武天皇13年(684年)に制定された「八色の姓[1]では新しい姓を授与されていない。また、史料に現れる氏人の名前も見当たらない。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『日本書紀』巻第二十九、天武天皇13年10月1日条

参考文献編集

関連項目編集