陳太宗(ちんたいそう、ベトナム語: Trần Thái Tông (チャン・タイ・トン)、1218年7月10日[1] - 1277年5月5日[2])は、陳朝の初代皇帝(在位1225年 - 1258年)。陳朝の実質的な創始者である陳守度の甥。太宗は廟号である。名は陳 煚ベトナム語: Trần Cảnh / 陳煚)。兄に安生王陳柳がいる。

陳太宗
陳朝
初代皇帝
Trần Thái Tông.png
国号 大越
王朝 陳朝
在位期間 1226年1月11日 - 1258年1月30日
都城 昇龍(現ハノイ
姓・諱 陳煚
尊号 統天御極隆功厚徳顕功佑順聖文神武孝元皇帝 →
顕尭聖寿太上皇帝
諡号 統天御極隆功茂徳顕和佑順神文聖武元孝皇帝
廟号 太宗
生年 1218年7月10日建嘉8年6月16日
没年 1277年5月5日宝符5年4月1日
陳承
黎氏
后妃 昭聖皇后順天皇后李氏罃
陵墓 昭陵
元号 建中 1226年 - 1232年
天応政平 1232年 - 1251年
元豊 1251年 - 1258年

経歴編集

祖先は福建、もしくは桂林からの移住民である[3]。建嘉8年(1218年)、太宗は陳承の第2子として生まれる。母は黎氏。有道2年10月(1225年11月頃)に宮中に入内[4]李朝の女帝の昭皇に見初められ、遊び友達となると、まもなく結婚した。同年12月12日(1226年1月11日)、陳守度や馮佐周の工作により、昭皇から禅譲され、わずか8歳で帝位に就くこととなった[5]。しかし、皇帝が幼年であることから、実際の政務は陳守度が執った。建中2年1月(1226年2月頃)、昭皇を后として立て、昭聖皇后と改めた[6]

建中5年(1229年)、に使者を派遣し、安南国王に封ぜられる[7]。成人すると親政を開始し、科挙による有能な人材登用や諸制度の整備など、陳朝の土台を固める事に務めた。元豊7年(1257年)11月には兀良合台の率いるモンゴル軍が侵攻し、12月には紅河北岸の「平厲源」の地で蒙越両軍が衝突したが、太宗は自ら出陣した[8]。しかし、モンゴル軍が紅河を渡河すると、国都タンロン付近の瀘江口、さらに天幕口に撤退した。一時タンロンを占領されたが、間もなくモンゴル軍が撤退したため、ベトナム軍は追撃してこれを打ち破った[9]

元豊8年(1258年)、長子の聖宗に譲位して太上皇となったが、引続き政治を執り行った[10]。同年、使者をモンゴルに派遣し、国交を開いた[11]。このときのベトナム君主は、日煚(太宗)の長子の「光昺」と記録されているが、光昺は太宗の別名であり[12]、モンゴルと戦った君主とは別人が位に就いた形をとり、国交を開いたとされる[13]

モンゴルでクビライが即位すると、翌年の紹隆4年(1261年)に使者を派遣。三年一貢を申し入れ、元朝より「光昺」として安南国王に封ぜられた[14]

治政の傍ら、禅を修行し、譲位後に修行に打ち込み、禅に関する著作も著した。

著書編集

  • 『禅宗旨南』
  • 『課虚』

脚注編集

  1. ^ 大越史記全書 本紀巻之五 陳紀 太宗皇帝 建嘉8年6月16日
  2. ^ 大越史記全書 本紀巻之五 陳紀 宝符5年4月朔
  3. ^ 桃木至朗 「『ベトナム史』の確立」、池端雪浦ほか編 『東南アジア古代国家の成立と展開』 2巻 岩波書店〈岩波講座 東南アジア史〉、2001年7月、171頁。ISBN 4000110624 
  4. ^ 大越史記全書 本紀巻之四 李紀 昭皇 有道2年10月
  5. ^ 大越史記全書 本紀巻之五 陳紀 太宗皇帝 有道2年12月12日
  6. ^ 大越史記全書 本紀巻之五 陳紀 太宗皇帝 建中2年正月
  7. ^ 山本(1975年)、83ページ
  8. ^ 山本(1975年)、85ページ
  9. ^ 山本(1975年)、85-86ページ
  10. ^ 山本(1975年)、86ページ
  11. ^ 山本(1975年)、87ページ
  12. ^ 山本(1975年)、86ページ
  13. ^ 山本(1975年)、87ページ
  14. ^ 山本(1975年)、87-88ページ

参考文献編集


先代:
-
ベトナム陳朝皇帝
1225年 - 1258年
次代:
聖宗