メインメニューを開く

「雨の中の二人」は、1966年1月15日にビクターレコードより発売された橋幸夫の75枚目のシングルである(SV-348)。田村正和が主演した同名の松竹・ビクター提携映画の主題歌になっている。

雨の中の二人
橋幸夫シングル
B面 ネェ、君、君
リリース
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル ビクター
作詞・作曲 宮川哲夫(作詞)
利根一郎(作曲)
一ノ瀬義孝(編曲)
チャート最高順位
  • 月間1位(『明星』第31回、33回)
  • 月間1位(『平凡』第26回)
橋幸夫 シングル 年表
ひとりの旅路
(1965年12月10日)
雨の中の二人
君、星よりはるかなり
(1966年2月15日)
テンプレートを表示

概要編集

  • 橋の楽曲は、これまで「恋のインターチェンジ」や「僕等はみんな恋人さ」など一部の楽曲を除きほとんどの曲は、恩師の佐伯孝夫作詞、吉田正作曲であったが、1964年(昭和39年)ごろから、他の作家の曲が登場する。恩師の吉田自身が「一度、雰囲気を変えてみよう」と提案したとされる[1]
  • 本作を作詞している宮川哲夫とは、「さすらい者」や「未練」、「ひとりの旅路」ですでに共演しているが、作曲家の利根一郎とは本作が初共演となる。橋は利根について「吉田先生とは、また違う個性のメロディメーカー」と評し、同じく初共演となる編曲の一ノ瀬義孝について「クラシック畑の方で、バイオリン主体の編成が特にうまく、イントロの雨の感じを出したバイオリンには感動した」と記している[2]
  • この年、橋と宮川、利根、一ノ瀬で「汐風の中の二人」(6月)、「霧氷」(10月)と合計3枚のシングルをリリースしてヒットさせただけでなく、「夢みる港」(4月、吉永小百合とのデュエット曲)、「恋と涙の太陽(アメリアッチ)」(6月)のヒットもあり、「霧氷」で、第8回日本レコード大賞を受賞した。2回受賞者は橋が初めてであった。
  • レコード大賞は「霧氷」に決まったとはいえ、橋は、宮川、利根、一ノ瀬との最初の楽曲である「雨の中の二人」への思い入れも強く、本作を「幻のレコード大賞」と語っている[3]。またビクターは最初、「吉田先生に遠慮」したのか、あまり宣伝しなかったとされる[3]
  • c/wの「ネェ、君、君」は白鳥朝詠作詞、利根一郎の作曲によるもので、「雨の中二人」とは対照的な、利根のリズム歌謡となっている。

収録曲編集

  1. 雨の中の二人
    作詞:宮川哲夫、作曲:利根一郎、編曲:一ノ瀬義孝
  2. ネェ、君、君
    作詞:白鳥朝詠、作曲:利根一郎、編曲:寺岡真三

収録アルバム編集

  • 『橋幸夫 ザ・ベスト』(2012年7月25日)
  • 『橋幸夫ベスト~盆ダンス~』(2005年11月23日)
  • 『橋幸夫全曲集 』(2003年11月26日)
  • 『橋幸夫が選んだ橋幸夫ベスト40曲』(2000年10月4日)
  • 『橋幸夫 全曲集』(1999年10月21日)
  • 『<TWIN BEST>』(1998年11月6日)
  • 『<BEST ONE>』(1996年10月23日)

.... 他

映画編集

雨の中の二人
監督 桜井秀雄
脚本 高橋二三桜井秀雄熊谷勲
製作 沢村国男
出演者 田村正和
中村晃子
橋幸夫
音楽 小川寛興
撮影 荒野諒一
編集 杉原よ志
製作会社 松竹
公開  1966年4月16日
上映時間 81分
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

本曲を題材とする映画が、1966年4月16日松竹系で公開された。81分。カラー。

本作は橋の曲を題材にしながら、珍しく橋が主演では無く、田村正和が主演、橋は自分自身の役で出演している。

DVD化はされてない。

スタッフ編集

出演者編集

同時上映編集

男の魂

エピソード編集

その他編集

  • c/wの「ネェ、君、君」は『黄金のニューリズム 』(2005年9月22日<COLEZO!>で復刻)に収録されている。
  • 特撮ドラマ『有言実行三姉妹シュシュトリアン』(フジテレビ)第23話「アジサイ仮面の心」で、この回の敵アジサイ仮面に対するシュシュトリアン口上は、本曲の歌い出しを使用した。

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 橋幸夫著『シオクルカサ(潮来笠)の不思議な世界:エピソードで綴る波乱の歌手伝説』ISBN 978-4-87969-106-4 日刊現代(東京)2007/4 66頁
  2. ^ 橋幸夫・小野善太郎共著『橋幸夫歌謡魂』ISBN 4-948735-16-7 ワイズ出版(東京)1993/6 60頁
  3. ^ a b 橋幸夫著『シオクルカサ(潮来笠)の不思議な世界:エピソードで綴る波乱の歌手伝説』前掲 66-67頁