青山高治

青山高治あおやま たかはる1972年3月5日 - )は、中国放送(RCC)アナウンサーラジオパーソナリティ広島県尾道市出身。

あおやま たかはる
青山 高治
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 広島県尾道市
生年月日 (1972-03-05) 1972年3月5日(45歳)
血液型 O型
最終学歴 広島修道大学人文学部人間関係学科社会学専攻卒業
勤務局 中国放送(RCC)
部署 アナウンス部
活動期間 1994年 -
ジャンル 情報番組など
公式サイト 青山 高治│RCCアナウンサー│RCC中国放送
出演番組・活動
現在 テレビ『イマなまっ!
ラジオ『金曜ビート
過去 本文参照

目次

概要編集

血液型はO型、星座はうお座。広島県立尾道北高等学校広島修道大学人文学部人間関係学科社会学専攻を卒業。

略歴編集

1994年、RCCに入社。入社当初はスポーツアナウンサーとして野球など各種競技の実況を担当したが、2年目以降は主に夜のラジオ番組を担当し、「Coke Teens Club青山高治のみんなノッてけHot Wave」や、「ラジON黒帯青山七段」を担当した。その後2000年からは主に夕方の情報番組に抜擢し、2004年8月からは、ラジオで担当していた音楽番組「秘密の音園」が夜の生ワイドに昇格。広島の中高生の人気を集めた。

2009年5月6日にはNHKラジオ第1放送で祝日特集番組「ラジオデー 広げようラジオの魅力」の生放送で電話出演した。

2010年12月24日~25日に特別24時間番組「RCCラジオ・チャリティ・ミュージックソン」のメインパーソナリティを務めた。

しかし、夜生ワイドのスタッフ不足や上野隆紘の引退などの影響で、「秘密の音園」は2012年3月30日で放送を終了。翌4月からは同じラジオの昼枠に移り生ワイド番組「日々感謝。ヒビカン」のメインパーソナリティとして活躍し、2014年10月からは、テレビの情報番組イマなまっ!のMCとラジオでナイターオフ番組の金曜ビート!のパーソナリティとして活躍している。

2013年3月2日にはRCCの同僚アナウンサーである横山雄二、同社ラジオ制作部長の増井威司(たけし)とともに北海道STVラジオウィークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」の公開生放送をスタジオで見学、そのまま同番組の「北の出会い」コーナー本編に3名で出演、パーソナリティの日高晤郎と対談した。

第45回(2008年)ギャラクシー賞のラジオ部門で「秘密の音園」のパーソナリティとしてDJパーソナリティ賞を受賞。第47回(2010年)では、司会を務める。第50回(2013年)では今度は「ヒビカン」がラジオ部門の大賞を受賞。

現在の担当番組編集

テレビ編集

  • イマなまっ! (2014年10月1日 - )MC 毎週月曜~金曜 14:55~16:43

ラジオ編集

過去の担当番組編集

テレビ編集

  • (2000年8月7日 - ) MC。後続番組は『ゆる壺』。
  • ゆる壺( - 2006年9月17日) MC。後継番組は『ブルマン』。
  • ひろしまスポーツ天国(1997年10月 - 1999年3月)
  • モテモテ6(2000年4月 - 2001年9月)
  • RCC王国 番組では青山王子と呼ばれていた。
  • ごじごじテレビ(2001年10月1日 - 2002年3月)MC。後続番組は『中村克洋のごじテレ。』
  • 中村克洋のごじテレ。(2002年4月 - 2004年9月:レポーター、2004年10月 - 2004年12月:ニュース担当) 後続番組は『ごじテレ。』
  • ごじテレ。(2005年1月 - 2005年3月) ニュース担当。
  • ブルマン(2006年10月 - 2008年3月) MC。音楽バラエティ番組。
  • オトメキ(2008年4月30日 - 2009年3月18日) 番組後半のコーナー『TALK BAR(トークバー)』担当
  • アォーン!(2009年4月17日から2014年3月14日) MC
  • 斉藤×和義〜ボクの正体(2013年11月16日) MC斉藤和義特番。
  • 斉藤×和義〜ボクの正体 その2(2015年12月13日) MC。斉藤和義特番。
  • 青山高治と近藤夏子が行く癒しの石見旅~世界遺産と湯の里~(2016年9月19日) 旅人。

ラジオ編集

連載編集

コラム

出身校編集

尾道清心幼稚園尾道市立栗原小学校尾道市立栗原中学校広島県立尾道北高等学校広島修道大学
※大学時代は宗像総一郎元アナウンサー(現在はラジオ営業部)と同級生だった。

外部リンク編集