メインメニューを開く

青木 久典(あおき ひさのり、1973年2月16日 - )は、三重県出身の大学野球指導者。現在、法政大学野球部監督。

青木 久典
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 三重県
生年月日 (1973-02-16) 1973年2月16日(46歳)
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 遊撃手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

経歴編集

高校時代は、三重高校で主将・遊撃手として第62回選抜高等学校野球大会に出場してベスト8の成績を残して法政大学へ進学。大学では文学部史学科に在籍し[1]硬式野球部では4年時に副将を務めた。日本ハム稲葉篤紀は大学の同期。

大学卒業後は北海道拓殖銀行に入行して同行野球部でプレー。入行1年目の1995年第66回都市対抗野球大会日本選手権大会に出場したが、翌1996年にたくぎん野球部が休部となり、本田技研鈴鹿へ転籍。ここで2年プレーした後、1999年に再び渡道してサンワード貿易に移籍。サンワード貿易野球部では中心選手として都市対抗野球大会に4年連続出場、日本選手権大会に3度出場し、2004年限りで現役を退いた[2]

2005年富士大学野球部コーチに就任。2008年秋には監督代行として北東北大学野球リーグ優勝。2009年に監督に転任し、春季リーグ戦で10戦全勝し優勝。同年、エース守安玲緒を擁し第58回全日本大学野球選手権大会決勝まで進み、母校の法政大学と対戦するも1対5で敗れて準優勝となった。

2014年1月に法政大学野球部の助監督に就任し、12月には成績不振で辞任した前任の神長英一の後を受けて監督に就任することが発表された[3]。富士大学の後継監督は豊田圭史

2019年1月29日、日本学生野球協会および法政大学に暴力行為を告発する文書が提出されていることが発覚[4][5]。2019年2月15日、当告発に対して、法政大学は詳細な調査が必要と判断、弁護士を含めた調査委員会の設置を決めた[6]

主な教え子編集

脚注編集

  1. ^ 法政大学野球部新監督に青木久典氏就任 法政大学ホームページ上の2014年12月19日付記事。
  2. ^ 法政大学野球部監督紹介法政大学野球部公式サイト掲載
  3. ^ 法大新監督に青木助監督日刊スポーツ2014年12月19日付 2014年12月19日閲覧。
  4. ^ 法大野球部監督に暴力指導発覚 バットで殴打し腹パンチも|日刊ゲンダイDIGITAL” (日本語). 日刊ゲンダイDIGITAL. 2019年1月30日閲覧。
  5. ^ 法大・青木監督が暴力行為か 大学と日本学生野球協会に告発/デイリースポーツ online” (日本語). デイリースポーツ online. 2019年1月30日閲覧。
  6. ^ 法大・青木監督に関する告発文 調査委が調査開始 - アマ野球 : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2019年2月16日閲覧。

関連項目編集