青木由直

青木 由直(あおき よしなお、1941年 9月2日 - )は、日本の情報工学者。北海道大学名誉教授工学博士 (北海道大学 1972年)。

eシルクロード研究工房・房主。秘密結社「秘境」主宰。専門は、情報メディア工学、メディア工学。

目次

略歴編集

活動編集

JR札幌駅前にIT企業が集積した「サッポロバレー」の企業群の経営者を輩出した「北海道マイクロコンピュータ研究会」を立ち上げた。当時の主な教え子に中本伸一(元ハドソン副社長)や、ビー・ユー・ジー(現・ビー・ユー・ジーDMG森精機)の創業メンバー4人などがいる[2]。現在も地域起業家の勉強会「青木塾」を主宰。

札幌を中心とした都市部の秘境を巡る紀行文や、写真俳句を添える「爪句」作家としても活動している。

北海道新聞文化賞、北海道文化賞、北海道科学技術賞を受賞。

主な著作編集

  • 中国パソコンの旅―電脳大国を目指す中国の素顔 (1987年5月1日 エム・アイ・エー
  • 魚眼で覗いた中国電脳(コンピュータ)世界 (1988年11月1日 共同文化社
  • BASIC数値計算法 (1994年6月1日 コロナ社
  • オペレータ法ディジタル信号処理―C言語とMATLABによる処理の実際 (1996年1月1日 コロナ社)
  • コンピュータグラフィックス講義 (1997年10月1日 コロナ社)
  • 旅のスケッチ―「きぼうの虹」原画集 (1997年11月1日 共同文化社)
  • 情報リテラシーとプレゼンテーション (電子情報通信レクチャーシリーズ) (2003年2月1日 コロナ社)
  • 魚眼で覗いた海外お国事情 (2004年5月1日 共同文化社)
  • 私の〓(カード)画画廊 (2004年5月10日 共同文化社)
  • 魚眼で覗いたサッポロバレー (2005年5月5日 共同文化社)
  • 画文集 旅の備忘録 海外編 (2006年6月10日 共同文化社)
  • 札幌の秘境 (2009年6月1日 北海道新聞社
  • 風景印でめぐる札幌の秘境 (2010年1月1日 北海道新聞社)
  • さっぽろ花散歩 (2010年5月1日 北海道新聞社)

都市秘境シリーズ

  • 札幌秘境100選 (2006年10月30日 マップショップ
  • 小樽・石狩秘境100選 (2007年11月3日 共同文化社)
  • 江別・北広島秘境100選 (2008年12月1日 共同文化社)

豆本シリーズ

  • 札幌秘境百選中国語版 (2007年9月20日 共同文化社)

爪句シリーズ

  • 爪句@札幌&近郊百景 (2008年1月1日 共同文化社)
  • 爪句@札幌の花と木と家 (2008年4月1日 共同文化社)
  • 爪句@都市のデザイン (2008年7月10日 共同文化社)
  • 爪句@北大の四季 (2009年2月28日 共同文化社)
  • 爪句@札幌の四季 (2009年4月29日 共同文化社)
  • 爪句@私の札幌秘境 (2009年11月20日 共同文化社)
  • 爪句@花の四季 (2010年4月10日 共同文化社)
  • 爪句@思い出の都市秘境 (2010年10月7日 共同文化社)
  • 爪句@北海道の駅道央冬編 (2010年12月11日 共同文化社)
  • 爪句@マクロ撮影花世界 (2011年3月3日 共同文化社)
  • 爪句@木のある風景-札幌編 (2011年6月10日 共同文化社)
  • 爪句@今朝の一枚 (2011年9月2日 共同文化社)
  • 爪句@札幌花散歩 (2011年10月6日 共同文化社)
  • 爪句@虫の居る風景 (2012年1月25日 共同文化社)
  • 爪句@今朝の一枚② (2012年3月17日 共同文化社)
  • 爪句@パノラマ写真の世界 札幌の冬 (2012年5月20日 共同文化社)
  • 爪句@札幌街角世界旅行 (2012年7月20日 共同文化社)
  • 爪句@今日の花 (2012年9月2日 共同文化社)
  • 爪句@札幌の野鳥 (2012年10月 共同文化社)
  • 爪句@日々の情景 (2013年2月 共同文化社)
  • 爪句@北海道の駅-道南編1 (2013年6月 共同文化社)
  • 爪句@日々のパノラマ写真 (2014年4月 共同文化社)
  • 爪句@北大物語り (2014年11月 共同文化社)
  • 爪句@今日の一枚 (2015年3月 共同文化社)
  • 爪句@北海道の駅-根室本線・釧網本線 (2015年7月 共同文化社)
  • 爪句@爪句@宮丘公園・中の川物語り(2015年11月 共同文化社)

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 博士論文書誌データベース
  2. ^ a b 青木教授に北海道文化賞 - 北大時報・2001年10月号
  3. ^ 氏名表記・氏名の読み、生年月日、博士号の種別・取得大学・取得年、「略歴」のうち、大学卒業から北大在職中の経歴は、「北大を去るにあたって」『北大時報』NO.612、北海道大学総務部総務課、2005年3月
  4. ^ 「名誉教授に38氏」『北大時報』NO.613、北海道大学総務部総務課、2005年4月

外部リンク編集