メインメニューを開く

静岡県道45号天竜浜松線

日本の静岡県の道路

静岡県道45号天竜浜松線(しずおかけんどう45ごう てんりゅうはままつせん)は、静岡県浜松市内を通る県道主要地方道)である。通称は笠井街道(かさいかいどう)。

主要地方道
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
静岡県道45号標識
静岡県道45号 天竜浜松線
主要地方道 天竜浜松線
起点 浜松市天竜区二俣町鹿島【地図
終点 浜松市東区宮竹町【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0152.svg 国道152号
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 1.svg
都道府県道61号標識
静岡県道61号浜北袋井線
Japanese Route Sign Number 6.svgJapanese Route Sign Number 5.svg
都道府県道65号標識
静岡県道65号浜松環状線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

過去に商業地区として栄えた笠井地区など、昔ながらの町を縦断する形で浜松市街地と天竜方面を結ぶ路線であり、当該地方の主要な生活道路である。しかし昔から利用されてきた街道の名残であるため全線に渡り幅員が狭めで、所々で渋滞が発生する。浜北区中瀬の区間と東区宮竹交差点の区間のみ近年拡幅されたが、沿線には民家や店舗が軒を連ねる区間が多く、拡幅は容易ではない。

東区内の本路線は渋滞が多発する。交通量は多いがほぼ全線に渡り幅員の狭い片側1車線の2車線道路で、信号付きの交差点であっても右折レーンが存在せず、遠鉄バスの路線であるがバス停用レーンが確保されていないなどの理由による。また路側帯(歩道)も非常に狭い。沿線に静岡県立浜松東高等学校があるため、時間帯により自転車通学の生徒が群れを成し通行するので、非常に危険な道路である。

路線データ編集

歴史編集

  • 1960年4月1日 認定。
  • 1993年平成5年)5月11日 - 建設省から、県道天竜浜松線が天竜浜松線として主要地方道に指定される[1]
  • 2000年代中盤〜後半 宮竹交差点付近が拡張される。なお、他の区間の拡張は依然として行われないままである。
  • 2011年 国道152号浜北バイパス(天竜方面)と接続、浜北市中瀬区間の拡張完了。なおこれにより若干路線形状が変更されている。
  • 2012年4月 新東名高速道路浜松浜北IC開通に合わせ国道152号浜北バイパス浜松方面との接続工事が完了。開通直後のためか国道バイパスとの重複部分の両端とも案内標識が立てられていないため注意が必要である。
  • 2018年3月27日 静岡県道65号浜松環状線交点から都市計画寺島内野線までの950m区間(寺島工区)が開通。

路線状況編集

別名編集

  • 笠井街道(浜松市)

重複区間編集

  • 国道152号国道362号(浜松市天竜区二俣町鹿島・鹿島橋交差点 - 浜松市天竜区二俣町鹿島・鹿島坂下交差点)
  • 国道152号(浜松市浜北区中瀬・中瀬小学校北交差点 - 浜松市浜北区中瀬・中瀬四塔交差点)

地理編集

通過する自治体編集

  • 浜松市(天竜区 - 浜北区 - 東区)

交差する道路編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連項目編集