メインメニューを開く

香川照之の昆虫すごいぜ!』(かがわてるゆきのこんちゅうすごいぜ!)は、2016年から不定期で放送されているNHK Eテレ教養番組。俳優の香川照之昆虫を紹介する内容である。

香川照之の昆虫すごいぜ!
ジャンル 科学教育番組
出演者 香川照之
寺田心
ナレーター 石澤典夫
オープニング クリスタルキング大都会
制作 NHK Eテレ
放送
音声形式 ステレオ放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送時間 #放映リスト参照
公式ウェブサイト
テンプレートを表示

概要編集

人間よ、昆虫から学べ!」を番組テーマとしており、番組の最後に香川照之が昆虫より編み出した教訓を説く。

おおよそ、以下のコーナーで構成される。なお、番組内では「昆虫だいすき!」以外のコーナー名は付いていない。

  • メインコーナー
    香川照之が番組用に自ら監修したカマキリを模した着ぐるみで「カマキリ先生」に扮し、題材となる昆虫の生態をユーモアや熱弁を交えて共演者に説明する。共演者は主に、男女の子役2人が務める。
    着ぐるみはメスをモデルにしており、他の出演者に対し、自身を“お母さん”と呼ぶように発言していた[1]。着ぐるみはマイナーチェンジが繰り返されており、3時間目には緑色から茶色になった。
    特別編には、このコーナーは無い。
  • 捕獲コーナー
    その回の題材となる昆虫を、香川が自ら捕獲しに行く。香川は緑系の服装にカマキリの頭部分だけを着けて行動する。「ドラゴンクエスト」のBGMが使われる事が多く、探索時にはフィールド曲、発見時には戦闘テーマ曲、捕獲に成功した際にはレベルアップの曲が流れる。
    特別編は、このコーナーがほぼ全編を占める。
  • 実験コーナー
    題材となった昆虫の能力を解説するために、「もし昆虫が人間のサイズだったら」という前提による実験をするロケコーナー。香川の服装は捕獲コーナーと同様。実験では香川がクレーンでつり上げられたり[1]、レーサーの運転する車に同乗し高速旋回を体験したりする。
  • 昆虫だいすき!
    香川が昆虫に対する思い入れや生態などについて熱弁を振るう。香川がホワイトボードを用いて解説する。他のコーナーとは完全に独立しており、香川以外の共演者はワイプも含めて登場しない他、話の内容もその回の題材の昆虫とは限らない。
    話の脱線が多いため放送では大幅にカットされており、最終的には一見すると昆虫とは無関係の文言がボードに書き残されている場合もある。2時間目のタガメ編では、ボード上の「ウルトラセブン」「キングジョー」といった言葉が視聴者の反響を呼び、特別編の「出動!タガメ捜査一課」にてタガメ編の未公開部分を放送する措置が取られた[2]

制作のきっかけ編集

番組が制作されるきっかけになったのは、2016年5月に放映された『櫻井・有吉 THE夜会』(TBSテレビ)である。ゲスト出演した香川が「カマキリ先生」に扮して昆虫について解説した際に、「教育テレビでの番組制作を希望する」とのコメントを述べた[1][3]

これを目にしたNHKのプロデューサーが翌日にNHKの編成に提案し、同日すぐに香川の事務所と連絡を取ったところ、香川は2時間も昆虫についての熱弁を振るい、番組制作が決まった[1][3]。NHKのプロデューサーは、前記の屋外ロケなどには教育テレビが長年培ったノウハウが生かされていると述べている[1]

香川は番組で「本当にやりたい仕事とめぐりあえました」と述べたほか、「これが僕の代表作です」と話しているともいう[1][3]

反響編集

2016年10月の放映後はYahoo!リアルタイム検索ワードで第1位になり、メールや電話での感想も200件以上寄せられるなど、大きな反響を呼び起こした[1][3]。これを受けて2017年5月に第2弾が放映され、NHKのプロデューサーはシリーズ化も実現させたいと述べている[1]

同年6月には特別編「出動!タガメ捜査一課」の制作が発表され[4]、同年8月12日に放送された。以降、ゴールデンウィークと10月に本編、元日と夏頃に特別編の年4本のペースで放送されている。

2019年8月1日には、特別編としてNHK総合に初めて進出。NHKスペシャル香川照之の昆虫"やばいぜ!"』として、コスタリカでの昆虫採集の模様と「昆虫カタストロフィ」と呼ばれる世界規模の昆虫の数の減少について放送した。

放映リスト編集

放送日時 テーマ 昆虫だいすき 備考
1時間目 2016年10月10日 9:00 - 9:30 トノサマバッタ クマゼミ 2017年12月31日 9:00 - 11:00に、4回分を一挙再放送。
2018年4月30日 - 5月3日 18:55 - 19:25に、4日連続再放送[5][6]
2時間目 2017年5月5日 9:00 - 9:30 モンシロチョウ タガメ
特別編1 2017年8月12日 9:30 -10:00 出動!タガメ捜査一課[7]
3時間目 2017年10月9日 9:00 - 9:30 オニヤンマ[8]  変態
特別編2 2018年1月1日 9:00 - 9:44 カマキリ先生☆マレーシアへ行く 十二虫(十二支 初の海外ロケ。[9]
4時間目 2018年5月3日 9:20 - 9:50 クマバチ 完全変態(カブトムシ [10] 2018年12月31日 9:00 - 9:30に再放送。
特別編3 2018年7月30日 9:00 - 9:30 実録!完全変態 前回捕獲したカブトムシの幼虫の生育を追ったもの[11]
5時間目の放送前、2018年10月7日 0:00 - 0:30 および 2018年12月31日 9:30 - 10:00に再放送。
5時間目 2018年10月8日 9:00 - 9:30 ハンミョウ 拝啓 カマキリ先生 放送時まで昆虫名は伏せられていた[12]。 2018年12月31日 10:00 - 10:30に再放送。
特別編4 2019年1月1日 18:00 - 18:44 お正月スペシャル カマキリ先生☆冬の森で初暴れ クワガタと人生 44分の拡大版[13][14] 2019年1月3日 8:20 - 8:50 再放送。
6時間目 2019年5月3日 9:00 - 9:30 アリ [15]
SP 2019年8月1日 19:57 - 20:42(総合 NHKスペシャル「香川照之の昆虫"やばいぜ!"」として放送、45分の拡大版。2019年8月4日17:00 – 17:45及び及び2019年8月29日23:50 - 0:46(NET BUZZ)に再放送。
特別編5 2019年8月12日 9:00 – 9:30 カマキリ先生☆コスタリカへ行く [16]

出演者編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h “香川照之の昆虫愛がすごすぎる!愛と情熱しかないEテレ「昆虫すごいぜ!」ができるまで”. Buzz Feed news. (2017年5月4日). https://www.buzzfeed.com/harunayamazaki/sugoize?utm_term=.exmEbwoYX#.rcDVqbgY0 2017年5月14日閲覧。 
  2. ^ “昆虫大好き・香川照之のタガメ愛が爆発 前回カットした30分もの熱弁も公開”. livedoor ニュース. (2017年8月12日). http://news.livedoor.com/article/detail/13465017/ 2018年10月7日閲覧。 
  3. ^ a b c d “NHKのチーフPから連絡 「香川照之の昆虫すごいぜ!」誕生の裏側”. ザ・テレビジョン. (2016年10月21日). http://news.livedoor.com/article/detail/12174995/ 2017年5月14日閲覧。 
  4. ^ “NHK Eテレ『香川照之の昆虫すごいぜ!』の特別編「出動!タガメ捜査一課」が放送決定”. amass. (2017年6月25日). http://amass.jp/90666/ 2017年6月26日閲覧。 
  5. ^ 「Rの法則」の代替番組に「香川照之の昆虫すごいぜ!」など スポニチアネックス、2018年4月27日
  6. ^ 山口達也司会のEテレ「Rの法則」、30日から「香川照之の昆虫すごいぜ!」に変更 スポーツ報知、2018年4月27日
  7. ^ 出演は香川照之 & タガメのみ! 熱い思いが今回も爆発 NHK PR、2017年7月27日
  8. ^ カマキリ先生、3時間目の授業は…オニヤンマだ! NHK PR、2017年9月20日(9月21日閲覧)
  9. ^ ついに海外進出! カマキリの頭を14時間かぶりっぱなし NHK PR、2017年11月22日
  10. ^ 待ちに待った春がきた! カマキリ先生待望の「クマバチ」に迫る! NHK PR、2018年4月18日
  11. ^ 7作目となる今回のテーマは“完全変態” NHK PR、2018年6月20日
  12. ^ 今回は、そんじょそこらにいらっしゃる方ではない! NHK PR、2018年9月19日
  13. ^ 「香川照之の昆虫すごいぜ!」お正月スペシャルで“クワガタ探し” NHK・Eテレで元日放送
  14. ^ ザテレビジョン 2019年1月1日
  15. ^ 6時間目、授業が盛り上がりすぎちゃって帰れない?!NHK PR、2019年4月18日
  16. ^ 命がけのロケ⁉ 秘蔵映像もぞくぞく!!NHK PR、2019年8月8日

外部リンク編集