メインメニューを開く

高山 路爛(たかやま ろらん、本名は大鐘 稔彦。1943年 - )は、日本の医師であり、作家愛知県名古屋市出身。兵庫県南あわじ市立阿那賀診療所長[1]

医療漫画メスよ輝け!!』の原作者でもあり、「メスよ輝け!!」の連載終了後も幾つかの医療漫画の原作を担当している。

目次

プロフィール編集

1968年京都大学医学部卒業。京大医学部の関連病院産婦人科外科麻酔科を専攻した後、埼玉県上尾市の民間病院の院長に就任。その傍ら、「日本の医療を考える会」を発起。東京女子医科大学・癌研究会附属病院(現在のがん研究会有明病院)・国立がんセンターピッツバーグ大学手術を見学に赴く。リアルタイムでの手術の公開や、エホバの証人の無輸血手術も手がける。 現在はメスを置き、地域医療に専心している。

ペンネームである高山路爛は、姓は戦国武将高山右近から、名はフランスの文豪ロマン・ロランからとったものである。[要出典]

作品一覧編集

医療漫画の原作編集

エッセイなど編集

  • 私の名診・誤診・迷診 旺史社 1980.10
  • 続・私の名診・誤診・迷診 旺史社 1984.1
  • 癌の告知 ある臨床医の報告 メヂカルフレンド社 1986.8
  • 虫垂炎 100年の変遷・その臨床と病理 へるす出版 1987.3
  • 我が半生の素描 青春・夢・エロス・神 高山路爛随想集 旺史社 1987.5
  • 実践の手術手技 教科書にないテクニックとコツ 金原出版 1989.2
  • 腹部疾患の診かた考えかた Key wordからの演繹法 中外医学社 1989.10
  • 外科医と「盲腸」 1992.10 (岩波新書)
  • 腹痛でわかる病気 お腹の異常でガンを知る テンタクル 1992.5 (先生教えてシリーズ
  • 鬼手仏心-ある外科医のカルテより 集英社、1995 「外科医のセレナーデ」文庫 
  • 赤ひげは死なず 外科医の名作アラカルト 講談社 1995.5
  • 誤診 なぜ起きる、どう防ぐ 講談社 1996.9 (ブルーバックス)
  • ナースのマナー 接遇プロへの道 金原出版 1996.3
  • 医者のマナー 金原出版 1998.4
  • 無輸血手術 “エホバの証人"の生と死 さいろ社 1998.11
  • 患者を生かす医者、死なす医者 講談社 1998.12
  • 六道の沙汰 平家の女と男たち 高山路爛 文芸社 1999.10 「平家の女と男たち」新風舎文庫 
  • 患者のマナー 医者との上手なつき合い方 金原出版 2001.1
  • 私が出会った外科医たち 金原出版 2002.8
  • 実践のプライマリ・ケア どこまでやれるか、やるべきか 金原出版 2006.4
  • ドクター大鐘の診察室 学士会会報2006年〜2008年連載
  • 両刃のメス ある外科医のカルテ 朝日新聞出版 2010.5 朝日文庫

大鐘 稔彦 名義編集

小説編集

  • 罪ある人々 栄光出版社 1971
  • ある船医の思い出 高山路爛 カナン書房 1979.1
  • 王国への道 古代アステカ滅亡史 旺史社 1987‐88 
  • わが愛はやまず~罪なき者、石をもて(高山)文芸社 2002
    • 乳癌を患い、死が近いことを予感した47歳の看護婦・中条志津が、かつて夫と子供がいながら、お互いに深く愛し合った外科医・周平に手術を託し、志津が死去するまでの数年間を描いた作品。
  • 孤高のメス 外科医当麻鉄彦 栄光出版社 2005.1 のち幻冬舎文庫(全6巻) 
  • 緋色のメス 幻冬舎文庫 2008.3
  • 孤高のメス 神の手にはあらず 幻冬舎文庫(全4巻) 2009.10~11
  • 孤高のメス 遥かなる峰 幻冬舎文庫 2014.6

脚注編集

  1. ^ 南あわじ市内診療所ホームページより

外部リンク編集