メインメニューを開く

高田丈資

日本の将棋棋士

高田 丈資(たかだ たけし、1937年4月12日 - 1979年6月1日)は、将棋棋士荒巻三之九段門下。棋士番号は94。茨城県行方郡潮来町(現:潮来市)の生まれ。

 高田丈資 七段
名前 高田丈資
生年月日 (1937-04-12) 1937年4月12日
没年月日 (1979-06-01) 1979年6月1日(42歳没)
プロ入り年月日 1966年4月1日(28歳)
棋士番号 94
出身地 茨城県行方郡潮来町(現・潮来市
師匠 荒巻三之九段
段位 七段
戦績
2017年8月25日現在
テンプレートを表示

棋歴編集

1966年4月、28歳11ヶ月にしてプロ入り(四段)。その少し前、奨励会三段のときに、第9回(1965年度)古豪新鋭戦で4回戦まで勝ち進んでいる(4回戦で米長邦雄に敗れる)。

プロ1年目の第21期(1966年度)C級2組順位戦は、5勝7敗で負け越す。その中で、中原誠桐山清澄に敗れている(中原は12戦全勝で初昇級、桐山は10勝2敗・3位で昇級できず)。

2年目に第22期(1967年度)C級2組順位戦で9勝3敗・2位の成績を収め、C級1組へ昇級(五段昇段)。以降、B級2組へ昇級することはなかった。

第1回(1972年度後期)早指し将棋選手権で本戦2回戦に進出(中原名人(三冠)に敗れる)。同棋戦ではその後も活躍しており、第4回(1974年度前期)では本戦3回戦進出(桐山に敗れる)。第5回(1974年度後期)では早指しを得意とする加藤一二三(元十段)を予選で破り、本戦では2回戦まで進出。第10回(1977年度前期)では本戦1回戦進出。第11回1977年度後期)では本戦2回戦進出(中原名人(四冠)に敗れる)。第12回(1978年度)では本戦で森安秀光らを破り4回戦進出(有吉道夫(元棋聖)に敗れる)。

1977年、石川陽生を弟子に取る。

現役のまま、1979年に心不全のため[1]42歳で死去した。

棋風編集

  • 振り飛車党で積極的な指し方をし、攻め・受け、ともに力強い棋風である。
  • 相手が振り飛車で来た場合、相振り飛車にすることもあったが、居飛車にすることの方が多かった。

人物編集

  • 早指し棋戦を得意とし、東京12チャンネル(当時)の早指し将棋選手権に何度も登場、豪快な棋風から「行方(なめかた)の荒武者」などと司会の島田良夫アナウンサーに紹介された[2]

昇段履歴編集

脚注編集

  1. ^ 平成10年版「将棋年鑑」
  2. ^ 「将棋世界」1972年12月号など

関連項目編集

外部リンク編集