魔夏少女』(まなつしょうじょ)は、1987年8月12日(水曜) 21:02 - 22:54 (日本標準時)にTBS系列の『水曜ドラマスペシャル』枠で放送されたTBS製作の単発テレビドラマである。

魔夏少女
ジャンル テレビドラマ
脚本 伴一彦
演出 吉田秋生
出演者 小川範子
製作
プロデューサー 和田旭
制作 TBS
放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間1987年8月12日
放送時間水曜 21:02 - 22:54
放送枠月曜ドラマスペシャル
放送分112分
回数1
テンプレートを表示

概要編集

放送当時に公開されていたアメリカのホラー映画の影響を多分に受けており[1]、体の一部から血が吹き出す等残酷かつ残虐な描写が多いため、現在地上波での再放送は不可とも言われている。(スカパーTBSチャンネルでは、2010年8月に2回放送されている。)

放送から約1年後の1988年7月30日に、本作の再編集版を収録したVHSビデオがクラリオンソフトから発売された。

ストーリー編集

ある日突然ひとりの少女が超能力を身につけ、その力で同級生を傷つけた罪の意識から、夜毎悪夢にうなされ、激しい頭痛や不眠症に悩まされるようになる。母は自分が勤める病院で精密検査を受けさせるが、何の異変も見つからない。担当医から精神科の医師を紹介され、動揺する。母の心配をよそに、少女の状態は益々悪化してゆき、ついに最悪の事態が起こってしまう。

それから1年後。横浜にある母の実家近くに居を移し、すっかり以前と同じような明るさを取り戻したように見えたが…。

キャスト編集

スタッフ編集

脚注編集

外部リンク編集