堀川 とんこう(ほりかわ とんこう、本名・堀川 敦厚(ほりかわ あつたか)。1937年5月24日 - 2020年3月28日[1])は、日本のテレビドラマ演出家プロデューサー並びに映画監督である。群馬県吾妻郡中之条町出身。妻は脚本家の高木凛

来歴編集

中之条町立中之条中学校から群馬県立高崎高等学校に進学。小中学校では第84代内閣総理大臣の小渕恵三と同級生で、小渕から「いい大学に進むなら高校から東京の高校に通っておいたほうがいい」と勧められ(小渕は中学校1年次に学習院に編入、当時は東京都立北高等学校〈現在は統廃合があり東京都立飛鳥高等学校〉に通っていた)、東京都立戸山高等学校に編入しようとしたが結局断念する。高崎高等学校から東京大学に入学し、文学部に進む。

1958年小説「砂の投影」で銀杏並木賞を受賞、『学園』に掲載される。東京大学卒業後、TBSに入社。演出家・プロデューサーとして活躍。プロデューサーとしての代表作は『岸辺のアルバム』(堀川敦厚名義、脚本山田太一1977年)。1984年芸術選奨新人賞受賞。その後映画監督に転身し、2001年に「千年の恋 ひかる源氏物語」を監督。TBSを定年退職後、先輩である大山勝美が代表を務めるテレビ制作会社『カズモ』に所属していたが、2006年独立。プロデューサー・監督時代は竹下景子小林薫蟹江敬三橋爪功市原悦子を常連として、自作に頻繁に起用。著書『ずっとドラマを作ってきた』(新潮社)では、5人との思い出をつづっている。

2020年3月28日午後11時45分、肺癌のため神奈川県湯河原町の自宅で死去[2][3]。82歳没。

人間関係編集

フジテレビプロデューサーの横澤彪は東大文学部の同級生で、大学時代からの友人である[4]。ただし、横澤は在学中に留年したため、堀川のTBS入社から2年遅れてフジテレビに入社した。

主な作品編集

テレビドラマ編集

TBS時代編集

定年退社後編集

映画編集

著書編集

  • 『今夜も、ばれ飯』平凡社、1995年11月
  • 『ずっとドラマを作ってきた』新潮社、1998年

脚注編集