メインメニューを開く

魔法の剣 キャメロット』(まほうのつるぎ キャメロット、原題:Quest for Camelot)は、1998年5月15日アメリカ合衆国で公開されたアニメーション映画作品。ワーナー・ブラザース・アニメーションの初の劇場用長編アニメ映画。日本では同年11月に公開された。

魔法の剣 キャメロット
Quest for Camelot
監督 フレデリック・デュショー
脚本 カーク・デミッコ
ウィリアム・シフリン
ジャックリーン・フェザー
デヴィッド・サイドラー
原作 ベラ・チャップマン
製作 ダリサ・クーパー・コーエン
出演者 ジェサリン・ギルシグ
ケーリー・エルウェス
ゲイリー・オールドマン
エリック・アイドル
ピアース・ブロスナン
ガブリエル・バーン
ドン・リックルズ
音楽 パトリック・ドイル
デヴィッド・フォスター
キャロル・ベイヤー・セイガー
編集 スタンフォード・C・アレン
製作会社 ワーナー・ブラザース・アニメーション
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1998年5月15日
日本の旗 1998年11月14日
上映時間 86分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40 ミリオン
興行収入 $22,510,798
テンプレートを表示

古典の伝説『アーサー王伝説』をベースにして、一人の少女・ケイリーがキャメロットの平和を取り戻す冒険を描く。

ストーリー編集

声の出演編集

日本語版制作スタッフ編集

受賞ほか編集

評価編集

この映画は批評家から否定的な評価を受けた。北米における公開週末の収入高は604万1602ドルで、公開中の収入は2271万7758ドルだった[1]。その結果、制作スタジオ側には4000万ドルの損失が出た[2]。この損失は『ディープ・インパクト』の収入高と『モンタナの風に抱かれて』の公開週末の興行収入高によって埋め合わせることができ[3] 、翌週に公開された『GODZILLA』への期待が高まった[4]

脚注編集

外部リンク編集