鴨下信一

日本のテレビプロデューサー、演出家 (1935-2021)

鴨下 信一(かもした しんいち、1935年3月17日[1] -2021年2月10日)は、日本テレビプロデューサー演出家・エッセイスト。TBSテレビ相談役[2][3]を務めた。東京府東京市下谷区(現・東京都台東区)竹町出身[3][4]

来歴・人物編集

開成学園を経て[5][3]1958年東京大学文学部美学科卒業[1][2][3]ラジオ東京へ入社[3]。『岸辺のアルバム』や『ふぞろいの林檎たち』といったテレビドラマを演出した[3]。『ふぞろいの林檎たち』に出演していた柳沢慎吾は鴨下の演出に鍛えられたと語っている。文学通・戦後の庶民史に精通した文筆家としても知られ[3]、『忘れられた名文たち』など日本語の文章に関する著作がある。

同時期のTBSからは多く名物演出家が誕生しているが、飯島敏宏実相寺昭雄久世光彦らが比較的早く独立、管理職となった大山勝美堀川とんこうらも定年退職する中、唯一役員となり(その代わり、上記の5人と異なり劇場映画を監督する機会には恵まれなかった)、1995年に常務取締役就任、2001年に上席執行役員、03年に社長室顧問を歴任した。

2010年にはTBSの競合局であるフジテレビ自己批評番組新・週刊フジテレビ批評』に出演し、現在のドラマに見受けられる「"前回のあらすじ"がない」、「出演者の"年齢ギャップ"」、「"自閉的"キャスティング」、「"貧弱する"脚本」という4つの問題点を挙げ、「原点に返って、対立がちゃんとあって、テーマがハッキリしているドラマらしいドラマを作らなければダメ。各局だけで考えず、ドラマを作っている人たち全員で考えないといけない。」と語った[6]

2021年2月10日午前0時03分、肺炎のため東京都内の病院で死去。85歳没[7]

親族編集

テレビドラマ編集

TBSテレビ時代編集

ほか

舞台演出編集

著作編集

  • 忘れられた名文たち(文藝春秋、後に文庫化、1994年)
  • 忘れられた名文たち其ノ2(文藝春秋、後に文庫化、1998年)
  • 面白すぎる日記たち(文藝春秋(文春新書)、1999年)
  • 日本語の呼吸(筑摩書房、2004年)
  • 誰も「戦後」を覚えていない(文藝春秋(文春新書)2005年)
  • 誰も「戦後」を覚えていない 昭和20年代後半編(文藝春秋(文春新書)、2006年)

ほか

テレビ出演編集

脚注編集

  1. ^ a b 『映像メディア作家人名辞典』1991年、p178
  2. ^ a b 葛飾ゆかりの人 2013年3月 葛飾区立図書館
  3. ^ a b c d e f g 『昭和十年のカーテンコール』p.302著者紹介
  4. ^ 『植木等ショー! クレージーTV大全』p.81
  5. ^ 『植木等ショー! クレージーTV大全』p.84
  6. ^ 新・週刊フジテレビ批評「今のテレビドラマが抱える問題点」(2010年10月30日(土)放送) フジテレビ
  7. ^ “「ふぞろいの林檎たち」「岸辺のアルバム」演出の鴨下信一さん死去 85歳”. スポニチアネックス. (2021年2月10日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/02/10/kiji/20210210s00041000317000c.html/ 2021年2月10日閲覧。