メインメニューを開く

女たちの忠臣蔵〜いのち燃ゆる時〜(おんなたちのちゅうしんぐら〜いのちもゆるとき〜)は1979年12月9日TBS系の『東芝日曜劇場』1200回記念として放送されたテレビドラマ。

女たちの忠臣蔵
~いのち燃ゆる時~
ジャンル 時代劇
脚本 橋田壽賀子
演出 鴨下信一
出演者 キャスト参照
時代設定 元禄15年(西暦1703年
プロデューサー 石井ふく子
制作 TBS
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 1979年12月9日
放送時間 日曜日21:05 - 23:55
放送枠 日曜劇場
放送分 170分

目次

あらすじ編集

元禄15年(西暦1703年)12月、大石内蔵助ら赤穂四十七士は、2年前の復讐を果たすべく吉良上野介邸への討ち入りを計画していた。内蔵助の妻・りく達は、彼らが戦いを起こすことを知りながらそれぞれの日々を過ごす。やがて訪れた12月14日、浪士たちは吉良邸へと向かい最後の勝負に挑む・・・[1]

概要編集

  • 忠臣蔵を元にした作品ではあるが、赤穂浪士の家族・恋人ら、女性たちの視点から忠臣蔵を描き、浅野内匠頭吉良上野介は登場していない。
  • 瑤泉院を、残される家臣の家族を思いやり、仇討に反対する側として。毛利小平太が赤穂浪士を抜けたのは、一緒に暮らしていた女が毛利の子を宿し、女から「この子を父無し子にしないで」と懇願されたからとするなど、従来の忠臣蔵とは異なった設定を取り入れている。
  • 視聴率は42.6%(ビデオリサーチ関東地区調べ)で日曜劇場史上最高視聴率を記録し、連続ドラマ枠化された現在でもこの記録は破られていない(連続ドラマ枠化以降の最高視聴率は2013年9月22日の『半沢直樹』最終回で記録した42.2%)。
  • 1980年に舞台化。石井ふく子演出で、帝国劇場御園座飛天明治座名鉄ホールで上演されており、キャストを替えながら現在まで公演されている。

キャスト編集

スタッフ編集

関連商品編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集