メインメニューを開く

鶴姫 (徳川綱吉長女)

徳川綱吉の長女

鶴姫(つるひめ、延宝5年3月7日1677年4月8日) - 宝永元年4月12日1704年5月15日))は、江戸幕府将軍徳川綱吉の長女。生母は小谷正元の娘お伝の方(瑞春院)。紀州藩主・徳川綱教正室

1681年に紀州藩嫡子の綱教と縁組し、1685年に婚姻した。1683年に綱吉の世子であった弟の徳松が死去した後、御三家の一人で将軍の姫を娶った綱教が現将軍の婿という立場にあり、甲府宰相・綱豊(将軍綱吉の兄の子)と共に、次期将軍の有力候補になった。しかし、鶴姫は疱瘡のため27歳で死去し、さらにその翌年に綱教も死去した。

法名は明信院殿澄誉恵鑑光燿大姉。墓所は東京都港区増上寺

鶴字法度編集

綱吉は鶴姫を溺愛していた。溺愛のあまり、貞享5年2月1日(1688年3月2日)[1]に「鶴字法度」を出し、庶民が鶴字・鶴紋を使用することを禁じた。

これを受け、井原西鶴雅号を改めて「井原西鵬」(さいほう)と名乗った。京菓子の老舗「鶴屋」は屋号を替えて、徳川家ゆかりの駿河国から取った「駿河屋」とした。また歌舞伎中村座丸に舞鶴定紋にしていたが、これを角切銀杏に改めている。

鶴姫が登場する作品編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 日付は資料により異なる