元禄繚乱

1999年放送のNHK大河ドラマ

元禄繚乱』(げんろくりょうらん)は、1999年1月10日から12月12日に放送されたNHK大河ドラマ

元禄繚乱
ジャンル ドラマ
放送時間 日曜20:00-20:45(45分)
放送期間 1999年1月10日-12月12日(全49回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本放送協会
製作総指揮 菅野高至
演出 大原誠 ほか
原作 舟橋聖一
脚本 中島丈博
出演者 中村勘九郎
大竹しのぶ
東山紀之
宮沢りえ
石坂浩二
吉田栄作
井川比佐志
阿部寛
柄本明
宅麻伸
安達祐実
鈴木保奈美
菅原文太
滝田栄
中村梅之助
村上弘明
松平健
京マチ子
萩原健一
ナレーター 国井雅比古
オープニング 池辺晋一郎
テンプレートを表示

目次

概要編集

江戸時代を扱った作品は1995年の『八代将軍吉宗』以来で、忠臣蔵を題材としたのは1982年の『峠の群像』以来、大河ドラマ初期の1964年の『赤穂浪士』以来4作目となる。原作は1950年代末から1960年代初頭にかけて連載された舟橋聖一の『新・忠臣蔵』で、舟橋作品の大河ドラマ化は第1作の『花の生涯』(1963年)以来となる。主演の五代目中村勘九郎(のちの18代目中村勘三郎)は『武田信玄』(1988年)以来の出演で、4度目の大河ドラマ出演にして主役抜擢となった。

仇討ちにより、箍が緩んだ元禄時代の世相と五代将軍・徳川綱吉の治世への抗議を目論む大石内蔵助吉良上野介の親類である米沢藩上杉家赤穂浪士とを相争わせ、己の権勢のために両藩の取り潰しを狙う柳沢吉保、その柳沢の謀略の阻止を狙う米沢藩家老・色部又四郎、この3人の謀略戦を主軸にして忠臣蔵を描いている。

本作は、放送中盤までアバンタイトルを採用していない。その後、本放送のときのみ「元禄繚乱1分前」というミニコーナーが設けられ、その後正式にアバンタイトルを導入した。

オープニングは元禄時代と忠臣蔵を組み合わせた活発さ・賑やかさをイメージしたテーマ曲と、元禄文化の一つでもある歌舞伎浄瑠璃をイメージしたCGのタイトルバックが使われた。冒頭でを開くと現れるクジャクと、次のカットで遡る小川の梅並木は、忠臣蔵を扱った1975年度の『元禄太平記』でもタイトルバックに使われた尾形光琳筆の「孔雀立葵図屏風」・「紅白梅図屏風」をモチーフとしている。ただし、本作は花と芸能舞踊をテーマにした映像なので、双方の共通点はこの2点に留まる。池辺晋一郎作曲のメインテーマ曲は尺の都合で構成上重要な再現部(主題)がカットされてしまっている。

大河ドラマを数多く演出した大原誠チーフディレクターの、実質最後の大河作品である。過去の大河作品で主役・準主役を演じたスター達が数多く助演しているほか、歌舞伎俳優や歌舞伎出身の俳優が数多く起用された。また、その後の大河ドラマで主役を演じる事となる滝沢秀明宮崎あおいも加えると、大河主演経験者の出演が最多の作品となっている。

鈴木保奈美はこの作品を最後に芸能活動を一旦休止した[1]。そのため、物語後半から鈴木演じる染子の描写は少なくなった。

平均視聴率は20.2%、最高視聴率は28.5%[2]

あらすじ編集

播磨国赤穂藩家老・大石内蔵助は「昼行灯」と呼ばれるほどの遊び好きで呑気な男。しかし人懐っこい性格で数々の調停に手腕を発揮し、藩士・領民の人気は高く、藩主・浅野内匠頭の信任も厚かった。

そんな平穏な赤穂藩に激震が走る。刃傷・松の廊下事件―この一件が呑気な家老の人生を激変させた。狂気の将軍・綱吉とその側用人・柳沢吉保の裁定により内匠頭は即日切腹、一方事件の被害者・吉良上野介はお咎めなし。

喧嘩両成敗の定法を無視した幕府の裁定に藩内は吉良への仇討ちの機運が高まるが、内蔵助ははやる藩士達を制し、内匠頭の弟・大学長広を新たな藩主に据え、お家再興を幕府に働きかける。しかし柳沢の謀略により赤穂藩は断絶。藩士は全員禄を失い、浪人となる。

内蔵助は吉良への仇討ちにより幕府への抗議を目論み、本意を隠しながらその機を伺う。一方柳沢は赤穂浪士の仇討ちにより、吉良の実子が養子入りした米沢上杉家とを相争わせ、広島藩浅野本家と米沢藩上杉家あわせて57万石の取り潰しを画策。米沢藩家老・色部又四郎はその柳沢の謀略を察知し、赤穂浪士による仇討ち防止に奔走する。

大石、柳沢、色部…。3人の男達の激しい謀略戦が始まった。

登場人物編集

大石家編集

  • 大石内蔵助五代目中村勘九郎
    家老の見習いだった延宝6年 (1678)、20歳のときに初めて江戸に出た。吉原に行った際、そこで拾った財布が縁で色部又四郎と知り合う。
    昼行灯と呼ばれ呑気な一面も持つが、真面目な性格の持ち主。主君に対する思いも人一倍であった。
    討ち入り計画の段階で、血判状を書き浪士たちの意思を確認しようとし、血気に走る者に対しては「とにかく待て」と冷静に対処するように促している。
    お軽からは好意をもたれており、入浴時に体に湯をかけさせたこともある。
  • りく大竹しのぶ
    内蔵助を支える妻であり、主税の母。
  • 大石松之丞→大石主税熊木翔二代目中村七之助
    内蔵助の嫡男。父たちの動きに感動し、自らも浪士に加わる。
  • おまさ:南果歩
    内蔵助の赤穂時代の妾。
  • お軽安達祐実
    島原の稚児として客である内蔵助に出会い、その人柄にふれて好意を抱く様になる。
    赤穂藩取りつぶし後、内蔵助に女中として身請けされる。身請けされた当初は子供らしさが抜けず、歯に衣着せぬ言動で内蔵助・進藤源四郎以外の浪士とことごとく対立。特に原惣右衛門や大高源五は女狐と罵り、遠ざけるよう何度となく内蔵助に諫言していた。また、その出自が影響してか女性としての羞恥心も殆どなく、洗髪中に原惣右衛門と大高源五が訪ねてきたときには服を着ずに出迎え両人を戸惑わせた。
    しかし、時を経るごとに女性として成長し、内蔵助を精神面で支える存在になっていった。内蔵助と別れる直前に内蔵助の子供を身ごもるが、内蔵助の足かせにならぬよう「遊郭に戻れば生きていける」と明るく振る舞っていた。最後は内蔵助の配慮で進藤源四郎に預けられ、最終回にて内蔵助との間の男子を出産。出産後は源四郎とりくによって男子と共に表社会から消された。以降は不明だが、終盤で登場した「五代目中村勘三郎」がその男子であると匂わせている。
  • 大石頼母助愛川欽也
  • 石束源五兵衛四代目中村梅之助
    丹波豊岡藩家老。りくの父。
  • 大石くう小野寺華那徐桑安坂田麻衣子
  • 大石るり板倉美穂
  • 大石吉千代鍋倉萌杜北尾亘柿本祐貴
  • おきみ:飯島里奈
  • 八助佐藤輝

赤穂四十七士編集

浅野家とその家臣の縁者編集

その他の赤穂藩士編集

吉良家・上杉家編集

徳川家編集

柳沢家編集

  • 柳沢保明→柳沢吉保村上弘明
    綱吉の不手際をもみ消すために赤穂藩の取り潰しを図る。
  • 染子鈴木保奈美
    吉保の妻。館林藩に奉公に出る際、岡島忠嗣と愛を誓い合っていた。しかし、その後、綱吉の手がついてしまう。が、綱吉生母・桂昌院により大奥入りを阻まれ、柳沢保明(吉保)の側室として、下げ渡される。岡島忠嗣と密会を重ねた末、吉里を産む。
  • 定子篠原涼子
    吉保の正室。子はいないが、夫婦仲は良い。
  • 町子海野けい子
    吉保の側室。京の公家・正親町家の娘。
  • 柳沢兵部→柳沢吉里安達心平浅利陽介高橋一生
    染子の子。実の父は岡島忠嗣だが、吉保の子として育てられる。
  • 猿橋無差之介(吉保の間者):柳沢慎吾
  • 浦里(染子の叔母):広田レオナ
    出世を目論んで、姪・染子を綱吉に引き合わせた。が、桂昌院によって染子の大奥入りが阻まれ、染子と柳沢家へ移ることになり悔しがる。

幕府編集

大名編集

諸藩武士編集

江戸の人々編集

その他編集

スタッフ編集

放送編集

特記が無い限りNHKクロニクルのNHK番組表ヒストリーで確認。

通常放送時間編集

放送日程編集

  • 第1回と最終回は15分延長。
  • 第14回は20時から統一地方選挙開票速報を放送するため45分繰り上げ。
放送回 放送日 サブタイトル 演出
第1回 1月10日 家老見習い 大原誠
第2回 1月17日 五代将軍綱吉
第3回 1月24日 お取り潰し 片岡敬司
第4回 1月31日 赤穂お国入り
第5回 2月7日 お世継ぎ祈願 遠藤理史
第6回 2月14日 殿中刃傷
第7回 2月21日 華燭の典 大原誠
第8回 2月28日 内蔵助の縁談
第9回 3月7日 野望 片岡敬司
第10回 3月14日 三人阿久利
第11回 3月21日 養子縁組 遠藤理史
第12回 3月28日 城請け取り
第13回 4月4日 誘拐 大原誠
第14回 4月11日 大名火消し
第15回 4月18日 赤子騒動 片岡敬司
第16回 4月25日 蝮と毒虫 遠藤理史
第17回 5月2日 将軍暗殺
第18回 5月9日 勅旨饗応役 大原誠
第19回 5月16日 刃傷松の廊下 片岡敬司
第20回 5月23日 内匠頭切腹
第21回 5月30日 大評定 大原誠
第22回 6月6日 神文血判
第23回 6月13日 赤穂開城
第24回 6月20日 鎮魂歌 遠藤理史
第25回 6月27日 山科閑居 片岡敬司
第26回 7月4日 江戸急進派
第27回 7月11日 内蔵助江戸へ 海辺潔
第28回 7月18日 再開
第29回 7月25日 脱落者 遠藤理史
第30回 8月1日 辞世の句 片岡敬司
第31回 8月8日 浮さま 遠藤理史
第32回 8月15日 お軽 本木一博
第33回 8月22日 一位さま
第34回 8月29日 内蔵助外し 片岡敬司
第35回 9月5日 跡目相続 遠藤理史
第36回 9月12日 決断 大原誠
第37回 9月19日 幕府への反逆 本木一博
第38回 9月26日 神文返し 海辺潔
第39回 10月3日 訣別の朝 片岡敬司
第40回 10月10日 内蔵助東下り 大原誠
第41回 10月17日 吉良邸絵図 遠藤理史
第42回 10月24日 帰らぬ人々 片岡敬司
第43回 10月31日 吉良の茶会 大原誠
第44回 11月7日 いざ討入り 遠藤理史
第45回 11月14日 討入り危うし 片岡敬司
第46回 11月21日 討入りの日 大原誠
第47回 11月28日 四十七士討入り 遠藤理史
第48回 12月5日 四家お預け 片岡敬司
最終回 12月12日 忠義の士 大原誠

総集編編集

  1. 時は元禄   12月27日 21:10-22:09
  2. 刃傷松の廊下 12月28日 21:10-22:09
  3. 討入りへの道 12月29日 21:10-22:09
  4. 内蔵助切腹  12月30日 21:10-22:09

備考編集

  • 収録の打ち上げの席で、脚本の中島丈博が中村勘九郎の演技を「目が死んでいる」と非難、勘九郎とつかみ合いになる、という騒動が起こっている。徳川綱吉役で出演していた萩原健一は著書『ショーケン』(2008年、講談社)で、収録現場で勘九郎が脚本の台詞を自己流に言い換えていたので、中島の怒りを買ったのではないか、と推測している。
  • 勘九郎と親交のあった 明石家さんまが上述の通り笹屋の主人・清右衛門役でゲスト出演しているが、演出上の都合のため編集でワンシーンだけにカットし、ほとんどのシーンがお蔵入りにされてしまったことを、2013年2月2日未明に放送された特別番組『60番勝負』で明かしている[7]
  • 2012年12月5日に勘九郎(放送6年後の2005年に十八代目中村勘三郎を襲名)が他界したため、同年12月9日NHKアーカイブスで第47話、12月29日BSプレミアムで総集編全4話が再放送された。
  • 総集編のVHSはかなり早い段階で発売されていたが、完全版DVDの発売は長らく実現していなかった。2014年秋に完全版の発売が決定し、忠臣蔵を扱った大河作品では初めて完全版の発売が行われる作品となった。NHKアーカイブスでは視聴できない。

関連商品編集

脚注編集

  1. ^ 2011年の大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で復帰。
  2. ^ a b ビデオリサーチ NHK大河ドラマ 過去の視聴率データ
  3. ^ 当初の予定は御木本伸介
  4. ^ 平田満が演じる予定だったが、事故のため変更。
  5. ^ 一部放送日時の変更あり
  6. ^ 一部放送日時の変更あり
  7. ^ 明石家さんまが28年ぶりにNHKに生出演 - ORICON STYLE2013年2月2日の記事のアーカイブ

外部リンク編集