メインメニューを開く

鹿児島県総合体育センター体育館(かごしまけんそうごうたいいくせんたーたいいくかん)は、鹿児島県鹿児島市下荒田四丁目に所在する体育館である。太陽国体時に建設使用された県営体育施設群の総称である鹿児島県総合体育センターの名を冠する施設の一つであるが、この呼び名は長く、またこの名を冠する施設が複数地域にわたって多数あるため、「県体育館」又は「県立体育館」と呼ばれている。

鹿児島県総合体育センター体育館
Kagoshima prefectural Gym.JPG
施設情報
愛称 県体育館
正式名称 鹿児島県総合体育センター体育館
用途 屋内スポーツ,講演会
収容人数 本館:4,400人(1階:2,160人(可動席を全面に並べた場合)
2・3階1,759人(固定席)車いす席5人)
建築主 鹿児島県
管理運営 セイカスポーツグループ
敷地面積 9,931.72m²
建築面積 6,378.99m²
階数 本館:3階建
補助体育館:平屋,研修室:2階
所在地 鹿児島県鹿児島市下荒田4丁目47番1号
位置 北緯31度34分0秒 東経130度33分17秒 / 北緯31.56667度 東経130.55472度 / 31.56667; 130.55472座標: 北緯31度34分0秒 東経130度33分17秒 / 北緯31.56667度 東経130.55472度 / 31.56667; 130.55472

体育施設としての利用頻度が高いため現在では一般講演会用の施設としての利用は原則として受け付けていないが、伝統的に鹿児島大学の入学式及び卒業式はこの体育館で行われている。セイカスポーツグループ(鹿児島県体育協会とセイカスポーツセンターによる共同事業体)が指定管理者となって管理されている。

かつてはプロバスケットボールチームレノヴァ鹿児島(現・鹿児島レブナイズ)のホームアリーナとして使用されていた。

市中心部に近く利用頻度はきわめて高いものの老朽化及び全国基準で見た設備整備で劣った状況にあり、設備基準面で全国大会は開けない状況となっており[要出典][1]、同じく鹿児島県営の県武道館(鹿児島県総合体育センター武道館)と共に移転整備が議論検討され、伊藤祐一郎(鹿児島県知事)が鹿児島市内の商業施設『ドルフィンポート』に隣接する県有地に鹿児島県立総合体育館を新設する構想を打ち出したが、市民の反対の声により、2013年8月に県立総合体育館新設構想は白紙撤回されている[2]

目次

施設概要編集

本館編集

  • バレーボール2面orバスケットボール2面orバドミントン8面orハンドボール1面or卓球24台orレスリング2面orインドアテニス2面、選手控室、講演会用演壇、2・3階観客席等

補助体育館編集

  • バドミントン1面or卓球5台、体操ピット

研修室編集

  • 会議室2教室、宿泊室2室(24畳及び15畳の仕切り無しの畳部屋)

駐車場編集

  • 本館:普通車66台、軽乗用車21台、身障者用2台
  • 補助体育館:普通車8台、軽乗用車5台

交通編集

歴史編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 総合体育館等の整備 鹿児島県による総合体育館整備に関する公開議事録
  2. ^ 鹿児島県総合体育館計画が白紙に、市民らの反対強く 読売新聞鹿児島県版 2013年8月24日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集