メインメニューを開く
関西電力黒部専用鉄道
「欅平上部駅」の時刻表と黒部ルート路線図

黒部ルート(くろべルート)は、黒部峡谷鉄道本線欅平駅から関西電力黒部川第四発電所を経て黒部ダムに至る、関西電力の物資輸送ルートの総称。

構成編集

標高 交通手段 名称 距離 自治体
宇奈月駅 224 m トロッコ列車 黒部峡谷鉄道本線 (黒部峡谷鉄道) 20.1 km 黒部市
欅平駅 600 m
工事用トロッコ電車 下部軌道 (関西電力) 0.5 km
欅平下部駅 600 m
エレベーター 竪坑エレベーター (関西電力) 0.2 km
欅平上部駅 800 m
トロッコ列車 上部専用鉄道 (関西電力) 6.5 km
仙人谷駅  
黒部川第四発電所前駅 869 m
インクライン下部駅 インクライン インクライン (関西電力) 0.815 km
インクライン上部駅 1,325 m
作廊谷駅 バス 黒部トンネル内専用バス (関西電力) 10.3 km
黒部ダム駅 1,470 m 立山町
立山黒部アルペンルートに接続 (信濃大町方面:関電トンネルトロリーバス/立山方面:徒歩経由で黒部ケーブルカー黒部湖駅

参加方法編集

2018年時点、原則として関西電力関係者以外は通行できないが、関西電力が主催し富山県が協賛する「黒部ルート見学会」に応募し当選すれば通行することが可能である(平日限定。無料で参加が可能[1])。

公募による見学会として1996年[2]から実施し平日限定で無料だったが、富山県と関西電力が協議し、2018年10月17日に「黒部ルートの一般開放・旅行商品化に関する協定」を締結した[2][3][4]。この協定により、2019年から2023年までは有料となり土曜・休日も受け入れる予定(価格は未定)。また、関西電力が2023年度末までに安全対策工事を終え、同年度で公募を終了するとともに、富山県と提携する旅行会社が2024年度から6月から10月までの期間内に原則として8000人、条件が整った年には最大1万人を受入れる計画となっている[2][4]

なお、黒部ルートのうち上部軌道の仙人谷から黒部トンネルを経て黒部ダムまでの区間は、大町ルート(旧大町有料道路及び関電トンネル(大町トンネル))とともに黒四関連施設の建設工事のために開通したもの。大町ルートは立山黒部アルペンルートの一部として一般開放されている。

黒部峡谷パノラマ展望ツアー編集

北陸新幹線開業後の新たな観光資源として、2015年から「黒部峡谷パノラマ展望ツアー!」を富山県、黒部市、関西電力、黒部峡谷鉄道、黒部・宇奈月観光局が共同で実施している[5]。前述の黒部ルート見学会とは異なり、黒部峡谷鉄道本線と黒部ルートの欅平上部駅を往復するツアーとなっている[5]。ツアーの詳細は、黒部峡谷パノラマ展望ツアー公式サイトを参照。

なお、黒部峡谷パノラマ展望ツアーは黒部ルート見学会とは以下の点でも異なっている。

  • 参加費が有料で旅行商品として販売されていること(2019年度は6,000円、販売は三重交通観光販売システムズに委託)
  • 5月から11月までの金曜・土曜・日曜・月曜に開催(お盆などの特定期間を除く)。1日あたり4回実施
  • 黒部川第四発電所などの見学や欅平駅から黒部ダムへの通り抜け(その逆も同じ)ができないこと
  • ツアー参加地が宇奈月駅発着のみであること

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “あすから関電黒部ルート公募見学会 11月まで38回”. 北陸新幹線で行こう!北陸・信越観光ナビ(北日本新聞). (2019年5月22日). https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000019674 2019年6月7日閲覧。 
  2. ^ a b c “黒部ルートの一般開放へ 24年度に、富山県と関西電力が協定”. 日本経済新聞. (2018年10月17日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36598960X11C18A0LB0000/ 2019年6月7日閲覧。 
  3. ^ “黒部ルートに関する協定の締結について” (プレスリリース), 関西電力・富山県, (2018年10月17日), https://www.kepco.co.jp/corporate/pr/2018/1017_1j.html 2019年6月7日閲覧。 
  4. ^ a b “「黒部ルート」2024年に一般開放へ 関電の物資輸送路が観光ルートに”. 乗りものニュース. (2018年10月17日). https://trafficnews.jp/post/81749 2019年6月7日閲覧。 
  5. ^ a b “トロッコで行く黒部峡谷、電源開発の歴史を体感”. 日本経済新聞. (2015年6月15日). https://style.nikkei.com/article/DGXMZO87913600Q5A610C1000000/ 2019年7月20日閲覧。 

外部リンク編集