メインメニューを開く
本来の表記は「﨑田隆夫」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

﨑田 隆夫(さきた たかお、1920年大正9年)4月22日 - 2002年平成14年)8月19日[1])は、日本の内科医、医学者、医学博士。東京帝国大学(現・東京大学)医学部卒、広島県出身。

筑波大学名誉教授、日本消化器内視鏡学会(JGES)名誉理事長、世界消化器内視鏡学会(OMED:現・WEO)第二代President、日本消化器関連学会合同会議(現・日本消化器関連学会機構(Organization of JDDW))初代理事長、公立昭和病院名誉院長。


胃カメラ[注 1]実用化と普及を行い[2][3]、胃カメラ研究会、日本胃カメラ学会(現・日本消化器内視鏡学会)[4]、国際内視鏡学会(現・世界消化器内視鏡学会)[5]、日本消化器関連学会合同会議(現・日本消化器関連学会機構)の設立と発展に尽力した。内視鏡による早期胃癌集計[6] [7]等を行うと共に、消化性潰瘍(胃・十二指腸潰瘍)の分類を作り[8]内視鏡による早期胃癌消化性潰瘍の診断学を確立した。日本消化器内視鏡学会の賞として﨑田賞がある[9]

目次

経歴編集

  • 1920年(大正9年) 広島県広島市に生まれた
  • 1945年(昭和20年) 東京帝国大学医学部卒業
  • 1950年(昭和25年) 文部教官・東京大学医学部助手
  • 1962年(昭和37年) 国立がんセンター病院(現・国立がん研究センター)外来部消化器科医長
  • 1963年(昭和38年) 同病院外来部長
  • 1964年(昭和39年) 東京大学医学部講師を併任
  • 1973年(昭和48年) 筑波大学臨床医学系学系長兼教授
  • 1981年(昭和56年) 日本消化器内視鏡学会第二代理事長
  • 1984年(昭和59年) 筑波大学を定年退官、公立昭和病院院長[1]
  • 1987年(昭和62年) 筑波大学名誉教授
  • 1989年(平成元年) 公立昭和病院名誉院長、兼松東京本社診療センター長
  • 1990年(平成2年) 世界消化器内視鏡学会第二代President(理事長)
  • 1992年(平成4年) 日本消化器関連合同会議初代理事長
  • 1994年(平成6年) 日本消化器内視鏡学会名誉理事長
  • 2002年(平成14年) 死去、築地本願寺にて葬儀

受賞歴編集

  • 1964年(昭和39年) 田宮記念賞(がん研究振興財団)
  • 1983年(昭和58年) 内視鏡医学発展に対する内視鏡医学研究振興財団賞
  • 1994年(平成6年) 勲三等瑞宝章

著書編集

  • 『胃カメラ研修の実際』中外医学社、1970年
  • 『胃カメラ研修の実際 消化管内視鏡入門』中外医学者 1970年
  • 『消化管内視鏡研修の実際』中外医学社 1970年
  • 『胃癌 (内科MOOK No.8)』金原出版、1979年
  • 『パラメディカルのための消化器内視鏡ハンドブック』医学図書出版、1983年
  • 『消化性潰瘍』(LS practiceシリーズ4)ライフ・サイエンス、1986年
  • 『消化管内視鏡の進歩』協和企画通信、第30巻他、1987年他
  • 『気になる胃 食べ過ぎから胃がんまで』女子栄養大学出版部、1973年
  • 『気になる胃 あなたをがんノイローゼから解放する専門医の話』東洋図書出版、1979年

出典編集

  1. ^ a b 20世紀日本人名事典
  2. ^ 丹羽寛文『消化管内視鏡の歴史』改訂増補第2版、日本メディカルセンター、2010年、203-233頁
  3. ^ 深海正治監修 胃カメラ歴史研究会編著『胃カメラの技術物語』めいけい出版、1999年、67-97頁
  4. ^ 崎田隆夫「消化器内視鏡学会創設期の回顧」Gastroenterol Endosc、793-803、27(5)、1985
  5. ^ 﨑田隆夫「エッセイ(5)世界消化器内視鏡学会の黎明」消化器の臨床、334-335、3(3)、2000
  6. ^ 崎田隆夫「第32回日本消化器内視鏡学会総会抄録 早期胃癌肉眼分類をめぐって」Gastroenterol Endosc、976-982、29(5)、1987
  7. ^ 崎田隆夫「第24回日本消化器内視鏡学会総会抄録 早期胃癌全国集計報告」Gastroenterol Endosc、317-343、25(2)、1983
  8. ^ 崎田隆夫、三輪剛「悪性腫瘍の内視鏡診断―早期診断のために」日本消化器病学会雑誌、984-989、67(11)、1970
  9. ^ 丹羽寛文、中村孝司編著『日本消化器内視鏡学会50年のあゆみ』東洋図書出版、2009年、17-23頁

注釈編集

  1. ^ 内視鏡の一種、胃内に小型カメラを挿入して撮影した画像により診断を行う医療検査機器。

外部リンク編集