1年1組甲斐せんせい

1年1組甲斐せんせい 』(いちねんいちくみかいせんせい)とは、一丸小学館ビッグコミックオリジナル1999年から2002年まで連載されていた、小学校を舞台とした漫画である。単行本全7巻。

あらすじ編集

甲斐修平は小学校教師。母校の潮小学校勤務になり、息子の太一と二人で東京下町故郷へ帰ってきた。1年生の担任になるが、立地が都会なのと少子化で15人しか生徒がいない。今まで5・6年生の担任しかしたことのなかった甲斐が子供たちと奮闘する。

登場人物編集

主要人物編集

甲斐修平
小学校教師で主人公。訳ありコブつきな独身。子供の頃から元気のあるガキだった。通称『うんこ先生』。生徒思いで、生徒だけではなく父兄からも人気がある。妙なニックネームをつけるのが得意。30歳。
甲斐太一
甲斐の一人息子幼稚園生。元気で可愛く、あまり甲斐には似ていない。

1年1組の生徒たち編集

阿部理沙
お笑いが好きで中田と漫才のようなことを行い、彼のことがタイプでカッコいいと思っている。また、堀内のことも強くてカッコいいのでお気に入り。
天野静
頭が良くしっかりした優等生。話を作るのが得意。ニックネームは『天野っち』。
井出真理子
可憐な美少女だが、とぼけていて面白いことをするのが好き。家はお金持ちで周りの子供と金銭感覚がずれている。ニックネームは『井出っち』。
大山孝
活発で、中芝とよくつるんでいるが友達思い。剣道を習っている。
木戸ひろえ
走るのが苦手で運動会を嫌っている。あまり目立たないがしっかりしている。
清水由美
テレビゲームが好きで、絵を描くのが上手い。
高山圭子
クラス一おとなしく泣き虫。ピアノが弾けて音楽が得意。
中芝明
ガキ大将でクラスの中心人物。実家は八百屋
中田明宏
2年生の春に大阪から引っ越してきた転校生東京は怖いところと聞かされ、初めは周りと馴染もうとはしなかった。根性がある。
林真吾
のんびりした性格。大食いで太っている。母親思い。
平井博也
口達者で成績がいいが、良くも悪くも頭がいい。
藤田まりあ
目立たないが、頑張りやさん。少しいじいじしたところがある。ニックネームはミニチャーシューの略で『ミーチャ』。
堀内智恵
口数は少ないが正義感が強い。喧嘩も強い。空手を習っている。ニックネームは『堀ちゃん』。
牧田雄二
無邪気でよく泣く。キャラクターに似合わず家庭環境は複雑。
三村貴大
物知りでが大好き。勉強も出来る。
渡辺耕一
口下手でのつけない性格。得意科目は体育図工。甲斐曰く「いとおしい奴」。

教師編集

柏木恵
2年生の担任。真面目なお嬢様風の美人教師。甲斐に好意を持っているが、恋愛は引き気味な様子。26歳。
荒川
5年生の担任。体格が良く顔も強面。性格は豪快で体育会系だが怖がり。以前は1年生の担任をしていたが、あることが切っ掛けで外されてしまった。甲斐がつけたあだ名は『あご怪人
教頭
上品な女性教頭。少し堅物でもある。は持田。甲斐の行き過ぎた行動に困ることもあるが、隠れて楽しんでいる一面もあったりする。
校長
少々頼りないところがあり、話が長く根に持つタイプ。
竹田
6年生の担任。高齢で冴えないので、ショボい竹田の略で『ショボ竹』と生徒達から言われている。卓球が得意で泳ぎが苦手。
辻本可奈
太一の通う幼稚園の担任。ちゃっかりしたところがありノリも良い。甲斐のことが好きで積極的にアピールする。22歳。

父兄編集

天野の父
彫りが深く下睫毛の長いダンディな顔立ちをしている。天野とは眼鏡をかけているしか共通点がない。自動車は外車しか乗らないという高級嗜好。
井出の父
髪が薄くて貧相。謙虚な性格で仕事上人に頭を下げるのが得意。見かけも中身も井出と似ているところはないが、娘を溺愛している。学生時代は陸上選手で走るのが早い。
井出の母
いつも着物を着用する品格がある美人。華やかで、昔はスカウトされた経験があり。夫を尻に敷いている部分がある。
木戸の母
甲斐の小学校時代の同級生。旧姓は富山。林の母・藤田の父ほどは甲斐とは付き合いがなかったらしい。
中芝の父
息子をそっくり大きくしたくらいの激似。若くて、嫁からはとっつぁん坊やと言われている。
中田一家
大阪から引っ越してきたが、母親は『おはよう朝日です』が流れていないだの、テレビの放送局のチャンネルの並びが違うだの、店先でまけてもらえないだの不自由さを感じているが、父親と小学校高学年の兄は東京の暮らしにすっかり馴染んでいる。
林の母
甲斐の小学校時代の同級生。旧姓は真田で、甲斐から『マタンゴ』というあだ名をつけられた。子供の時は太っていた。喜怒哀楽が激しい。
林の父
顔立ちとのんびりしたところが林とそっくり。嫁が甲斐のことをカッコいいと持ち上げているので焼きもちを妬いている。
平井の父
顔も性格も平井似なので、初対面で何も言わなくても甲斐は平井の父を当てた。親子揃ってトラブルメーカー。
藤田の父
甲斐の小学校時代の同級生。実家がラーメン屋なので甲斐から『ボケチャーシュー』とあだ名をつけられいじめられていた。
藤田の母
地味で目立たないタイプ。普段は夫と一緒にラーメン屋の仕事を手伝っている。仕事と育児で身なりを構っている暇もなく不満が溜まっている。
堀内の父
体格が良く腕っぷしが強く凄味がある。娘同様曲がったことが嫌いで口数が少ない。酒豪。外見のモデルは、作者の別作品であるおかみさん 新米内儀相撲部屋奮闘記に登場する力士・逆波と見られる。
牧田の母
シングルマザーで息子を育てている綺麗な母親。
三村の父
息子と同じく虫が好きでパソコンを扱うのが得意。「むふっ」と笑うのが口癖。
三村の母
頭の良い息子が自慢。三村には歳の離れた姉がいるせいか、他の同級生の母親よりもいくつも歳上である。
渡辺の父
息子と見かけが似ていないわけではないが、自動車のセールスマンをやっているせいか息子と比べ喋りがうまい。

その他の人物編集

甲斐の母
肝っ玉の強いオカン。得意料理は『ブージャガ』(肉じゃが)。甲斐に、母親のいない太一を気遣うよう願っている。
甲斐の父
口数が少なく存在感が薄いオトン。初期はセリフがあったが物語が進むごとに出番がなくなった。
高山の祖母
喫茶店を営んでいる高山圭子の祖母。甲斐の母親と仲が良い。派手でお喋りなのでとは全然似ていない。『すじすじ仮面』というあだ名を甲斐がつけた。子供時代の甲斐の悪行を数知れず知っている。
沙織
甲斐の亡くなった。かつて甲斐とは一緒の小学校の同僚であり、『ウザ子』というあだ名をつけられていた。仕事熱心で夫婦仲はあまり上手くいっていなかったらしい。
山田さん
1年生の春に校庭で中芝が見つけたヒキガエル。教室で飼われているが、3年生を境に出てきていない。
加藤
荒川のクラスの生徒の父兄。大学助教授でテレビで教育論を語っていたりするちょっとした有名人。嫌味な人物で甲斐に苦情を言いに来たものの、逆に小学生時代はヘタレだったことをバラされる。甲斐より2学年先輩。
稲村正人
井出が好きになった6年生。文武両道学級委員の人気者だが中学受験に失敗し、卑屈になっていた。6年生を送る会のプレゼントで井出から渾身の作品が贈られた。
赤井
潮小学校に教育実習に来ている大学生。彼女持ちで大雑把でありチャラチャラしているが、子供にウケは良い。
石田
潮小学校に教育実習に来ている大学生。真面目に実習に取り組むが不器用。父親が教育委員会の委員であるが折り合いが悪い。
源ちゃん
夏祭りで屋台を出すテキ屋チンピラ風だが優しい面もある。甲斐も子供の頃お世話になっていたようだ。
カツアゲのリーダー
小学生に夏祭りでカツアゲをするように命じた中学生。潮小学校出身ではないらしく氏名不詳。美少年であるが生意気で根性が悪い。
山岸
牧田の母の交際相手。人の良い人物。後に牧田の母と再婚する。フィギュアを作るのが趣味。