15はドキドキ ピンクコング

15はドキドキ ピンクコング』(いちごはドキドキ ピンクコング) は、1987年度から1989年度の下半期に文化放送で放送されていた若者向けのラジオ番組。略称「ピンコン」。

15はドキドキ ピンクコング
愛称 ピンコン
ジャンル バラエティ番組
放送方式 生放送
放送期間 1987年 - 1990年(ナイターオフシーズンのみ)
放送時間 月-金曜 20:00 - 21:30(JST)(90分)
放送局 文化放送KBCラジオ
パーソナリティ 竹内靖夫
太田英明
鈴木びん
テンプレートを表示

KBCラジオにも同時ネットされた(金曜日のみ別番組放送のため20:30頃に飛び乗り。ジャンクション等はなく番組の途中からフェードインしていた)。

概要編集

15(イチゴ)世代と言われた、当時15歳前後の団塊ジュニア世代を主なリスナーターゲットにした番組[1]。タイトルの「15」はこれに由来し[1]、「ピンクコング」は、「キングコング」と「ピンク」を組み合わせた造語。

プロ野球のナイターオフ限定で、1987年10月より月曜から金曜の20:00 - 21:30の時間帯で放送された。パーソナリティバンブー竹内こと竹内靖夫アナ。ターゲットは『お遊びジョーズ!!』が10代後半 - 20代の若年層なのに対し、この番組では、15歳前後、つまり中高生にターゲットをしぼり、最近の流行などをテーマにして番組を構成していた。人気アイドルのコーナーも多く、旬の女性アイドルのゲスト出演などもあった。

プロ野球シーズン開幕に伴って1988年4月7日で一旦放送を終了するが、ファンの強い要望により1988年10月10日太田英明アナがメインパーソナリティの『15はドキドキ ピンクコング'88』として再登場する。人気バンドレベッカのリーダーだった土橋安騎夫などがコーナーパーソナリティとして出演し、1989年3月に終了するまで続いた。そして1989年度は鈴木びんアナがメインパーソナリティの『15はドキドキ ピンクコング3』として再々登場し、同年度が「ピンコン」ラストイヤーとなった。

主なコーナー編集

1987年当時
1988年当時
1989年当時
  • 本日の一押し
  • まっちゃん拓美のちょっと聞いてよ
  • ピーと鳴ったらリクエスト・キャンピーズ微笑がえし
  • それゆけ新ピンバンド
  • ナヴィとノオチンの今夜もグラッチェ

他多数

補足編集

書籍編集

  • 団塊ジュニア--15世代白書 消費心ドキドキ、リアルな生活シーンから、とらえたマーケティングドキュメント。(辻中俊樹・編、文化放送・著、ネットワーク・著 誠文堂新光社 1988年8月刊 ISBN 978-4-416-78841-7

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 月刊ラジオパラダイス 1988年10月号 p.72

関連項目編集

文化放送 1987年 - 1989年 月 - 金曜20:00 - (ナイターオフのみ)
前番組 番組名 次番組
15はドキドキ ピンクコング