メインメニューを開く

東京っ子NIGHTお遊びジョーズ!!(とうきょうっこナイトおあそびジョーズ)は、1987年4月6日から1989年10月6日文化放送で放送されていたラジオ番組である。

東京っ子NIGHTお遊びジョーズ!!
ジャンル バラエティ
放送方式 生放送
放送期間 1987年4月6日1989年10月6日
放送時間 放送時間を参照
放送局 文化放送
パーソナリティ 関秀章
太田英明
ちびっこギャング
桑野信義
特記事項:
1988年4月より月~木曜は「ちびっこギャングのお遊びジョーズ!!
金曜は「RATS FAMILY 桑野信義のお遊びジョーズ!!」のタイトルを使用。
テンプレートを表示

目次

概要編集

『東京っ子NIGHT - 』時代は、東京都港区海岸3丁目のオンワード樫山芝浦第2ビル7階にあった『TOKYO BAY STUDIO』から放送されていた。当時、メインパーソナリティの関秀章は毎週月曜日には『ファンキートマト』(テレビ神奈川、19:00〜21:00)の生放送の仕事もあり、横浜から港区海岸のスタジオまで30分で移動しなければならなかったため、毎週時間内に入れるかどうかが話題となっていた。そのような中で、1987年5月5日の放送では間に合わず、あらかじめスタジオに待機していたもう一人のパーソナリティ・太田英明が途中まで進行し、関が入って来たところからその日は最後まで二人で進行した、ということがあった[1]

『東京っ子NIGHT - 』時代のオープニングテーマ曲は、スウィング・アウト・シスターの曲『ブレイクアウト』をアレンジして製作したオリジナルヴァージョンの曲[2]

1988年4月のリニューアル後はタイトルから「東京っ子NIGHT」が取れて「お遊びジョーズ!!」のみとなり、同時にTOKYO BAY STUDIOを離れて東京・四谷の本社スタジオ(当時)からの生放送に変更となった。

パーソナリティ編集

1987年4月~1988年3月編集

1988年4月~1989年9月編集

放送時間編集

  • 1987年4月 - 1988年3月 月曜日 - 金曜日 21:30~24:00
  • 1988年4月 - 1989年3月 月曜日 - 金曜日 21:40~24:00
  • 1989年3月 - 1989年9月 月曜日 - 金曜日 22:00~24:00 (「WAI WAI PARTY」の単独番組化により)

番組構成編集

1987年当時のタイムテーブル編集

  • 21:30 オープニング
  • 21:35 東京奇々怪界:番組のメインコーナー。東京のさまざまな超常現象をネタに、トークを展開していく。その日のテレビ音楽番組ヒットチャートから出題するクイズなどもあった。なお、コーナースポンサーのタイトーのゲーム『奇々怪界』(当時、ファミコン版が発売された)に由来するタイトル。
  • 21:45 異文化見聞録 コロンブスのゆで卵:語り・久米明。日本のあらゆる異文化コミュニケーションを独自解析していく。前番組「新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな」の1コーナーだったが、唯一継続された。1988年4月からは、21:30 - 21:40の独立した番組となる(1989年3月まで)。
  • 21:55 文化放送 スポットニュース、スポーツニュース
  • 22:00 私鉄沿線お遊びジョーズ:東京の話題や珍情報、各路線の沿線のヒロイン、気になる駅員などを紹介していたコーナー。不定期で、東京ならではのCMソングなどを特集したりもしていた。「私鉄沿線バカ息子」の企画があり、当時16歳の高橋栄君(仮名)が出演していた。
  • 22:10 今週の歌:1週間通しで、歌を紹介するコーナー。
  • 22:15 味の素TEENS枠:アイドル番組枠。味の素の炭酸飲料「TEENS」とのタイアップ。現在、同商品は販売していない。
  • 22:25 ROOM1025:ゲストを招いてのトークコーナー。このコーナーのみ、1週遅れで、ラジオ大阪にもネットしていた。
  • 22:34 TOKYO ELEGANT WAVE:パーソナリティは歌手で、モデルジャッキー・リンが担当していた。
  • 22:49 TOKYO BAYエイリアン:リスナー参加型のクイズコーナー 
    • タルリュウの冒険(1987.4-7)…「ジュラシック・パーク」調のRPG型クイズ。敗退時のBGMも、シュールだった。
    • BACK TO THE SHOCK(1987.8-11)…歴史上の人物、歴史的事件を紐解くクイズ。
    • ジョーズが出てきてこんばんわ!!(1987.12-1988.3)
  • 23:00 トーク部分
  • 23:02 SCHOOL'S OUT(出演:大友康平千倉真理 NRN全国33局ネット
  • 23:30 東京っ子NIGHTちょっと頭が太りすぎ!? リスナー投稿型のハガキネタコーナー
  • 23:40 中森明菜の太田君頑張って!中森明菜が、全国の太田さんにエールを送るコーナー。後から金曜に登場したゴキブリの「ゴキちゃん」(声:京田尚子)は、強烈毒舌キャラだった。
  • 23:50 GIVE ME CHOCOLATE!?:番組ラストの5分英会話コーナー(1988年4月からは「英語探偵団」に改題)
  • 23:55 エンディング
    • その他の主なコーナーに「木曜チェック」、「ミュージックズバコン」など。

1988年以降の主なコーナー編集

  • WAI WAI PARTY (約30分でひと枠のコーナー。ゲストと共に電話でリスナーと遊んだり、毎日違う内容で行われていた。1989年4月からは単独番組枠に)
  • クイズマシンガン (リスナー参加型クイズ)
  • POP OF THE WORLD (ちょっと落ち着いたトークと音楽のコーナー)
  • GAG ROOM 1134 (ハガキネタのコーナー)
  • なんもかんもNIGHT 笑ってギャグトピア (1989年4月からのハガキネタコーナー)
  • ワイルドKNIGHTS男闘呼組 (『15はドキドキ ピンクコング』から移動)
  • ペンタックス 西村知美の今夜もパジャマ気分
  • 田村英里子のマシュマロワンダーランド
  • From C Side (1989年4月から。出演:徳永英明太田英明 NRN全国33局ネット)

野球放送との兼ね合い編集

文化放送では1985年(昭和60年)から、平日夜に他局と同様のスタイルの野球中継文化放送ライオンズナイター』を投入した。しかし、当時はプロ野球パシフィック・リーグの試合時間が試合開始後3時間を超えて新たなイニングに入らないというルールだったため、18時開始の西武ライオンズ球場西武主催ゲームを中継することを前提に、ライオンズナイターは21時30分までで延長なしと設定された。このため、1987年(昭和62年)シーズンは前番組の『ふッかいあな』と同様、当番組はナイターシーズン中でも定時スタートできた。

1988年(昭和63年)シーズンは、パ・リーグの試合時間制限が前年よりも1時間長い延長12回かつ試合開始後4時間を超えて新たなイニングに入らないとされたが、文化放送は引き続き21時30分での放送打ち切りを継続した。しかし、優勝決定試合となった10月19日ロッテオリオンズ近鉄バファローズのダブルヘッダーはリスナーの抗議が殺到したため第1試合途中で緊急特番放送が決まり、第2試合終了まで放送して当番組がその分短縮されるという、当時の文化放送では極めて異例の対応がなされた。

1989年(平成元年)シーズンは、前年10月31日に開局したNACK5が筆頭株主になったライオンズの親会社西武鉄道の意向を受けて、国内FM局初の本格的なスポーツ中継に取り組むことになった。ライオンズナイターは21時30分での打ち切りを維持したものの、それ以降試合が続く場合はNACK5で試合終了までリレー放送する形とした。

文化放送での平日ナイター中継延長が実現するのは、当番組の後継となった『ラジオバカナリヤ』まで待つことになる。試合終了までの完全中継はさらに遅く、1992年(平成4年)の『サスケの夜はこんびんば!』まで実現しなかった。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ 出典:『月刊ラジオパラダイス』1987年8月号 24ページ「中波四十七局全国行脚記録帳 文化放送の巻」より。
  2. ^ 月刊ラジオパラダイス 1987年8月号 p.115「テーマ曲Q&A」
文化放送 月~金曜夜ワイド
前番組 番組名 次番組
吉田照美の夜はこれから てるてるワイド
吉田照美のてるてるワイド
新てるてるワイド 吉田照美のふッかいあな
東京っ子NIGHTお遊びジョーズ!!(1987.4~1988.3)
ちびっこギャングのお遊びジョーズ!!
RATS FAMILY 桑野信義のお遊びジョーズ!!
(1988.4~1989.10)