メインメニューを開く

1952年イギリスグランプリ (V RAC British Grand Prix) は、1952年7月19日にシルバーストン・サーキットで開催されたフォーミュラ2のレース。このレースは1952年のF1世界選手権の第5戦でもあったが、通常適用されるフォーミュラ1のレギュレーションではなく、1952年と1953年はフォーミュラ2のレギュレーションが適用された。

イギリスの旗 1952年イギリスグランプリ
レース詳細
1952年F1世界選手権全8戦の第5戦
シルバーストン・サーキット 1952年-1973年
シルバーストン・サーキット 1952年-1973年
日程 1952年シーズン第5戦
決勝開催日 7月19日
正式名称 V RAC British Grand Prix
開催地 シルバーストン・サーキット
イギリス ノーサンプトンシャー州
コース 恒久的レース施設
コース長 4.7105 km (2.927 mi)
レース距離 85周 400.307 km (248.739 mi)
決勝日天候 曇り、ドライ
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 1:50.0
ファステストラップ
ドライバー イタリアの旗 アルベルト・アスカリ フェラーリ
タイム 1:52.0
決勝順位
優勝
  • イタリアの旗 アルベルト・アスカリ
フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 クーパー-ブリストル

新しいピット設備がウッドコートとコプスの間に建設された。元のピットはアビーとウッドコートの間に位置していた。

レース概要編集

ジャン・ベーラは一週間前のノンタイトル戦、グランプリ・デ・サーブル=ドロンヌで肩甲骨を骨折、イギリスGPに参加することができなかった。その結果、前戦シムカ・ゴルディーニ・T15をドライブしたモーリス・トランティニアンがベーラのゴルディーニ・T16をシルバーストンでドライブすることとなった。その他ゴルディーニチームはレギュラードライバーのロベール・マンヅォンプリンス・ビラも投入した。ベルギー人ドライバーのジョニー・クレエは前戦同様「エキュリー・ベルゲ」の名称でプライベート・エントリー、シムカ・ゴルディーニをドライブした。フェラーリも前戦と同じ、表彰台を独占した3名 - アルベルト・アスカリニーノ・ファリーナピエロ・タルッフィ - を投入した。また、多くのプライベーターもフェラーリをドライブ、エキュリー・エスパドンからフィッシャーヒルト、その他ピーター・ホワイトヘッドロイ・サルヴァドーリが参加した。HWMはレギュラー2名に地元ドライバーを加えるという方針を継続、ピーター・コリンズランス・マックリンに加えてダンカン・ハミルトンを起用した。コンノートリー・フランシスエンジンを搭載した車両で4名を起用、マッカルパインダウニングトンプソンプーアが参加した。その他にも多くのプライベーターが様々な車両で参加し、その中にはクーパーマセラティが含まれた。

3台のワークスフェラーリはファリーナによって率いられ、予選トップ3を独占、これに加えてマンヅォンがフロントローに並んだ。2列目はダウニングに続いてクーパー-ブリストルのペア、レグ・パーネルマイク・ホーソーンが並んだ。3列目はコンノートのプーア、トンプソン、ゴルディーニのビラ、HWMのハミルトンが並んだ。

レースはアスカリが初めからリード、全85ラップを首位のまま走行し、3連勝を挙げた。ポールシッターのニーノ・ファリーナは初めの26ラップを2位で走行したが、スパークプラグ交換のためピットインすると順位が落ち、結局6位でフィニッシュ、ポイントを得ることはできなかった。タルッフィはスタートに失敗、第1ラップの終わりまでに9位に沈んだものの、追い上げて2位に浮上、アスカリの一週遅れでフィニッシュした。デニス・プーアはファリーナのピットストップ後3位で走行、燃料補給のためピットインしなければならなかった。そのためホーソーンが3位を引き継ぎ、彼はレースの残り、順位を維持した。彼はタルッフィの一週遅れでフィニッシュし、世界選手権における初の表彰台を獲得した。プーアは4位、チームメイトのエリック・トンプソンが5位に入ってポイントを獲得した[1]

アスカリは優勝とファステストラップで選手権ポイントのリードを再び広げることになった。チームメイトのタルッフィに対して8ポイントの差を付けた。ファリーナはポイントを得ることができず、7ポイント差でタルッフィの後に付けた。

エントリーリスト編集

No ドライバー チーム コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
1   グラハム・ホワイトヘッド ピーター・ホワイトヘッド アルタ Alta F2 アルタ F2 2.0 L4 D
2   ビル・アストン W.S.アストン アストン-バターワース アストン・NB41 バターワース F4 2.0 F4 D
3   ケネス・マッカルパイン コンノート・エンジニアリング コンノート-リー・フランシス コンノート・A リー・フランシス 2.0 L4 D
4   ケン・ダウニング コンノート-リー・フランシス コンノート・A リー・フランシス 2.0 L4 D
5   エリック・トンプソン コンノート-リー・フランシス コンノート・A リー・フランシス 2.0 L4 D
6   デニス・プーア コンノート-リー・フランシス コンノート・A リー・フランシス 2.0 L4 D
7   デヴィッド・マレー エキュリー・エコッセ クーパー-ブリストル クーパー・T20 ブリストル BS1 2.0 L6 D
8   レグ・パーネル AHM ブライド クーパー-ブリストル クーパー・T20 ブリストル BS1 2.0 L6 D
9   マイク・ホーソーン レスリー・D・ホーソーン クーパー-ブリストル クーパー・T20 ブリストル BS1 2.0 L6 D
10   エリック・ブランドン エキュリー・リッチモンド クーパー-ブリストル クーパー・T20 ブリストル BS1 2.0 L6 D
11   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル クーパー・T20 ブリストル BS1 2.0 L6 D
12   スターリング・モス イングリッシュ・レーシング・オートモビルズ Ltd. ERA-ブリストル ERA G ブリストル BS1 2.0 L6 D
14   ロイ・サルヴァドーリ1 G. Caprara フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 D
15   アルベルト・アスカリ スクーデリア・フェラーリ フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
16   ニーノ・ファリーナ フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
17   ピエロ・タルッフィ フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
18   ルイ・ロジェ2 エキュリー・ロジェ フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 D
19   ルディ・フィッシャー エキュリー・エスパドン フェラーリ フェラーリ・500 フェラーリ Type 500 2.0 L4 P
20   ペーター・ヒルト フェラーリ フェラーリ・212 フェラーリ 125 F1 1.5 V12 P
21   ピーター・ホワイトヘッド ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ フェラーリ・125 フェラーリ 125 F1 1.5 V12 D
22   ケン・ウォートン2 スクーデリア・フラネラ フレイザー・ナッシュ-ブリストル フレイザー・ナッシュ FN48 ブリストル BS1 2.0 L6 D
23   トニー・クルック トニー・クルック フレイザー・ナッシュ-ブリストル フレイザー・ナッシュ 421 ブリストル BS1 2.0 L6 D
24   ロベール・マンヅォン エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0 L6 E
25   モーリス・トランティニアン ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0 L6 E
26   プリンス・ビラ ゴルディーニ ゴルディーニ T16 ゴルディーニ 20 2.0 L6 E
27   ジョニー・クレエ エキュリー・ベルゲ シムカ・ゴルディーニ シムカ・ゴルディーニ T15 ゴルディーニ 1500 1.5 L4 E
28   トニー・ゲイズ トニー・ゲイズ HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
29   ピーター・コリンズ HWモータース HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
30   ダンカン・ハミルトン HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
31   ランス・マックリン HWM-アルタ HWM 52 アルタ F2 2.0 L4 D
32   トゥーロ・デ・グラッフェンリート エンリコ・プラーテ マセラティ-プラーテ マセラティ・4CLT-50 プラーテ 2.0 L4 P
33   ハリー・シェル マセラティ-プラーテ マセラティ・4CLT-50 プラーテ 2.0 L4 P
34   ジノ・ビアンコ エスクーデリア・バンディランテス マセラティ マセラティ・A6GCM マセラティ A6G 2.0 L6 P
35   アイテル・カントーニ マセラティ マセラティ・A6GCM マセラティ A6G 2.0 L6 P
Sources: [2][3]
^1 - ロイ・サルヴァドーリはフェラーリ14番車で予選と決勝の大半を走行した。ボビー・バイアードも同車のドライバーとしてエントリーしたが、レースでドライブすることは無かった[4]
^2 - ルイ・ロジェとケン・ウォートンはプラクティス前に撤退した[5]

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー チーム タイム
1 16   ニーノ・ファリーナ フェラーリ 1:50.0 -
2 15   アルベルト・アスカリ フェラーリ 1:50.0 + 0.0
3 17   ピエロ・タルッフィ フェラーリ 1:53.0 + 3.0
4 24   ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 1:55.0 + 5.0
5 4   ケン・ダウニング コンノート-リー・フランシス 1:56.0 + 6.0
6 8   レグ・パーネル クーパー-ブリストル 1:56.0 + 6.0
7 9   マイク・ホーソーン クーパー-ブリストル 1:56.0 + 6.0
8 6   デニス・プーア コンノート-リー・フランシス 1:56.0 + 6.0
9 5   エリック・トンプソン コンノート-リー・フランシス 1:57.0 + 7.0
10 26   プリンス・ビラ ゴルディーニ 1:57.0 + 7.0
11 30   ダンカン・ハミルトン HWM-アルタ 1:57.0 + 7.0
12 1   グラハム・ホワイトヘッド アルタ 1:58.0 + 8.0
13 11   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 1:58.0 + 8.0
14 29   ピーター・コリンズ HWM-アルタ 1:58.0 + 8.0
15 19   ルディ・フィッシャー フェラーリ 1:58.0 + 8.0
16 12   スターリング・モス ERA-ブリストル 1:59.0 + 9.0
17 3   ケネス・マッカルパイン コンノート-リー・フランシス 2:00.0 + 10.0
18 10   エリック・ブランドン クーパー-ブリストル 2:00.0 + 10.0
19 14   ロイ・サルヴァドーリ フェラーリ 2:00.0 + 10.0
20 21   ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 2:00.0 + 10.0
21 25   モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 2:00.0 + 10.0
22 7   デヴィッド・マレー クーパー-ブリストル 2:02.0 + 12.0
23 27   ジョニー・クレエ シムカ・ゴルディーニ-ゴルディーニ 2:02.0 + 12.0
24 20   ペーター・ヒルト フェラーリ 2:03.0 + 13.0
25 23   トニー・クルック フレイザー・ナッシュ-ブリストル 2:03.0 + 13.0
26 28   トニー・ゲイズ HWM-アルタ 2:05.0 + 15.0
27 35   アイテル・カントーニ マセラティ 2:06.0 + 16.0
28 34   ジノ・ビアンコ マセラティ 2:07.0 + 17.0
29 31   ランス・マックリン HWM-アルタ 2:08.0 + 18.0
30 2   ビル・アストン アストン-バターワース 3:28.0 + 1:38.0
31 32   トゥーロ・デ・グラッフェンリート マセラティ-プラーテ No time -
32 33   ハリー・シェル マセラティ-プラーテ No time -

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 15   アルベルト・アスカリ フェラーリ 85 2:46:11 2 9
2 17   ピエロ・タルッフィ フェラーリ 84 +1 lap 3 6
3 9   マイク・ホーソーン クーパー-ブリストル 83 +2 laps 7 4
4 6   デニス・プーア コンノート-リー・フランシス 83 +2 laps 8 3
5 5   エリック・トンプソン コンノート-リー・フランシス 82 +3 laps 9 2
6 16   ニーノ・ファリーナ フェラーリ 82 +3 laps 1
7 8   レグ・パーネル クーパー-ブリストル 82 +3 laps 6
8 14   ロイ・サルヴァドーリ フェラーリ 82 +3 laps 19
9 4   ケン・ダウニング コンノート-リー・フランシス 82 +3 laps 5
10 21   ピーター・ホワイトヘッド フェラーリ 81 +4 laps 20
11 26   プリンス・ビラ ゴルディーニ 81 +4 laps 10
12 1   グラハム・ホワイトヘッド アルタ 80 +5 laps 12
13 19   ルディ・フィッシャー フェラーリ 80 +5 laps 15
14 27   ジョニー・クレエ シムカ-ゴルディーニ-ゴルディーニ 79 +6 laps 23
15 31   ランス・マックリン HWM-アルタ 79 +6 laps 29
16 3   ケネス・マッカルパイン コンノート-リー・フランシス 79 +6 laps 17
17 33   ハリー・シェル マセラティ 78 +7 laps 32
18 34   ジノ・ビアンコ マセラティ 77 +8 laps 28
19 32   トゥーロ・デ・グラッフェンリート マセラティ 76 +9 laps 31
20 10   エリック・ブランドン クーパー-ブリストル 76 +9 laps 18
21 23   トニー・クルック フレイザー・ナッシュ-ブリストル 75 +10 laps 25
22 11   アラン・ブラウン クーパー-ブリストル 69 +16 laps 13
リタイア 29   ピーター・コリンズ HWM-アルタ 73 イグニッション 14
リタイア 30   ダンカン・ハミルトン HWM-アルタ 44 エンジン 11
リタイア 12   スターリング・モス ERA-ブリストル 36 エンジン 16
リタイア 25   モーリス・トランティニアン ゴルディーニ 21 ギアボックス 21
リタイア 28   トニー・ゲイズ HWM-アルタ 19 エンジン 26
リタイア 7   デヴィッド・マレー クーパー-ブリストル 14 エンジン 22
リタイア 24   ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 9 クラッチ 4
リタイア 20   ペーター・ヒルト フェラーリ 3 ブレーキ 24
リタイア 35   アイテル・カントーニ マセラティ 0 ブレーキ 27
DNS 2   ビル・アストン アストン・バターワース 0 Non Starter


編集

  • デヴィッド・マレーの最後のレースであった。

第5戦終了時点でのランキング編集

順位 ドライバー ポイント
  1   アルベルト・アスカリ 27
  2   ピエロ・タルッフィ 19
  3   ニーノ・ファリーナ 12
  4   トロイ・ラットマン 8
  5   ロベール・マンヅォン 7
  • :トップ5のみ表示。ベスト4戦のみがカウントされる。

参照編集

  1. ^ British GP, 1952 Race Report”. Grand Prix.com. 2013年2月2日閲覧。
  2. ^ 1952 British Grand Prix - Race Entries”. manipef1.com. 2012年5月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年1月2日閲覧。
  3. ^ 1952 British GP - Entry List”. chicanef1.com. 2014年1月2日閲覧。
  4. ^ Britain 1952 - Race entrants”. statsf1.com. 2014年1月11日閲覧。
  5. ^ Britain 1952 - Result”. statsf1.com. 2014年1月11日閲覧。
前戦
1952年フランスグランプリ
FIA F1世界選手権
1952年シーズン
次戦
1952年ドイツグランプリ
前回開催
1951年イギリスグランプリ
  イギリスグランプリ次回開催
1953年イギリスグランプリ