メインメニューを開く

コンノート・エンジニアリング (Connaught Engineering) は、イギリススポーツカーフォーミュラ1コンストラクター。しばしば単にコンノート (Connaught) として呼ばれる。コンノートのマシンは18のグランプリに参加、タイプA、B、Cといったフォーミュラ1およびフォーミュラ2マシンは合計52のレースに出走した。F1では一度の表彰台と合計17ポイントを獲得した。「コンノート (Connaught)」の名称は「コンチネンタル・オート (Continental Autos)」からの造語で、サリー州センドを拠点として、ブガッティを始めとするヨーロピアンスポーツカーの販売、修理に特化し、同地でレーシングカーの製造を行った。

コンノート・エンジニアリング
活動拠点 サリー州センド
創設者 ロドニー・クラーク
マイク・オリバー
スタッフ ケネス・マッカルパイン
ドライバー イギリスの旗 スチュアート・ルイス=エヴァンズ
イギリスの旗 スターリング・モス
出走回数 18
コンストラクターズ
タイトル
0
ドライバーズタイトル 0
優勝回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1952年イギリスグランプリ
最終戦 1959年アメリカグランプリ
テンプレートを表示

歴史編集

1950年に製作された最初のシングルシーター、フォーミュラ2マシンの「A」タイプは、彼らの「L」タイプスポーツカーで使用されていたリー・フランシス製エンジンをコンノート自身で開発した物が搭載された。そのエンジンは広範囲に再設計が行われ、実質的にはコンノート製エンジンと言えた。マシンは当時のコンベンショナルな構造で、プリセレクタギアボックスを介してリアアクスルに駆動力が伝えられた。これらのマシンはF2規定で行われた1952年および1953年の世界選手権に参加し、ドライブしたドライバーは下記の通りである。

コンノートは1954年F1世界選手権に向けて2.5リッターエンジンを搭載した新車のタイプ「B」を設計し、それはコヴェントリー・クライマックス製V8エンジン(the "Godiva")が採用されたが、エンジンの開発が進まなかったため、アルタ製2.5リッターエンジンを搭載するよう変更された。最初の車は全てを包み込む空力ボディワークで製作されたが、後にボディはコンベンショナルな物に変更された(下の写真参照)。1955年トニー・ブルックスシラクサで行われたノンタイトル戦にタイプBをドライブして優勝し、イギリス車をドライブするイギリス人ドライバーの優勝としては1923年以来のこととなった。その後タイプBは「シラキュース」コンノートとして知られるようになり、2004年に復活した車にその名が使われた。

1962年ジャック・フェアーマンはコンノートのマシンでインディ500の予選に出場したが、スピードが足りずに予選落ちした。

スポーツカー編集

コンノートはシングルシーターのレーシングカーを製作する前に、リー・フランシス製のスポーツカーシャシーを元にロードゴーイングスポーツカーを少量製作し、それらは競技においてある程度の成功を収めた。これらはタイプL2、L3、L3/SRの3種類であった。L2、L3はフォーミュラ2マシンのタイプAを元とし、ALSRも競技を目的として製作された。

2004年に、コンノート・モーター・カンパニーがコンノートの名を復活させ、タイプDシラキュースとタイプD-Hハイブリッドスーパーカーを製作した。


F1での成績編集

凡例)(太字ポールポジション斜体ファステストラップ

シャシー エンジン ドライバー チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1952年 SUI 500 BEL FRA GBR GER NED ITA -* -*
コンノート・タイプA リー・フランシス 直列4気筒 ケン・ダウニング ケン・ダウニング Ret
コンノート・エンジニアリング 9
エリック・トンプソン 5
ケネス・マッカルパイン 16 Ret
スターリング・モス Ret
デニス・プーア 4
コンノート・レーシング・シンジケート 12
1953年 ARG 500 NED BEL FRA GBR GER SUI ITA -* -*
コンノート・タイプA リー・フランシス 直列4気筒 ケネス・マッカルパイン コンノート・エンジニアリング Ret Ret 13 NC
スターリング・モス 9
ロイ・サルヴァドーリ Ret Ret Ret Ret Ret
プリンス・ビラ Ret 7 Ret
ジャック・フェアーマン NC
ジョニー・クレエ エキュリー・ベルゲ Ret 12 Ret Ret
アンドレ・ピレット NC
イアン・スチュワート エキュリー・エコッセ Ret
トニー・ロルト ロブ・ウォーカー・レーシングチーム Ret
1954年 ARG 500 BEL FRA GBR GER SUI ITA ESP -* -*
コンノート・タイプA リー・フランシス 直列4気筒 レスリー・マー 13
ビル・ホワイトハウス Ret
ドン・ビューマン サー・ジェレミー・ボールズ 11
レスリー・ソーン エキュリー・エコッセ 14
ジョン・リズレー=プリチャード ロブ・ウォーカー・レーシングチーム Ret
1955年 ARG MON 500 BEL NED GBR ITA -* -*
コンノート・タイプB アルタ 直列4気筒 ケネス・マッカルパイン コンノート・エンジニアリング Ret
ジャック・フェアーマン DNS
トニー・ロルト Ret±
ピーター・ウォーカー Ret±
レスリー・マー Ret
1956年 ARG MON 500 BEL FRA GBR GER ITA -* -*
コンノート・タイプB アルタ 直列4気筒 アーチー・スコット=ブラウン コンノート・エンジニアリング Ret
デズモンド・ティタリントン Ret
ジャック・フェアーマン 4 5
ロン・フロックハート 3
レス・レストン Ret
ピエロ・スコッティ Ret
1957年 ARG MON 500 FRA GBR GER PSC ITA -* -*
コンノート・タイプB アルタ 直列4気筒 スチュアート・ルイス=エヴァンズ コンノート・エンジニアリング 4
アイヴァー・ビューブ Ret
1958年 ARG MON NED 500 BEL FRA GBR GER POR ITA MOR NC 0
コンノート・タイプB アルタ 直列4気筒 アイヴァー・ビューブ バーニー・エクレストン Ret
ブルース・ケスラー DNQ
ポール・エメリー DNQ DNQ
ジャック・フェアーマン Ret
バーニー・エクレストン DNQ
1959年 MON 500 NED FRA GBR GER POR ITA USA NC 0
コンノート・タイプC アルタ 直列4気筒 ボブ・セッド コンノート・カーズ / ポール・エメリー Ret

*1958年までコンストラクターズポイントは与えられなかった。
± = シェアドライブ

参照編集

外部リンク編集