1956年ドイツグランプリ

1956年ドイツグランプリ (1956 German Grand Prix) は、1956年のF1世界選手権第7戦として、1956年8月5日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1956年ドイツグランプリ
レース詳細
1956年F1世界選手権全8戦の第7戦
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
日程 1956年8月5日
正式名称 XVIII Großer Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.810 km (14.173 mi)
レース距離 22周 501.820 km (311.806 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー フェラーリ
タイム 9:51.2
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ フェラーリ
タイム 9:41.6
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 マセラティ
3位 マセラティ

レース概要編集

フェラーリファン・マヌエル・ファンジオ(45歳)がレースを制し、1939年ドイツグランプリ英語版ヘルマン・ラングメルセデス)が記録したコースレコードを17年ぶりに更新した。後にスペイン国王となるフアン・カルロス1世(当時18歳)が友人[1]アルフォンソ・デ・ポルターゴの応援のため観戦に訪れ、表彰式に参加した[2]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
1   ファン・マヌエル・ファンジオ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ D50 フェラーリ DS50 2.5L V8 E
2   ピーター・コリンズ
3   エウジェニオ・カステロッティ
4   ルイジ・ムッソ
5   アルフォンソ・デ・ポルターゴ
6   ジャン・ベーラ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
7   スターリング・モス
8   ウンベルト・マグリオーリ 1
  チェーザレ・ペルディーサ 1
10   ロベール・マンヅォン   エキップ・ゴルディーニ ゴルディーニ T32 ゴルディーニ 25 2.5L L8 E
11   アンドレ・ミロー
  アンドレ・ピレット 2
12   ハリー・シェル   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
14   ジョルジオ・スカルラッティ フェラーリ 500 フェラーリ Tipo500 2.0L L4
15   ルイ・ロジェ   エキュリー・ロジェ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
16   ロイ・サルヴァドーリ   ギルビー・エンジニアリング マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
17   ウンベルト・マグリオーリ 1   スクーデリア・ガステラ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
18   ルイジ・ヴィッロレージ
  ルイジ・ピオッティ 3
  ルイジ・ピオッティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
19   ホレース・グールド   グールズ・ガレージ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
20   パコ・ゴディア   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
21   ブルース・ハルフォード   ブルース・ハルフォード マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
22   オットリーノ・フォロンテリオ   オットリーノ・フォロンテリオ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
ソース:[3]
追記
  • ^1 - マグリオーリは当初17号車でエントリーしていたが、予選途中以降は負傷したペルディーサから交代して8号車で出走した
  • ^2 - ピレットは予選で負傷したため、決勝はミローに交代
  • ^3 - ピオッティは決勝でヴィッロレージにマシンを譲ったため出走せず

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 1   ファン・マヌエル・ファンジオ フェラーリ 09:51.2
2 2   ピーター・コリンズ フェラーリ 09:51.5 + 0.3
3 3   エウジェニオ・カステロッティ フェラーリ 09:54.4 + 3.2
4 7   スターリング・モス マセラティ 10:03.4 + 12.2
5 4   ルイジ・ムッソ フェラーリ 10:20.3 + 29.1
6 8   チェーザレ・ペルディーサ 1 マセラティ 10:23.5 + 32.3
7 8   ウンベルト・マグリオーリ マセラティ 10:27.6 + 36.4
8 6   ジャン・ベーラ マセラティ 10:31.6 + 40.4
9 16   ロイ・サルヴァドーリ マセラティ 10:32.4 + 41.2
10 5   アルフォンソ・デ・ポルターゴ フェラーリ 10:37.7 + 46.5
11 21   ブルース・ハルフォード マセラティ 11:04.1 + 1:12.9
12 12   ハリー・シェル マセラティ 11:16.5 + 1:25.3
13 19   ホレース・グールド マセラティ 11:32.2 + 1:41.0
14 15   ルイ・ロジェ マセラティ 11:39.0 + 1:57.8
15 10   ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 11:55.8 + 2:04.6
16 20   パコ・ゴディア マセラティ 11:57.6 + 2:06.4
17 11   アンドレ・ピレット 2 ゴルディーニ 12:07.6 + 2:16.4
18 14   ジョルジオ・スカルラッティ フェラーリ 13:05.2 + 3:14.0
19 18   ルイジ・ピオッティ 3 マセラティ 13:50.1 + 3:58.9
20 22   オットリーノ・フォロンテリオ マセラティ 14:17.1 + 4:25.9
ソース:[4]
追記

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1   ファン・マヌエル・ファンジオ フェラーリ 22 3:38:43.7 1 9 1
2 7   スターリング・モス マセラティ 22 +46.4 4 6
3 6   ジャン・ベーラ マセラティ 22 +7:38.3 8 4
4 20   パコ・ゴディア マセラティ 20 +2 Laps 16 3
5 15   ルイ・ロジェ マセラティ 19 +3 Laps 14 2
DSQ 21   ブルース・ハルフォード マセラティ 20 失格(押しがけ) 11
NC 22   オットリーノ・フォロンテリオ マセラティ 16 +6 Laps 19
Ret 11   アンドレ・ミロー ゴルディーニ 15 エンジン 21
Ret 5   アルフォンソ・デ・ポルターゴ
  ピーター・コリンズ
フェラーリ 14 アクシデント 10
Ret 18   ルイジ・ヴィッロレージ マセラティ 13 エンジン 20
Ret 12   ハリー・シェル マセラティ 13 オーバーヒート 12
Ret 4   ルイジ・ムッソ
  エウジェニオ・カステロッティ
フェラーリ 11 アクシデント 5
Ret 2   ピーター・コリンズ フェラーリ 8 燃料漏れ 2
Ret 3   エウジェニオ・カステロッティ フェラーリ 5 電気系統 3
Ret 8   ウンベルト・マグリオーリ マセラティ 3 ステアリング 7
Ret 19   ホレース・グールド マセラティ 3 油圧 13
Ret 16   ロイ・サルヴァドーリ マセラティ 2 サスペンション 9
Ret 10   ロベール・マンヅォン ゴルディーニ 0 サスペンション 15
Ret 14   ジョルジオ・スカルラッティ フェラーリ 0 エンジン 17
DNS 8   チェーザレ・ペルディーサ マセラティ 予選でアクシデント 6
DNS 11   アンドレ・ピレット ゴルディーニ 予選でアクシデント 18
DNS 18   ルイジ・ピオッティ マセラティ ヴィッロレージにマシンを譲る
ソース:[6]
追記

注記編集

第7戦終了時点のランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1 1   ファン・マヌエル・ファンジオ 30
  1 2   ピーター・コリンズ 22
  3   ジャン・ベーラ 22
  4   スターリング・モス 19
  5   パット・フラハーティ 8
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ El Rey Don Juan Carlos I, el mejor embajador de Ferrari en España”. Revista CAR (2017年5月31日). 2018年1月13日閲覧。
  2. ^ Födisch, Jörg Thomas; Völker, Bernhard; Behrndt, Michael (2008). Der große Preis von Deutschland. Alle Rennen seit 1926. Königswinter: HEEL Verlag. p. 75. ISBN 9783868520439 
  3. ^ Germany 1956 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年1月12日閲覧。
  4. ^ Germany 1956 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年1月13日閲覧。
  5. ^ a b c Germany 1956 - Result”. statsf1.com. 2018年1月13日閲覧。
  6. ^ 1956 German Grand Prix”. formula1.com. 2014年3月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

外部リンク編集

前戦
1956年イギリスグランプリ
FIA F1世界選手権
1956年シーズン
次戦
1956年イタリアグランプリ
前回開催
1954年ドイツグランプリ
  ドイツグランプリ次回開催
1957年ドイツグランプリ