ピーター・コリンズ

ピーター・ジョン・コリンズPeter John Collins, 1931年11月6日 - 1958年8月3日)は、イギリスF1ドライバー。

ピーター・コリンズ
基本情報
フルネーム ピーター・ジョン・コリンズ
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・ウスターシャー州
キッダーミンスター
生年月日 (1931-11-06) 1931年11月6日
死没地 ドイツの旗 ドイツ
同・ボン
没年月日 (1958-08-03) 1958年8月3日(26歳没)
F1での経歴
活動時期 1952-1958
所属チーム '52-'53 HWM
'54 ヴァンウォール
'55 マセラティ
'56-'58 フェラーリ
出走回数 35 (32スタート)
タイトル 0
優勝回数 3
表彰台(3位以内)回数 9
通算獲得ポイント 47
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1952年スイスGP
初勝利 1956年ベルギーGP
最終勝利 1958年イギリスGP
最終戦 1958年ドイツGP
テンプレートを表示

略歴編集

裕福な家庭で育ち、父が買い与えた500ccF3レースで頭角を現す。

1952年にHWMからF1にデビュー。デビュー3戦目の第4戦フランスGPでは6位に入っているが、当時入賞は5位までだった為、ポイントは獲得していない。参加した6戦中、このレースを除けば完走しておらず、最終戦のイタリアGPでは予選落ちを喫している。

その後も1953年は前年同様HWM、1954年ヴァンウォール1955年マセラティからF1にスポット参戦したが、特筆した成績は残せなかった。

フェラーリ時代編集

1956年編集

1956年、コリンズはフェラーリ・チームのドライバーに抜擢される。これにより一気に飛躍し、第2戦モナコGPではエースのファン・マヌエル・ファンジオとのシェア・ドライブ[1]ながら2位に入り、初入賞を表彰台で飾る。すると、続く第4戦ベルギーGP[2]では予選3位から初優勝。第5戦フランスGPでもトップでチェッカーを受け、2連勝を飾った。これらの活躍により、最終戦イタリアGPを迎えた時点では、僅かながらチャンピオン獲得の可能性を残していた。

イタリアGP決勝では、1ポイントでも獲得できればチャンピオンだったファンジオがマシントラブルに見舞われ、ピットイン。これにより、コリンズにタイトル獲得のチャンスが巡ってくることになったが、その後自分がピットインした際、ファンジオに自らのマシンを譲っている。これよりレースに復帰したファンジオは、その後猛烈な追い上げで2位に入り、ジャン・ベーラを抑えてチャンピオンを獲得。コリンズは、このレースで優勝したスターリング・モスに逆転され、ランキング3位でシーズンを終えている。

チームメイトのルイジ・ムッソは地元GPでの優勝を目指し、チームの指示を拒んでファンジオにシートを譲らなかったが、コリンズは「自分は若いからまたチャンスはある」とエースのファンジオに無私の敬意を払った。このGPにおけるコリンズの行為は、「F1草創期における、スポーツマンシップに基づく美談」として、現在でも話題に挙がることがある。

1957年編集

 
1957年ドイツGPの表彰台。左よりコリンズ、ファンジオ、ホーソン

1957年もフェラーリに残留するが、この年チームは不振に陥り優勝なし、コリンズも最高位は3位(2回)となった。

コース外では、この年アメリカ人の女優ルイーズ・キングと結婚。また、新たにチームに加入したマイク・ホーソンと親しくなり、親密な友好関係を築いた。

1958年編集

1958年、戦闘力を取り戻したフェラーリ勢は、ホーソンを中心に好調をアピール。コリンズはリタイヤが多かったが、第8戦の地元イギリスGPにて2位のホーソンを24秒引き離して独走し、2年振りの勝利を飾ることとなった。

しかし、ニュルブルクリンクで開催された第9戦ドイツGPで悲劇が襲う。予選4位からスタートしたコリンズは、トニー・ブルックスのヴァンウォールを追走して2位を走行していたが、11周目のプランツガルテン (Pflanzgarten) でややオーバースピードの状態でコースをはみ出し、横転した車から放り出され、立ち木に激突した。この事故で頭部に致命傷を負ったコリンズは、病院に運ばれた時点で既に息を引き取っていた。コリンズの後方でこの事故を目撃したホーソンはショックを受けてリタイアした。

その後、シーズンはホーソンとモスの争いとなり、最終的にはホーソンが1ポイント差でチャンピオンに輝いた。しかし、親友を失ったホーソンは、自らの病気もあって、この年限りでレースからの引退を決意することとなった[3]

人物編集

ハンサムで社交的な青年だったコリンズは、フェラーリの総帥エンツォ・フェラーリに気に入られた数少ないドライバーのひとりだった。エンツォの愛息アルフレード(ディーノ)と仲が良く、1956年6月にディーノが病死したあとは、フェラーリ夫婦から実の息子のように可愛がられた。

コリンズは女優のルイーズ・キングに出会ってすぐ恋に落ち、1週間後にはアメリカに出向いてプロポーズした。ルイーズと親友ホーソンも意気投合し、3人でプライベートを楽しんでいたが、エンツォはそうした充足感がレーサーの腕を鈍らせると感じていたようだった。

レース戦績編集

F1編集

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 WDC ポイント
1952年 HW モータース 52 SUI
Ret
500 BEL
Ret
FRA
6
GBR
Ret
GER
DNS
NED ITA
DNQ
NC
(26位)
0
1953年 53 ARG 500 NED
8
BEL
Ret
FRA
13
GBR
Ret
GER SUI ITA NC
(31位)
0
1954年 ヴァンダーヴェル Special ARG 500 BEL FRA GBR
Ret
GER SUI ITA
7
ESP
DNS
NC
(34位)
0
1955年 オーウェン 250F ARG MON 500 BEL NED GBR
Ret
NC
(55位)
0
マセラティ ITA
Ret
1956年 フェラーリ 555 ARG
Ret
3位 25
D50 MON
2*
500 BEL
1
FRA
1
GBR
2*
GER
Ret*
ITA
2*
1957年 ARG
6*
9位 8
801 MON
Ret
500 FRA
3
GBR
4*
GER
3
PES ITA
Ret
1958年 246 ARG
Ret
MON
3
NED
Ret
500 BEL
Ret
FRA
5
GBR
1
GER
Ret
POR ITA MOR 5位 14
  • * : 同じ車両を使用したドライバーに順位とポイントが配分された。

ル・マン24時間レース編集

チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回数 総合順位 クラス順位
1952年   アストンマーティン・ラゴンダ   ランス・マックリン アストンマーティン・DB3 S3.0 (22hr) DNF DNF
1953年   レグ・パーネル アストンマーティン・DB3S S3.0 16 DNF DNF
1954年   プリンス・ビラ S3.0 138 DNF DNF
1955年   ポール・フレール S3.0 302 2位 1位
1956年   デイヴィッド・ブラウン   スターリング・モス S3.0 299 2位 1位
1957年   スクーデリア・フェラーリ   フィル・ヒル フェラーリ・335 S S3.0 2 DNF DNF
1958年   マイク・ホーソーン フェラーリ・250 TR 58 S3.0 112 DNF DNF

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 当時はレース中にチーム内でのドライバー相互間のマシンの交換が許されており、入賞した場合獲得ポイントはそのマシンを運転したドライバー全員に、その人数で割った数が与えられた。
  2. ^ 第3戦アメリカGPとしてインディ500が組み込まれていたが、形式的なもので、実質的にはF1チームの参戦は殆どなかった。
  3. ^ シーズン終了から約3ヵ月後、公道で事故死している。

関連項目編集