メインメニューを開く

1957年ドイツグランプリ (1957 German Grand Prix) は、1957年のF1世界選手権第6戦として、1957年8月4日ニュルブルクリンクで開催された。

西ドイツ 1957年ドイツグランプリ
レース詳細
1957年F1世界選手権全8戦の第6戦
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
ニュルブルクリンク北コース(1927-1967)
日程 1957年8月4日
正式名称 XIX Großer Preis von Deutschland
開催地 ニュルブルクリンク
西ドイツの旗 西ドイツ ニュルブルク
コース 恒久的レース施設
コース長 22.810 km (14.173 mi)
レース距離 22周 501.820 km (311.806 mi)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー マセラティ
タイム 9:25.6
ファステストラップ
ドライバー アルゼンチン ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ
タイム 9:17.4 (20周目)
決勝順位
優勝 マセラティ
2位 フェラーリ
3位 フェラーリ

目次

レース概要編集

路面の再舗装が行われたニュルブルクリンクに15万から20万人もの大観衆が詰めかけた[1]

フェラーリは500kmの長丁場をノンストップで走りきれると踏んでいたが、マセラティはタイヤの摩耗の関係で1回のピットインが必要だった。そのため燃料を少なくして大量リードを築き、タイヤ交換と給油を同時に行う作戦を立てた。しかし、スタートはフェラーリのマイク・ホーソーンピーター・コリンズに先行され、ファン・マヌエル・ファンジオは3位に後退した。2周目にはホーソーンが9分37秒9のコースレコードを出して引き離すも、3周目にファンジオがフェラーリ勢をかわしてトップに立ち独走していく。10周目を終えたところでジャン・ベーラがタイヤ交換と給油を行い、作戦通りフェラーリ勢に28秒のリードを築いたファンジオも12周目を終えてピットへ向かう。ところが、リアタイヤの交換と給油に手間取り56秒もかかってしまい、その間にホーソーンとコリンズが追い抜いて悠々とトップをひた走っていく。ファンジオはフェラーリ勢と38秒差でコースへ復帰した。

復帰直後はペースが上がらなかったが、これはフェラーリ陣営を錯乱させるためにファンジオが仕掛けた「罠」だった。フェラーリ陣営がホーソーンとコリンズにペースダウンの指示を出すとファンジオは鬼神の走りを見せ、16周目に33秒差、17周目に25秒差、19周目には9分23秒4を出して13秒差まで縮めフェラーリ勢に迫っていく。ここでようやくマセラティの作戦に気づいたフェラーリ陣営は、ホーソーンとコリンズにペースアップの指示を出した[2]。しかし、ファンジオは20周目に予選タイムより8秒速い9分17秒4という驚異的なタイムでファステストラップを出してフェラーリ勢にわずか2秒差にまで迫る。21周目のノルドカーブでコリンズを抜いて2位に上がり、ブライドシャイドでホーソーンも抜き去ってトップに躍り出た。ホーソーンはファンジオに食い下がり再逆転を狙うが、ファンジオはミスを犯さずホーソーンに3秒6差で大逆転勝利をおさめた。レース後にファンジオは「こんな走りはもう二度とできないよ」と語った[3]

ファンジオは生涯最高の走りでF1最後の勝利となる通算24勝目[4]を挙げ、4年連続[5]5回目[6]チャンピオンを決めた[7]

当レースは参加台数を増やすため、この年復活したF2のマシンも混走した(黄色で表示)[8]。なお、F2のマシンは入賞してもポイントは獲得できないが、F1出走回数にはカウントされる[9]

エントリーリスト編集

No. ドライバー エントラント コンストラクター シャシー エンジン タイヤ
1   ファン・マヌエル・ファンジオ   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
2   ジャン・ベーラ
3   ハリー・シェル
4   ジョルジオ・スカルラッティ
5   カルロス・メンディテギー 1
6   ルイジ・ムッソ   スクーデリア・フェラーリ フェラーリ 801 フェラーリ DS50 2.5L V8 E
7   ピーター・コリンズ
8   マイク・ホーソーン
9   モーリス・トランティニアン 1
10   スターリング・モス   ヴァンダーヴェル・プロダクツ・リミテッド ヴァンウォール VW5 ヴァンウォール 254 2.5L L4 P
11   トニー・ブルックス
12   スチュアート・ルイス=エヴァンズ
14   ロン・フロックハート 2   オーウェン・レーシング・オーガニゼーション BRM P25 BRM P25 2.5L L4 D
15   ブルース・ハルフォード   ブルース・ハルフォード マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
16   マステン・グレゴリー   スクーデリア・セントロ・スッド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
17   ハンス・ヘルマン
18   パコ・ゴディア   オフィシーネ・アルフィエリ・マセラティ マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 P
19   ホレース・グールド   H.H. グールド マセラティ 250F マセラティ 250F1 2.5L L6 D
20   ウンベルト・マグリオーリ   ポルシェKG ポルシェ RS550 ポルシェ 547/3 1.5L F4 ?
21   エドガー・バース
23   ロイ・サルヴァドーリ   クーパー・カー・カンパニー クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 D
24   ジャック・ブラバム
25   トニー・マーシュ   リッジウェイ・マネージメンツ クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 D
26   ポール・イングランド T41
27   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール   エキュリー・マールスベルゲン ポルシェ RS550 ポルシェ 547/3 1.5L F4 D
28   ブライアン・ネイラー   ブライアン・ネイラー クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 D
29   ディック・ギブソン   ディック・ギブソン クーパー T43 クライマックス FPF 1.5L L4 D
ソース:[10]
追記
  • ^1 - エントリーしたが出場せず[11]
  • ^2 - フロックハートは負傷のため欠場[11]

結果編集

予選編集

順位 No. ドライバー コンストラクター タイム
1 1   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 09:25.6
2 8   マイク・ホーソーン フェラーリ 09:28.4 + 2.8
3 2   ジャン・ベーラ マセラティ 09:30.5 + 4.9
4 7   ピーター・コリンズ フェラーリ 09:34.7 + 9.1
5 11   トニー・ブルックス ヴァンウォール 09:36.1 + 10.5
6 3   ハリー・シェル マセラティ 09:39.2 + 13.6
7 10   スターリング・モス ヴァンウォール 09:41.2 + 15.6
8 6   ルイジ・ムッソ フェラーリ 09:43.1 + 17.5
9 12   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 09:45.0 + 19.4
10 16   マステン・グレゴリー マセラティ 09:51.5 + 25.9
11 17   ハンス・ヘルマン マセラティ 10:00.0 + 34.4
12 21   エドガー・バース ポルシェ 10:02.2 + 36.6
13 4   ジョルジオ・スカルラッティ マセラティ 10:04.9 + 39.3
14 23   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 10:06.0 + 40.4
15 20   ウンベルト・マグリオーリ ポルシェ 10:08.9 + 43.3
16 15   ブルース・ハルフォード マセラティ 10:14.5 + 48.9
17 28   ブライアン・ネイラー クーパー-クライマックス 10:15.0 + 49.4
18 24   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 10:18.8 + 53.2
19 19   ホレース・グールド マセラティ 10:20.8 + 55.2
20 27   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 10:25.9 + 1:00.3
21 18   パコ・ゴディア マセラティ 10:32.3 + 1:06.7
22 25   トニー・マーシュ クーパー-クライマックス 10:48.2 + 1:22.6
23 26   ポール・イングランド クーパー-クライマックス 11:08.4 + 1:42.8
24 29   ディック・ギブソン クーパー-クライマックス 11:46.4 + 2:20.8
ソース:[12]

決勝編集

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 1   ファン・マヌエル・ファンジオ マセラティ 22 3:30:38.3 1 9 1
2 8   マイク・ホーソーン フェラーリ 22 +3.6 2 6
3 7   ピーター・コリンズ フェラーリ 22 +35.6 4 4
4 6   ルイジ・ムッソ フェラーリ 22 +3:37.6 8 3
5 10   スターリング・モス ヴァンウォール 22 +4:37.2 7 2
6 2   ジャン・ベーラ マセラティ 22 +4:38.5 3
7 3   ハリー・シェル マセラティ 22 +6:47.5 6
8 16   マステン・グレゴリー マセラティ 21 +1 Lap 10
9 11   トニー・ブルックス ヴァンウォール 21 +1 Lap 5
10 4   ジョルジオ・スカルラッティ マセラティ 21 +1 Lap 13
11 15   ブルース・ハルフォード マセラティ 21 +1 Lap 16
12 21   エドガー・バース ポルシェ 21 +1 Lap 12
13 28   ブライアン・ネイラー クーパー-クライマックス 20 +2 Laps 17
14 27   カレル・ゴダン・ド・ボーフォール ポルシェ 20 +2 Laps 20
15 25   トニー・マーシュ クーパー-クライマックス 17 +5 Laps 22
Ret 17   ハンス・ヘルマン マセラティ 14 シャシー 11
Ret 20   ウンベルト・マグリオーリ ポルシェ 13 エンジン 15
Ret 23   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 11 サスペンション 14
Ret 18   パコ・ゴディア マセラティ 11 ステアリング 21
Ret 12   スチュアート・ルイス=エヴァンズ ヴァンウォール 10 ギアボックス 9
Ret 24   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 6 トランスミッション 18
Ret 26   ポール・イングランド クーパー-クライマックス 4 ディストリビューター 23
Ret 29   ディック・ギブソン クーパー-クライマックス 3 ステアリング 24
Ret 19   ホレース・グールド マセラティ 1 アクスル 19
ソース:[13]
追記

第6戦終了時点のランキング編集

ドライバーズ・チャンピオンシップ
順位 ドライバー ポイント
  1   ファン・マヌエル・ファンジオ 34
  2   ルイジ・ムッソ 16
  3 3   マイク・ホーソーン 13
  1 4   トニー・ブルックス 10
  1 5   サム・ハンクス 8
  • : トップ5のみ表示。ベスト5戦のみがカウントされる。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ (林信次 1999, p. 34)
  2. ^ 当時は無線ではなくピットのサインボードで指示を出していた。しかもニュルブルクリンクは22kmのロングコースだったため、指示の伝達に時間を要した。
  3. ^ (林信次 1999, p. 34,36)
  4. ^ 1968年ジム・クラークに破られるまで歴代1位だった
  5. ^ 2004年ミハエル・シューマッハに破られるまで歴代1位だった
  6. ^ 2003年ミハエル・シューマッハに破られるまで歴代1位だった
  7. ^ (林信次 1999, p. 36)
  8. ^ (林信次 1999, p. 49)。ドイツGPでは1969年までしばしばF2との混走が行われた。
  9. ^ (林信次 1995, p. 51)。ただし、文献によっては出走回数にカウントされない場合もある。
  10. ^ Germany 1957 - Race entrants”. statsf1.com. 2018年1月22日閲覧。
  11. ^ a b Germany 1957 - Result”. statsf1.com. 2018年1月22日閲覧。
  12. ^ Germany 1957 - Qualifications”. statsf1.com. 2018年1月22日閲覧。
  13. ^ 1957 German Grand Prix”. formula1.com. 2014年2月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年8月9日閲覧。

参照文献編集

  • 林信次『F1全史 1956-1960』ニューズ出版、1999年。ISBN 4-938495-27-9
  • 林信次『F1全史 1966-1970』ニューズ出版、1995年。ISBN 4-938495-06-6

外部リンク編集