メインメニューを開く

レース概要編集

背景編集

 
スカラブ・タイプ1のデビュー
 
BRM・P48の初レース
 
後にチャンピオンとなるジョン・サーティースのデビュー
 
リッチー・ギンサーのデビュー(写真は1966年)
 
ロータス・18:1960年モナコGPでスターリング・モスがドライブした優勝車
 
クーパー・T53のデビュー(1960年オランダGPでジャック・ブラバムがドライブする同車)

モナコグランプリはシーズン開幕から間もなく行われた。開幕戦のアルゼンチングランプリとそれに続く休暇の間に多くのチームが新車の開発準備を整えた。BRMは3名のドライバーに新型のBRM・P48を準備した。それはP25の発展型で、大きく異なる点はエンジンがドライバーの後方に配置されたことであった。P48はP25同様に非常に信頼性が低く、シーズンで獲得したポイントは僅かであった。BRMはグラハム・ヒルヨー・ボニエに加えて、シーズンの終わりまでに新たなレギュラードライバーとしてダン・ガーニーを加入させた。クーパー・クライマックスは新型のクーパー・T53を初めて投入した。同車はT51の発展型で、より強力なエンジンを搭載し、斜体は平坦で幅が狭くT51より流線型で高速域での競争力が高められていた。ロータスは開幕戦に1台だけ投入したロータス・18を全てのドライバーに用意した。後にチャンピオンとなるジョン・サーティースはロータスからF1選手権へのデビューを果たす。フェラーリもフロントエンジンからリアエンジンへのスイッチにトライし、ディーノ・246F1のスペシャルバージョンである246Pを投入した。この変換のためにフェラーリはクーパーを購入し、そのコンセプトを246Pに導入した。246Pはリッチー・ギンサーがドライブした。フェラーリが購入したクーパーは売却され、ジョルジオ・スカルラッティがレースで使用した。その他のフェラーリは、クリフ・アリソンフィル・ヒルヴォルフガング・フォン・トリップスがフロントエンジンのディーノ・246をドライブした。このレースはアリソンにとってフェラーリでの最後のレースとなった。彼は予選で大事故を起こし、重傷を負ってシーズンから撤退、翌シーズン復帰後はロータスをドライブした。

新チームのリヴェントロウ・オートモビルズ・インクがスカラブを用いて参入した。スカラブ・タイプ1はフロントエンジンで、シーズンで何戦かに出走した。ドライバーのチャック・デイランス・リヴェントロウはいずれもF1初参戦となった。多くのドライバーがプライベーターとして参戦を試みた。RRCウォーカー・レーシングチームはスターリング・モスを起用したが、モスは初戦のクーパー・T51に代わってロータス・18をドライブした。モスはスカラブからもエントリーされたが、これを拒否してウォーカーから予選、決勝に出場した。ブライアン・ネイラーは昨年同様に自身のJBWタイプ1をドライブし、それ以外のドライバーはクーパー・T51をドライブした。ブルース・ハルフォードはフレッド・タック・カーズから、ロイ・サルヴァドーリはハイ・エフィシエンシー・モータースから出走した。ヨーマン・クレジット・レーシング・チームは昨シーズンランキング2位のトニー・ブルックスと、新人のクリス・ブリストウを起用した。ジョルジオ・スカルラッティジーノ・ムナロンが車両を共有し、スクーデリア・セントロ・スッドはマステン・グレゴリーモーリス・トランティニアンイアン・バージェスを起用した。

トランティニアン、モス、ブラバムの3名が優勝経験者で、フェラーリとクーパーがコンストラクターズタイトルをかつて獲得していた。ドライバーズランキングはブルース・マクラーレンがアリソン、カルロス・メンディテギーを従えてトップに立っている。コンストラクターズランキングではクーパー、フェラーリの順であった。タイヤはスカラブがグッドイヤーを使用し、その他はダンロップを使用した。本グランプリはその後数十年に渡って数多くの勝利を重ねていったグッドイヤーのF1グランプリデビューであった。

予選編集

モスがプラクティスセッションを支配し、2位ブラバムのクーパーよりも1秒速かった。これはモスにとって5回目のポールポジションとなり、ロータスにとっては初となった。2列目はヨーマン・クレジット・レーシング・チームが独占、ブルックスがチームメイトのブリストウを抑えて3位となった。後にはBRMのボニエとヒルが続いた。ロータスファクトリーの3名は7位、13位、15位となり、BRMのガーニーが14位、マクラーレンは11位であった。

フェラーリはその性能劣化を示すこととなった。ヴォルフガング・フォン・トリップスはチームメイト、リッチー・ギンサー、フィル・ヒルの前の8位となった。リアエンジンの246Pはフロントエンジンの246と速さは何ら変わらなかった。クリフ・アリソンはコースアウトし藁のバリアに衝突、意識不明となり地元の病院に搬送された。生命を脅かすほどの大怪我を負ったが、翌年復帰する。しかしながらフェラーリにとってこの事故は、メンバーの更なる損失を意味していた。フェラーリは前年既に重大な事故のためドライバーラインナップの変更を強いられていた。

モナコグランプリのスターティンググリッドは安全上の理由から16に制限されていた。何名かのドライバーがレースに参加できなかったのはこれが理由であった。

決勝編集

スタートの勝負はボニエが制した。ボニエはブラバムとモスを抑えてリードを取った。これに続いてブルックスとブリストウが4位を争った。モナコではオーバーテイクが一般的に困難であったが、このサーキットにおけるロータスの優位性はモスにオーバーテイクの機会を与えた。5周目にモスはブラバムを抜いて2位に浮上、その後数周でボニエに追いつき、17周目にトップに立つ。一方トランティニアンは4周目にギアボックスのトラブルでリタイアした。ブリストウもデビューレースであったが、17周目に同じくギアボックスのトラブルでリタイアした。サーティースもトランスミッションのトラブルで、デビュー戦を完走することはできなかった。ステイシーはシャシーのトラブルで、サルヴァドーリはオーバーヒートのためリタイアした。コース上には10台しか残っていなかった。

モスはボニエを抑えてレースをリードしていた。前年チャンピオンのブラバムが追い上げ、ボニエとの2位争いを始める。20周目にブラバムはボニエを抜くが、27周目に抜き返される。その後天候が変化し、雨が降り始めた。この天候の変化はブラバムに味方し、33周目にボニエとモスを抜いてトップに立つ。4位に付けていたブルックスは路面が濡れたにも関わらず、クラッシュバリアとの接触を回避して、順位をいくつか下げたもののレースを続けた。その後はマクラーレンとフィル・ヒルが4位争いを繰り広げた。40周目にブラバムがスピン、サン・デボーテで壁に接触する。彼はレースを継続するためマシンをマーシャルに押してもらったが、この様な援助は禁止されていたため、レース後に失格となった。これによって再びモスがレースをリード、ボニエ、マクラーレン、フィル・ヒルがこれに続いた。

60周目にモスは修理のためピットインした。彼はフィル・ヒルの後でコースに復帰、その後前の車を全て抜いてトップに返り咲いた。ボニエはギアボックスのトラブルで2位から陥落、トップのモスの後にマクラーレン、フィル・ヒルが続いた。グラハム・ヒルは66周目にクラッシュ、この時点でコース上には4台しか残っていなかった。これによって、ガーニーとボニエは損傷した車両のままコースに復帰し5位、6位に入り、ポイントを獲得した。

レースはモスが制し、ロータスにとってコンストラクターとして初の勝利を献上した。モスにとっては1956年以来2度目のモナコでの勝利となった。マクラーレンが2位に入り、ファステストラップを記録、ドライバーズランキングのリードも広げた。コンストラクターズランキングではクーパーがフェラーリに対してリードを広げた。ロータスは1ポイント差で3位に浮上した。フィル・ヒルが3位で表彰台を獲得、ブルックスは1周遅れの4位となった。ボニエとガーニーは破損した車でゴールし、5位、6位となった。ギンサーはデビュー戦で初のポイントを獲得した。


エントリーリスト編集

チーム No. ドライバー シャシー エンジン タイヤ
  リヴェントロウ・オートモビルズ・インク 00   スターリング・モス スカラブ・タイプ1 スカラブ 2.4 L4 G
46   チャック・デイ
48   ランス・リヴェントロウ
  オーウェン・レーシング・オーガニゼーション 02   ヨアキム・ボニエ BRM・P48 BRM 2.5 L4 D
04   ダン・ガーニー
06   グラハム・ヒル
  クーパー・カー・カンパニー 08   ジャック・ブラバム クーパー・T53 クライマックス 2.5 L4 D
10   ブルース・マクラーレン
  フレッド・タック・カーズ 12   ブルース・ハルフォード クーパー・T51 クライマックス 2.5 L4 D
  ハイ・エフィシエンシー・モータース 14   ロイ・サルヴァドーリ クーパー・T51 クライマックス 2.5 L4 D
  ヨーマン・クレジット・レーシング・チーム 16   クリス・ブリストウ クーパー・T51 クライマックス 2.5 L4 D
18   トニー・ブルックス
  ブライアン・ネイラー 20   ブライアン・ネイラー JBW Type 1 マセラティ 2.5 L4 D
  チーム・ロータス 22   イネス・アイルランド ロータス・18 クライマックス 2.5 L4 D
24   アラン・ステイシー
26   ジョン・サーティース
  ロブ・ウォーカー・レーシング・チーム 28   スターリング・モス ロータス・18 クライマックス 2.5 L4 D
  スクーデリア・カステロッティ 30   ジョルジオ・スカルラッティ[# 1] クーパー・T51 カステロッティ 2.5 L4 D
  ジーノ・ムナロン[# 1]
  スクーデリア・フェラーリ 32   クリフ・アリソン フェラーリ・ディーノ246F1 フェラーリ 2.4 V6 D
34   リッチー・ギンサー フェラーリ・ディーノ246P
36   フィル・ヒル フェラーリ・ディーノ256F1
38   ヴォルフガング・フォン・トリップス
  スクーデリア・セントロ・スッド 40   マステン・グレゴリー クーパー・T51 マセラティ 2.5 L4 D
42   イアン・バージェス
44   モーリス・トランティニアン
出典:[1]
注:
  1. ^ a b ジョルジオ・スカルラッティとジーノ・ムナロンは#30のクーパーで出場する予定であった。スカルラッティはプラクティスでドライブしたが、予選落ちした。

結果編集

予選編集

順位 ドライバー コンストラクター タイム 最高速 グリッド
01   スターリング・モス ロータス-クライマックス 1:36.3 117.57 km/h 01
02   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 1:37.3 116.36 km/h 02
03   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 1:37.7 115.89 km/h 03
04   クリス・ブリストウ クーパー-クライマックス 1:37.7 115.89 km/h 04
05   ヨアキム・ボニエ BRM 1:37.7 115.89 km/h 05
06   グラハム・ヒル BRM 1:38.0 115.53 km/h 06
07   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 1:38.2 115.30 km/h 07
08   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 1:38.3 115.18 km/h 08
09   リッチー・ギンサー フェラーリ 1:38.6 114.83 km/h 09
10   フィル・ヒル フェラーリ 1:38.6 114.83 km/h 10
11   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 1:38.6 139.44 km/h 11
12   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 1:38.7 114.71 km/h 12
13   アラン・ステイシー ロータス-クライマックス 1:38.9 114.48 km/h 13
14   ダン・ガーニー BRM 1:38.9 114.48 km/h 14
15   ジョン・サーティース ロータス-クライマックス 1:39.0 114.36 km/h 15
16   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 1:39.1 114.25 km/h 16
DNQ   ブルース・ハルフォード クーパー-クライマックス 1:39.6 113.67 km/h -
DNQ   クリフ・アリソン フェラーリ 1:39.7 113.56 km/h -
DNQ   ブライアン・ネイラー JBW 1:40.3 112.88 km/h -
DNQ   マステン・グレゴリー クーパー-マセラティ 1:41.6 111.44 km/h -
DNQ   チャック・デイ スカラブ 1:46.7 106.11 km/h -
DNQ   ジョルジオ・スカルラッティ クーパー-カステロッティ 1:47.4 105.42 km/h -
DNQ   ランス・リヴェントロウ スカラブ 1:48.5 104.35 km/h -
DNQ   イアン・バージェス クーパー-マセラティ 1:49.1 103.78 km/h -
DNQ   ジーノ・ムナロン クーパー-カステロッティ ノータイム -

決勝編集

順位 No 国籍 ドライバー コンストラクター 周回 タイム/リタイア原因 グリッド ポイント
1 28   スターリング・モス ロータス-クライマックス 100 2:53:45.5 1 8
2 10   ブルース・マクラーレン クーパー-クライマックス 100 + 52.1 11 6
3 36   フィル・ヒル フェラーリ 100 + 1:01.9 10 4
4 18   トニー・ブルックス クーパー-クライマックス 99 + 1 Lap 3 3
5 2   ヨアキム・ボニエ BRM 83 + 17 Laps 5 2
6 34   リッチー・ギンサー フェラーリ 70 + 30 Laps 9 1
7 6   グラハム・ヒル BRM 66 スピン 6  
8 38   ヴォルフガング・フォン・トリップス フェラーリ 61 クラッチ 8  
9 22   イネス・アイルランド ロータス-クライマックス 56 + 44 Laps 7  
Ret 4   ダン・ガーニー BRM 44 サスペンション 14  
DSQ 8   ジャック・ブラバム クーパー-クライマックス 40 失格 2  
Ret 14   ロイ・サルヴァドーリ クーパー-クライマックス 29 オーバーヒート 12  
Ret 24   アラン・ステイシー ロータス-クライマックス 23 シャシー 13  
Ret 16   クリス・ブリストウ クーパー-クライマックス 17 ギアボックス 4  
Ret 26   ジョン・サーティース ロータス-クライマックス 17 トランスミッション 15  
Ret 44   モーリス・トランティニアン クーパー-マセラティ 4 ギアボックス 16  
DNQ 12   ブルース・ハルフォード クーパー-クライマックス    
DNQ 32   クリフ・アリソン フェラーリ    
DNQ 20   ブライアン・ネイラー JBW-マセラティ    
DNQ 40   マステン・グレゴリー クーパー-マセラティ    
DNQ 46   チャック・デイ スカラブ    
DNQ 30   ジョルジオ・スカルラッティ クーパー-カステロッティ    
DNQ 48   ランス・リヴェントロウ スカラブ    
DNQ 42   イアン・バージェス クーパー-マセラティ        

メモ編集

第2戦終了時点でのランキング編集

  • : ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集