1990年アジア冬季競技大会

第2回アジア冬季競技大会
参加国・地域数 10
参加人数 選手305人 役員137人 計442人[1]
競技種目数 4競技33種目1デモンストレーション
開会式 1990年3月9日
閉会式 1990年3月14日
開会宣言 金宗河(キム・チョンハ)OAC副会長
選手宣誓 橋本聖子
審判宣誓
最終聖火ランナー 葛西廣一(東海大四高3年、陸上競技)
主競技場 真駒内屋外競技場
最優秀選手

1990年アジア冬季競技大会1990年3月9日から14日まで日本北海道札幌市で開催された第2回アジア冬季競技大会
当初は、インドでの開催が決定していたが、政情不安などを理由に開催を返上。1988年9月のアジアオリンピック評議会総会において再び札幌市で開催することとなった。 障害者の冬季スポーツ大会を開催することについて考慮・検討された様子はなかった。

ハイライト編集

  • 開会式前の3月6日から公式練習が開始された。
  • 開会式では皇族常陸宮が「おことば」を述べた。
  • ジャンプ競技は日本以外に参加がなくデモンストレーション競技として行われた。
  • スピードスケート女子の橋本聖子は4種目すべて優勝した。
  • クロスカントリースキー女子の青木富美子は3種目すべて優勝した。
  • バイアスロン10kmに出場したインドのセーリング・バルジョルは競技用の銃を持っておらず、ホスト国が用意するものと誤解したまま来日したものの銃が調達できず出場が危ぶまれたが、日本チームの銃は自衛隊の備品であるために貸与できず、ようやく韓国チームから借り受け、北海道警察が一時譲渡の手続きで便宜をはかり出場にこぎつけた[2]
  • 次回第3回大会は朝鮮民主主義人民共和国三池淵で開催予定だったがのちに辞退し中国のハルビンで行われることとなった。

聖火編集

広島市平和記念公園平和の灯から1990年2月3日午後2時に採取された。札幌に運ばれた後分火され、2月8日から3月9日まで北海道庁庁舎ロビーおよび札幌市役所庁舎ロビーで一般公開された。

3月9日の開会式当日、札幌市役所前で点火式が行われた。本大会は通常のランナーによる聖火リレーではなく、札幌市役所前で点火すると熱センサーによりその信号が真駒内屋内競技場の聖火受信装置に電話回線を介して送られ、即座に発火するという遠隔点火が行われた。受信装置に点火された聖火はトーチに移され、最終聖火ランナー葛西廣一の手により聖火台に灯された。

連続した不手際編集

本大会では運営上の不手際が続出した。

  • 3月9日のショートトラック女子1500mでは韓国の金昭希が優勝したが、その表彰式で韓国国歌を流すべきところモンゴル国歌が流れてしまい、テープを入れ替えたところ今度は北朝鮮の国歌が流れてしまった。3度目で正しい韓国国歌が流れたが、場内は騒然とし、組織委員会は韓国選手団に謝罪した[3]
  • 3月9日のショートトラック男女500mでは本来行われるべき5-6位決定戦が日程に組み込まれておらず、急遽翌3月10日に行った[4]
  • さらにレース前の選手紹介で韓国選手の国名を北朝鮮と間違える、ラップタイムの読み上げを間違えるなどの不手際があった。
  • 3月13日のスピードスケート男子10000mでは第1組の佐藤和弘(日本)、郝剛(中国)のレース中、周回回数を1周少なく誤掲示し、24周で佐藤がゴールして一旦流したが、コーチの指示でもう1周して正規の25周でゴールした。運営側は日本、中国チームと協議し、再レースは行わず、タイムは予備計測の手動計時を参考に正式記録として採用、佐藤は金メダルを獲得した[5]

参加国・地域編集

8ヶ国・2地域から305人(男性224人女性81人)の選手と137人の役員が参加した。他にデモンストレーション競技のスキージャンプに日本人のみ72人が出場した。

()内は選手数: 男,女の順

参加国・地域人数編集

実施競技と日程編集

競技名 / 日付 3/9 3/10 3/11 3/12 3/13 3/14
開会式
スキー アルペンスキー
クロスカントリースキー
スキージャンプ
スケート スピードスケート
ショートトラックスピードスケート
アイスホッケー
バイアスロン
閉会式

国・地域別メダル受賞数編集

国・地域
1   日本 18 16 13 47
2   中国 9 9 8 26
3   韓国 6 7 8 21
4   北朝鮮 0 1 4 5
5   モンゴル人民共和国 0 0 1 1

競技結果編集

アルペンスキー編集

種目
男子大回転 3月10日   木村公宣 2分12秒02   粟野利信 2分12秒79   上林卓司 2分13秒46
女子大回転 3月11日   山本さち子 2分28秒30   岡崎若華 2分29秒69   吉田幸恵 2分30秒44
男子回転 3月12日   押切敬司 1分31秒74   伊東秀人 1分34秒90   許勝旭 1分38秒90
女子回転 3月13日[6]   岡崎若華 1分03秒28   山本さち子 1分03秒59   伊藤真紀子 1分04秒14

クロスカントリースキー編集

種目
男子15km 3月10日   佐々木一成 41分27秒8   渡辺博文 42分51秒1   今井博幸 43分04秒3
女子10km 3月11日   青木富美子 32分54秒4   三上佳子 34分53秒1   LI Kyong-Hui 35分04秒3
男子10km×4リレー 3月12日   工藤博幸
   渡辺博文
   山崎正晴
   佐々木一成
2時間07分32秒5   CHO Sung-Hoon
   PARK Ki-Ho
   PARK Byung-chul
   HONG kun-pyo
2時間11分05秒9   Batbold Chuluny
   Ganbat Ziytsagany
   BattulgaDambajamtsyn
   Merey Gongoryn
2時間17分25秒6
女子5km×4リレー 3月12日   太田美和
   青木富美子
   星川直美
   三上佳子
1時間10分20秒2   SONG Shiji
   CHI Xiumei
   WANG Jinfen
   SONG Aiqin
1時間18分54秒0   HAN Ok-Sil
   LI Kyong-Hui
   LIM Gun-Son
   CHOI Youg Hwa
1時間22分37秒3
男子30km 3月13日   佐々木一成 1時間29分07秒1   今井博幸 1時間32分27秒0   渡辺博文 1時間33分49秒0
女子15km 3月14日   青木富美子 48分15秒3   星川直美 50分24秒4   WANG Jinfen 51分03秒0

スピードスケート編集

種目
男子5000m 3月10日   佐藤和弘 7分16秒98   LU Shuhai 7分22秒61   OH Yong-Seok 7分22秒66
女子500m 3月10日   橋本聖子 41秒85   島崎京子 42秒08   YOO Sun-Hee 42秒22
男子500m 3月10日   SONG Chen 38秒14   BAE Ki-Tae 38秒21   黒岩康志
   宮部保範
38秒34
女子1500m 3月11日   橋本聖子 2分11秒23   WANG Xiuli 2分13秒05   CHONG Chang Suk 2分14秒22
男子1500m 3月11日   BAE Ki-Tae 2分00秒48   青柳徹 2分00秒70   Lee In-Hoon 2分01秒46
女子3000m 3月12日   橋本聖子 4分39秒05   関ナツエ 4分43秒62   ZHANG QING 4分44秒67
男子1000m 3月12日   BAE Ki-Tae 1分15秒43   SONG Chen 1分16秒94   森山秀実 1分17秒05
女子1000m 3月12日   橋本聖子 1分24秒46   YE Qiaobo 1分25秒43   WANG Xiuli 1分25秒65
男子10000m 3月13日   佐藤和弘 16分03秒63   LU Shuhai 16分15秒38   青柳徹 16分17秒71

ショートトラックスピードスケート編集

種目
女子1500m 3月9日、10日   KIM So-Hee 2分40秒23   ZHANG Yanmei 2分40秒62   LI Yan 2分42秒86
男子1500m 3月9日、10日   KIM Ki-Hoon 2分33秒50   LEE Joon-Ho 2分33秒70   杉尾憲一 2分35秒84
女子500m 3月9日、10日   WANG Xiulan 48秒80   ZHANG Yanmei 48秒96   ZHENG Chunyang 55秒45
男子500m 3月9日、10日   WANG Qiang 46秒01   KIM Ki-Hoon 46秒17   WANG Quanjun 46秒20
女子1000m 3月9日、10日   WANG Xiulan 1分49秒36   LEE Hyun-Jung 1分49秒42   Chun Lee-Kyung 1分49秒55
男子1000m 3月9日、10日   KIM Ki-Hoon 1分43秒26   LI Wom-Ho 1分43秒50   KWON Young-Chul 1分43秒97
女子3000m 3月9日、10日   ZHANG Yanmei 6分40秒38   浅井景子 6分40秒46   LI Gyong-Hui 6分41秒95
男子3000m 3月9日、10日   川合秀次 5分33秒15   LEE Joon-Ho 5分33秒17   植松純 5分33秒18
女子3000mリレー 3月9日、10日   中国 4分44秒30   韓国 4分56秒22   日本 4分56秒52
男子5000mリレー 3月9日、10日   韓国 7分39秒29   日本 7分40秒44   中国 7分43秒93

アイスホッケー編集

種目
3月10日、11日、13日   中国 2勝1引分   日本 2勝1敗   韓国 1勝2敗

バイアスロン編集

種目
男子20km 3月10日   SONG Wenbin 1時間00分14秒9   滝沢明博 1時間00分51秒3   王偉義 1時間01分00秒6
男子10km 3月12日   王偉義 29分47秒6   小舘操 30分37秒4   風間淳 31分37秒3
男子7.5km×4リレー 3月13日   日本 1時間42分39秒6   中国 1時間45分02秒9   韓国 2時間00分38秒6

スキージャンプ(デモンストレーション競技)編集

種目
ラージヒルK115 3月14日   東和広 222.0pt   竹内卓哉 221.5pt   及川貴生 219.0pt

会場編集

参考資料編集

「第2回アジア冬季競技大会公式報告書」制作・発行:札幌アジア冬季大会組織委員会、平成2年6月1日発行、札幌市中央図書館蔵]

脚注編集

  1. ^ デモンストレーション競技のスキージャンプ参加者は含まない
  2. ^ 北海道新聞縮刷版1990年3月13日朝刊
  3. ^ 北海道新聞縮刷版1990年3月10日朝刊
  4. ^ 北海道新聞縮刷版1990年3月11日朝刊
  5. ^ 北海道新聞縮刷版1990年3月11日朝刊
  6. ^ 吹雪のため距離を短縮して行った

外部リンク編集