メインメニューを開く

1991年ワールドカップバレーボール

1991年ワールドカップバレーボールは、1991年日本で開催されたバレーボールの国際大会である。女子大会は11月8日から11月17日まで、男子大会は11月22日 から12月1日まで行われた。

1991年ワールドカップバレーボール
開催国  日本の旗 日本
チーム数  女子 12 / 男子 12
女子期間  11月08日 - 11月17日
女子優勝  Flag of Cuba.svg キューバ (2回目)
女子MVP  アメリカ合衆国の旗 カレン・ケムナー
男子期間  11月22日 - 12月01日
男子優勝  Flag of the Soviet Union.svg ソビエト連邦 (4回目)
男子MVP  ソビエト連邦の旗 ドミトリー・フォーミン
前回
次回

本大会から女子にも上位3チームにオリンピックの出場権が与えられるようになった。また、大会の出場国数の枠も8か国から12か国へと増え、規模・権威ともにさらに大きくなった。

出場国編集

女子大会(第6回)
男子大会(第7回)

※は、世界最終予選対象チーム。

試合方式編集

  • 本大会から参加国総当りではなく、12カ国をまず6チームずつに振り分けて1回総当りの1次リーグ戦を行う。
  • その後成績順に上位組、下位組それぞれ6カ国ずつに分けた1回総当りの決勝リーグを行うが、決勝リーグは1次リーグで対戦した国の対戦をそのまま持ち越し、1次リーグで当たらなかった別の組の上位3カ国との対戦を含めた5試合の成績で最終的な順位を決めるという変則方式だった。
  • 今回は翌年のバルセロナ五輪の世界最終予選を兼ねていて、全出場チーム中まだ出場権を得ていない国の中で最上位国(男子:韓国 女子:アメリカ)が五輪出場権を獲得した。なお、男子については今大会とオランダ、フランスで世界最終予選をそれぞれ行っている。

会場編集

女子
A B
11/8 - 10 国立代々木第一体育館 仙台市体育館
12 - 13 岐阜メモリアルセンター 京都府立体育館
15 - 17 大阪城ホール 大阪府立体育会館
男子
A B
11/22 - 24 大阪城ホール 岐阜メモリアルセンター
26 - 27 広島サンプラザ 松本市総合体育館
29 - 12/1 国立代々木第一体育館 東京体育館

女子大会編集

最終結果編集

 1991女子ワールドカップ優勝国 
 
キューバ
2大会連続2回目
順位
1   キューバ
2   中国
3   ソビエト連邦
4   アメリカ合衆国
5   ペルー
6   韓国
7   日本
8   ブラジル
9   ドイツ
10   カナダ
11   スペイン
12   ケニア
選手 ベスト6賞
ベスト・プレイヤー カレン・ケムナー   アメリカ合衆国 カレン・ケムナー   アメリカ合衆国
敢闘 ミレヤ・ルイス   キューバ ミレヤ・ルイス   キューバ
ベスト・スパイカー ミレヤ・ルイス   キューバ 佐藤伊知子   日本
ベスト・ブロッカー ガブリエラ・ペレス   ペルー ガブリエラ・ペレス   ペルー
ベスト・サーバー M.カルデロン   キューバ 巫丹   中国
ベスト・サーブレシーバー バトフチナ   ソビエト連邦 張 潤喜   韓国
ベスト・レシーバー 張 潤喜   韓国
ベスト・セッター 馬 芳   中国
最優秀監督 エウヘニオ・ヘオルヘ   キューバ

男子大会編集

最終結果編集

 1991男子ワールドカップ優勝国 
 
ソビエト連邦
3大会ぶり4回目
順位
1   ソビエト連邦
2   キューバ
3   アメリカ合衆国
4   日本
5   韓国
6   ブラジル
7   ドイツ
8   チュニジア
9   アルゼンチン
10   メキシコ
11   イラン
12   チリ
選手 ベスト6賞
ベスト・プレイヤー フォーミン   ソビエト連邦 フォーミン   ソビエト連邦
敢闘 中垣内祐一   日本 中垣内祐一   日本
ベスト・スパイカー フォーミン   ソビエト連邦 ネグロン   ブラジル
ベスト・ブロッカー アイビー   アメリカ合衆国 サミュエルソン   アメリカ合衆国
ベスト・サーバー ディアゴ   キューバ ディアゴ   キューバ
ベスト・サーブレシーバー 盧 鎮秀   韓国 デスパイネ   キューバ
ベスト・レシーバー アコスタ   アメリカ合衆国
ベスト・セッター 申 英哲   韓国
最優秀監督 プラトーノフ   ソビエト連邦

大会イメージソング編集

関連項目編集