メインメニューを開く

1995年ブラジルグランプリ(1995 Brazilian Grand Prix)は、1995年のF1世界選手権開幕戦として、1995年3月26日インテルラゴス・サーキットで開催された。

ブラジルの旗 1995年ブラジルグランプリ
レース詳細
Autódromo José Carlos Pace (AKA Interlagos) track map.svg
日程 1995年シーズン第1戦
決勝開催日 1995年3月26日
開催地 インテルラゴス・サーキット
ブラジル サンパウロ
コース長 4.325km
レース距離 71周(307.075km)
決勝日天候 曇り(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'20.081
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ミハエル・シューマッハ
タイム 1'20.921(Lap 51)
決勝順位
優勝
2位
3位

予選編集

予選結果編集

順位 No ドライバー チーム 1回目 2回目
1 5   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 1'20.081 1'20.429
2 1   ミハエル・シューマッハ ベネトンルノー 1'22.131 1'20.382 +0.301
3 6   デビッド・クルサード ウィリアムズルノー 1'21.343 1'20.422 +0.341
4 2   ジョニー・ハーバート ベネトンルノー no time 1'20.888 +0.807
5 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'21.015 1'20.906 +0.825
6 27   ジャン・アレジ フェラーリ 1'21.655 1'21.041 +0.960
7 8   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 1'22.017 1'21.399 +1.318
8 15   エディ・アーバイン ジョーダンプジョー 1'22.370 1'21.749 +1.668
9 7   マーク・ブランデル マクラーレンメルセデス 1'22.821 1'21.779 +1.698
10 26   オリビエ・パニス リジェ無限ホンダ 1'22.208 1'21.914 +1.833
11 3   片山右京 ティレルヤマハ 1'24.165 1'22.325 +2.244
12 4   ミカ・サロ ティレルヤマハ 1'23.470 1'22.416 +2.335
13 9   ジャンニ・モルビデリ フットワークハート 1'23.403 1'22.468 +2.387
14 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーフォード 1'24.065 1'22.872 +2.791
15 25   鈴木亜久里 リジェ無限ホンダ 1'23.251 1'22.971 +2.890
16 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンプジョー 1'23.350 1'22.975 +2.894
17 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 1'56.532 1'24.383 +4.302
18 24   ルカ・バドエル ミナルディフォード 1'24.443 1'25.205 +4.362
19 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバーフォード 1'24.723 1'25.161 +4.642
20 16   ベルトラン・ガショー パシフィックフォード 1'25.819 1'25.127 +5.046
21 10   井上隆智穂 フットワークハート 1'27.036 1'25.225 +5.144
22 17   アンドレア・モンテルミニ パシフィックフォード 1'27.440 1'25.886 +5.805
23 22   ロベルト・モレノ フォルティフォード 1'27.204 1'26.269 +6.188
24 12   ヨス・フェルスタッペン シムテックフォード 2'01.610 1'27.323 +7.242
25 21   ペドロ・ディニス フォルティフォード no time 1'27.792 +7.711
26 11   ドメニコ・スキャッタレーラ シムテックフォード no time 1'28.106 +8.025
  • 予選で2度タイム計測を行い、速い方のタイム(太字)がグリッドに反映される

決勝編集

予選2位のミハエル・シューマッハがスタートで先行したが、最初のピットストップでデイモン・ヒルが前に出た。しかし、ヒルはギアボックストラブルのためスピンしてリタイアした。前年王者のシューマッハは2連覇に向けて幸先よく優勝した。

しかし、レース前の抜き打ち検査で採取したエルフのガソリンから違法成分が検出され、レース後にウィリアムズとベネトンの2チームが失格。1位シューマッハと2位デビッド・クルサードが失格したため、3位のゲルハルト・ベルガーが繰り上がり優勝と判定された。

その後両チームの提訴を受けて審理の結果、1ヵ月後に裁定が覆り、ウィリアムズとベネトンのコンストラクターズ成績は無効とされたものの、ドライバーの成績は有効とみなされ、シューマッハの優勝が復活した。

決勝結果編集

順位 No ドライバー チーム 周回数 タイム/リタイア グリッド ポイント
1 1   ミハエル・シューマッハ ベネトンルノー 71 +1:38'34.154 2 10
2 6   デビッド・クルサード ウィリアムズルノー 71 +11.060 3 6
3 28   ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 70 +1 Lap 5 4
4 8   ミカ・ハッキネン マクラーレンメルセデス 70 +1 Lap 7 3
5 27   ジャン・アレジ フェラーリ 70 +1 Lap 6 2
6 7   マーク・ブランデル マクラーレンメルセデス 70 +1 Lap 9 1
7 4   ミカ・サロ ティレルヤマハ 69 +2 Laps 12  
8 25   鈴木亜久里 リジェ無限ホンダ 69 +2 Laps 15  
9 17   アンドレア・モンテルミニ パシフィックフォード 65 +6 Laps 22  
10 21   ペドロ・ディニス フォルティフォード 64 +7 Laps 25  
Ret 9   ジャンニ・モルビデリ フットワークハート 62 エンジン 13  
Ret 10   井上隆智穂 フットワークハート 48 エンジン 21  
Ret 24   ルカ・バドエル ミナルディフォード 47 エンジン 18  
Ret 22   ロベルト・モレノ フォルティフォード 47 スピンアウト 23  
Ret 29   カール・ヴェンドリンガー ザウバーフォード 41 電気系 19  
Ret 5   デイモン・ヒル ウィリアムズルノー 30 ギアボックス 1  
Ret 2   ジョニー・ハーバート ベネトンルノー 30 接触 4  
Ret 16   ベルトラン・ガショー パシフィックフォード 23 ギアボックス 20  
Ret 14   ルーベンス・バリチェロ ジョーダンプジョー 16 ギアボックス 16  
Ret 12   ヨス・フェルスタッペン シムテックフォード 16 ギアボックス 24  
Ret 3   片山右京 ティレルヤマハ 15 スピンアウト 11  
Ret 15   エディ・アーバイン ジョーダンプジョー 15 クラッチ 8  
Ret 11   ドメニコ・スキャッタレーラ シムテックフォード 12 ステアリング 26  
Ret 30   ハインツ=ハラルド・フレンツェン ザウバーフォード 10 電気系 14  
Ret 26   オリビエ・パニス リジェ無限ホンダ 0 接触 10  
Ret 23   ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 0 ギアボックス 17  

ランキング編集