2002年イタリアグランプリ

2002年イタリアグランプリ (LXXIII Gran Premio Vodafone d'Italia) は、2002年F1世界選手権の第15戦として、2002年9月15日にモンツァ・サーキットで開催された。

イタリアの旗 2002年イタリアグランプリ
レース詳細
2002年F1世界選手権全17戦の第15戦
Autodromo Nazionale Monza (last modified in 2000)
Autodromo Nazionale Monza (last modified in 2000)
日程 2002年シーズン
決勝開催日 9月15日
正式名称 LXXIII Gran Premio Vodafone d'Italia
開催地 モンツァ・サーキット
イタリアモンツァ
コース Permanent racing facility
コース長 5.793
レース距離 306.719
決勝日天候 Sunny, hot, dry
ポールポジション
ドライバー ウィリアムズ-BMW
タイム 1:20.264
ファステストラップ
ドライバー ルーベンス・バリチェロ フェラーリ
タイム 1:23.297 (36周目)
決勝順位
優勝 フェラーリ
2位 フェラーリ
3位 ジャガー-コスワース

決勝編集

11番手スタートのトゥルーリはフォーメーションラップで出遅れたため、最後尾スタートになる。 スタート後、モントーヤとサイド・バイ・サイドで1コーナーに飛び込んだラルフは、接触を避けようとシケインをショートカットしトップに浮上する。以下、モントーヤ、バリチェロ、シューマッハ、ライコネン、アーバイン。接触によりフロントウイングを破損したクルサードが緊急ピットイン。

4周目、ショートカットでトップに立ったラルフにFIAからモントーヤを前に行かせる指示が出たためパラボリカトップを譲ったが、直後にエンジンブローでリタイア。モントーヤのスピードが一瞬緩んだ隙をついてスリップストリームに入ったバリチェロが1コーナーでトップを奪うことに成功。

6周目、シューマッハがモントーヤをホームストレートでパスし2位に浮上する。

16周目、アスカリでデラロサとマッサが接触。デラロサは左フロントタイヤがバーストしたためリタイアし、マッサも翌周にリタイア。

19周目、トップのバリチェロがピットインし2位でコース復帰。6位走行中のパニスもピットイン。

28周目、トップのシューマッハがピットインし3位でコース復帰。5位走行中のアーバインもピットイン。

30周目、2位走行中のモントーヤがピットインし3位でコース復帰。4位走行中のライコネンがエンジンブローによりリタイア。

33周目、モントーヤが緊急ピットイン。サスペンショントラブルによりリタイア。

37周目、トップのバリチェロが2回目のピットインを行いトップのままコース復帰。

39周目、パニスがパラボリカでアーバインをパスして3位に浮上し、41周目に2回目のピットインを行い6位でコースに復帰する。

53周目、フェラーリがワンツーフィニッシュ。1ストップ作戦のアーバインが3位表彰台、トゥルーリが4位、バトンが5位。パニスはクルサードを抑え切り6位入賞を果たした。

なお、デラロサと接触をしたマッサは危険行為と見なされ、次戦アメリカグランプリのグリッドを10番手引き下げられるペナルティを受けた。[1]

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 53 1:16:19.982 4 10
2 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 53 +0.255 2 6
3 16   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 53 +52.579 5 4
4 14   ヤルノ・トゥルーリ ルノー 53 +58.219 11 3
5 15   ジェンソン・バトン ルノー 53 +1:07.770 17 2
6 12   オリビエ・パニス BAR-ホンダ 53 +1:08.491 16 1
7 3   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 53 +1:09.047 7  
8 9   ジャンカルロ・フィジケラ ジョーダン-ホンダ 53 +1:10.891 12  
9 11   ジャック・ヴィルヌーヴ BAR-ホンダ 53 +1:21.068 9  
10 7   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 53 +1:22.046 15  
11 24   ミカ・サロ トヨタ 52 +1 Lap 10  
12 10   佐藤琢磨 ジョーダン-ホンダ 52 +1 Lap 18  
13 22   アレックス・ユーン ミナルディ-アジアテック 47 +6 Laps 20  
リタイア 6   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 33 シャシー 1  
リタイア 4   キミ・ライコネン マクラーレン-メルセデス 29 エンジン 6  
リタイア 23   マーク・ウェバー ミナルディ-アジアテック 20 エンジン 19  
リタイア 8   フェリペ・マッサ ザウバー-ペトロナス 16 接触 14  
リタイア 17   ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガー-コスワース 15 接触 8  
リタイア 25   アラン・マクニッシュ トヨタ 12 サスペンション 13  
リタイア 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 4 エンジン 3  

その他編集

  • ラップリーダー:ラルフ・シューマッハ 3 (1-3), ファン・パブロ・モントーヤ 1 (4), ルーベンス・バリチェロ 40 (5-19, 29-53), ミハエル・シューマッハ 9 (20-28)
  • このレースはアメリカ合衆国においてABCスポーツが中継した4戦の内の3番目のレースであった。他の3戦はモナコ、カナダ、アメリカグランプリであった。
  • ファン・パブロ・モントーヤが達成したポールポジションは、平均速度 259.528km/h と、F1史上最速であった。
  • このレースはジャガーにとって2度目かつ最後の表彰台獲得となった。
  • このレースは2002年シーズンにおいて唯一、フェラーリ、ウィリアムズ、マクラーレン以外の車両が表彰台に上ったレースであった。

第15戦終了時点でのランキング編集

  • 太字はワールドチャンピオン
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 株式会社ソニー・マガジンズ、F1グランプリ特集vol.161、77・78ページより

外部リンク編集

前戦
2002年ベルギーグランプリ
FIA F1世界選手権
2002年シーズン
次戦
2002年アメリカグランプリ
前回開催
2001年イタリアグランプリ
  イタリアグランプリ次回開催
2003年イタリアグランプリ

座標: 北緯45度36分56秒 東経9度16分52秒 / 北緯45.61556度 東経9.28111度 / 45.61556; 9.28111