メインメニューを開く

2001年イタリアグランプリ (LXXII Gran Premio Campari d'Italia) は、2001年F1世界選手権の第15戦として、2001年9月16日にモンツァ・サーキットで開催された。53周で争われたレースはウィリアムズのファン・パブロ・モントーヤがフェラーリのルーベンス・バリチェロとの長いバトルの末に制し、F1初優勝となった。3位にはモントーヤのチームメイト、ラルフ・シューマッハが入った。

イタリアの旗 2001年イタリアグランプリ
レース詳細
2001年F1世界選手権全17戦の第15戦
Autodromo Nazionale Monza
日程 2001年シーズン第15戦
決勝開催日 9月16日
正式名称 LXXII Gran Premio Campari d'Italia
開催地 アウトドローモ・ナツィオナーレ・ディ・モンツァ
イタリア モンツァ
コース Permanent racing facility
コース長 5.793
レース距離 306.719
決勝日天候 Sunny
観客数 110,000
ポールポジション
ドライバー ウィリアムズ-BMW
タイム 1:22.216
ファステストラップ
ドライバー ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW
タイム 1:25.073 (39周目)
決勝順位
優勝 ウィリアムズ-BMW
2位 フェラーリ
3位 ウィリアムズ-BMW

目次

レース概要編集

背景編集

これはアメリカ同時多発テロ事件の後に開催された最初のF1レースであった。いくつかのチームは追悼の意を込めて車のカラーリングを変更した。フェラーリはスポンサーのマークを取り外し、ノーズを黒く塗った。ジャガーは黒いエンジンカバーを取り付け、ジョーダン-ホンダは星条旗をプリントした。ミカ・ハッキネンはもっと家族との時間を過ごしたいという理由で、シーズン終了後に休養を取ることを発表した[1]

決勝編集

レース前、ミハエル・シューマッハは、ドライバーがスタート後の第1ラップをセーフティカーに先導されている状態と同様に扱い、追い越しを控えるという内容の協定の提案を行った。しかしながら、ジャック・ヴィルヌーヴフラビオ・ブリアトーレはこの提案を拒否し、協定は失敗に終わった。レーズの前週にはアメリカ同時多発テロ事件が発生し、前年のレースではコースマーシャルが死亡、またこの前日にドイツで行われたCART第16戦アレッサンドロ・ザナルディが事故に遭遇、両脚切断したということで、シューマッハはどのような事故も避けられるべきであると切望していた。レース前のインタビューでは何名かのドライバーがこれ以上の事故が無いのを保証するのが重要であると述べた。協定は結ばれなかったが、1分間の黙祷がささげられた[2]。 フェラーリの社長、ルカ・ディ・モンテゼーモロの呼びかけもあって、スタート時のグランドスタンドでの熱狂は抑えられ、旗を振る観客も少数だった。少数のそのような観客の中には、星条旗を振った者がいた[2]

レースがスタートすると、モントーヤがバリチェロを従えて第1コーナーに突入していった。ミハエル・シューマッハは弟のラルフを追い抜き、3位となる。ジェンソン・バトンはジョーダンのヤルノ・トゥルーリを抜こうとするが、結局衝突する。バリチェロは2ストップ作戦を採り、ウィリアムズより速いペースで走行する。激しい圧力の後、バリチェロは8ラップ目にモントーヤを抜き、ピットストップの後にギャップを開け始める。しかしながら20ラップ目に最初のストップを行うと、燃料ホースに問題が生ずる。ピット作業の失敗で築いたギャップは無くなり、モントーヤにトップを許すだけで無くラルフも2位に浮上した。バリチェロは間もなくラルフを抜き、再びモントーヤの追撃を始める。しかしながら、彼には挑戦できるだけの周回数は残されていなかった。結局モントーヤがF1初優勝を飾り、コロンビア人としても初めて優勝を達成したドライバーとなった。バリチェロが5秒遅れで2位に入り、ラルフは兄のミハエルを抑えて3位に入った[3]。表彰台でモントーヤはオーバーオールに黒いバンドを着けて上った[2]

結果編集

予選編集

順位 No ドライバー コンストラクター 周回 グリッド
1 6   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 1:22.216 1
2 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 1:22.528 +0.312 2
3 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 1:22.624 +0.408 3
4 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 1:22.841 +0.625 4
5 11   ヤルノ・トゥルーリ ジョーダン-ホンダ 1:23.126 +0.910 5
6 4   デビッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 1:23.148 +0.932 6
7 3   ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 1:23.394 +1.178 7
8 16   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 1:23.417 +1.201 8
9 17   キミ・ライコネン ザウバー-ペトロナス 1:23.595 +1.379 9
10 19   ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガー-コスワース 1:23.693 +1.477 10
11 8   ジェンソン・バトン ベネトン-ルノー 1:23.892 +1.676 11
12 22   ハインツ=ハラルド・フレンツェン プロスト-エイサー 1:23.943 +1.727 12
13 18   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 1:24.031 +1.815 13
14 7   ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-ルノー 1:24.090 +1.874 14
15 10   ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・R-ホンダ 1:24.164 +1.948 15
16 12   ジャン・アレジ ジョーダン-ホンダ 1:24.198 +1.982 16
17 9   オリビエ・パニス B・A・R-ホンダ 1:24.677 +2.461 17
18 15   エンリケ・ベルノルディ アロウズ-アジアテック 1:25.444 +3.228 18
19 14   ヨス・フェルスタッペン アロウズ-アジアテック 1:25.511 +3.295 19
20 23   トーマス・エンゲ プロスト-エイサー 1:26.039 +3.823 20
21 21   フェルナンド・アロンソ ミナルディ-ヨーロピアン 1:26.218 +4.002 21
22 20   アレックス・ユーン ミナルディ-ヨーロピアン 1:27.463 +5.247 22

決勝編集

順位 No ドライバー チーム 周回 タイム グリッド ポイント
1 6   ファン・パブロ・モントーヤ ウィリアムズ-BMW 53 1:16:58.493 1 10
2 2   ルーベンス・バリチェロ フェラーリ 53 +5.175 2 6
3 5   ラルフ・シューマッハ ウィリアムズ-BMW 53 +17.335 4 4
4 1   ミハエル・シューマッハ フェラーリ 53 +24.991 3 3
5 19   ペドロ・デ・ラ・ロサ ジャガー-コスワース 53 +1:14.984 10 2
6 10   ジャック・ヴィルヌーヴ B・A・R-ホンダ 53 +1:22.469 15 1
7 17   キミ・ライコネン ザウバー-ペトロナス 53 +1:23.107 9  
8 12   ジャン・アレジ ジョーダン-ホンダ 52 +1 Lap 16  
9 9   オリビエ・パニス B・A・R-ホンダ 52 +1 Lap 17  
10 7   ジャンカルロ・フィジケラ ベネトン-ルノー 52 +1 Lap 14  
11 16   ニック・ハイドフェルド ザウバー-ペトロナス 52 +1 Lap 8  
12 23   トーマス・エンゲ プロスト-エイサー 52 +1 Lap 20  
13 21   フェルナンド・アロンソ ミナルディ-ヨーロピアン 51 +2 Laps 21  
リタイヤ 15   エンリケ・ベルノルディ アロウズ-アジアテック 46 クランクシャフト 18  
リタイヤ 20   アレックス・ユーン ミナルディ-ヨーロピアン 44 スピン 22  
リタイヤ 22   ハインツ=ハラルド・フレンツェン プロスト-エイサー 28 ギアボックス 12  
リタイヤ 14   ヨス・フェルスタッペン アロウズ-アジアテック 25 燃料圧 19  
リタイヤ 3   ミカ・ハッキネン マクラーレン-メルセデス 19 ギアボックス 7  
リタイヤ 18   エディ・アーバイン ジャガー-コスワース 14 エンジン 13  
リタイヤ 4   デヴィッド・クルサード マクラーレン-メルセデス 6 エンジン 6  
リタイヤ 8   ジェンソン・バトン ベネトン-ルノー 4 エンジン 11  
リタイヤ 11   ヤルノ・トゥルーリ ジョーダン-ホンダ 0 接触 5  

編集

第15戦終了時点でのランキング編集

  • 太字はワールドチャンピオン
  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

参照編集