メインメニューを開く

2011年バスケットボール男子欧州選手権

2011年FIBAヨーロッパ男子バスケットボール選手権2011 European Basketball Championship)は、2011年9月3日から9月18日までリトアニアで開催された第37回バスケットボール欧州選手権男子大会。通称「ユーロバスケット2011」。ロンドンオリンピック欧州予選も兼ね、上位2チームはオリンピック出場が認められる。 2011ユーロバスケットには、史上最多の24カ国が参加し、90試合が行われた。決勝はスペインフランスを98-85で下し、2連覇を果たした。

予選編集

出場国編集

当初は16チームが参加予定であったが、2010年11月に24チームへの拡大が決定。以下の8チームが予選免除で出場権を得ている。

開催国

2010年世界選手権出場国

残る14チームを予選により決定。既に以下のチームが1次予選を通過し本大会出場権を獲得している。

残る2枠は最終予選で決める。

最終順位編集

NBAがロックアウトとなったこともあり、ノヴィツキー()を始め、キリレンコ()、トニー・パーカーバトゥム(供に)、パウ・ガソルマルク・ガソル(供に西)、バルニャーニ()ら、NBAで活躍するスター選手が順当に出場することができた。

決勝では、スペインが、ナバーロを中心に、イン・アウトから圧倒的な得点力で終始試合をリードし、ルディ・フェルナンデスを途中ファールにて欠いたが、そのまま危なげなく逃げ切った。ナバーロは大会MVPに輝いた。マケドニアは、マッカレブの活躍もさることながら、バランスの良い戦力で、ベスト4に入る善戦を見せた。

ロンドンオリンピック出場権獲得
ロンドンオリンピックホスト国
ロンドンオリンピック予選トーナメント出場権獲得
順位 チーム 勝敗
    スペイン 10-1
    フランス 9–2
    ロシア 10–1
4   マケドニア 7–4
5   リトアニア 8–3
6   ギリシャ 7–4
7   スロベニア 6–5
8   セルビア 5–6
9   ドイツ 4–4
  フィンランド 3–5
11   トルコ 3–5
  ジョージア 2–6
13   イギリス 2–3
  クロアチア 2–3
  ブルガリア 2–3
  イスラエル 2–3
17   ウクライナ 2–3
  ポーランド 2–3
  ボスニア・ヘルツェゴビナ 2–3
  イタリア 1–4
21   モンテネグロ 1–4
  ラトビア 0–5
  ベルギー 0–5
  ポルトガル 0–5

関連項目編集

外部リンク編集