メインメニューを開く

2012年ロンドンオリンピックのテニス競技

2012年ロンドンオリンピックのテニス競技は、7月29日から8月5日までウィンブルドンのオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブで開催された[1]国際テニス連盟(ITF)管轄。コートは芝、屋外。芝で初めて行われるオリンピックのテニス競技となった[1]

2012年ロンドンオリンピック
テニス競技
Tsonga v Bellucci.jpg
オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
会場オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
開催日7月29日 - 8月5日
«20082016»

2012年ロンドンオリンピック
テニス競技

Tennis pictogram.svg

シングルス   男子   女子  
ダブルス   男子   女子   混合

前回大会との違い編集

前回北京大会では4種目が行われていたが、今大会は混合ダブルスが1924年パリ大会以来88年ぶりに実施された。またロンドンでオリンピックが開催されるのは1908年第4回大会以来104年ぶりのことである。

今大会の会場はAELTCのセンターコートのNo.1、No.2、No.3コートで実施された。

ウィンブルドン選手権との違い編集

オリンピックでは3セットマッチを実施(ウィンブルドンでは男子のみ5セットマッチ)し、また男子シングルス決勝のみ5セットマッチ、ウェアは自由(ウィンブルドンでは伝統的に白のウェアが義務付けられている)。タイムキーパーはオメガに変更(ウィンブルドンではロレックスが担当)。通常のツアー大会同様アップ中に音楽が流れる(ウィンブルドンでは伝統的に音楽を流さない)。

ATPとWTAのポイント編集

今大会はATPワールドツアーWTAツアーのポイントに応じて次の得点が与えられる[2]

ステージ 金メダル 銀メダル 銅メダル 4位 準々決勝 3回戦 2回戦 1回戦
男子シングルス 750 450 340 270 135 70 35 5
女子シングルス 685 470 340 260 175 95 55 1

参加国と選手数編集

6月11日時点でのATPワールドツアーランキングおよび同日現在のWTAランキングの上位56選手が出場できるが、1カ国につき最大4名までと定められている。また残り8はITFの推薦枠での出場となる。ダブルスは1カ国2組まででシングルスとダブルスの合計では6人以内となっている。混合ダブルスはシングルスまたはダブルスの出場選手となり単独での出場選手はいない。

国・地域 男子 女子 混合
シングルス ダブルス シングルス ダブルス
  アルゼンチン 4 2(1) 0 2(2) 2 7
  オーストラリア 2 0 1 4(3) 2 6
  オーストリア 1 2(1) 1 0 0 3
  ベラルーシ 0 2(2) 1 0 2 3
  ベルギー 3 0 2 0 0 5
  ブラジル 1 4(3) 0 0 0 4
  ブルガリア 1 0 1 0 0 2
  カナダ 2 2(1) 1 2(1) 0 5
  中国 0 0 3 4(1) 0 4
  チャイニーズタイペイ 1 0 1 2(1) 0 3
  コロンビア 2 2(1) 1 0 0 4
  クロアチア 2 2(0) 0 0 0 2
  キプロス 1 0 0 0 0 1
  チェコ 2 2(0) 4 4(2) 2 8
  デンマーク 0 0 1 0 0 1
  フィンランド 1 0 0 0 0 1
  フランス 4 4(1) 1 2(1) 0 7
  グルジア 0 0 1 2(1) 0 2
  ドイツ 1 2(1) 4 4(1) 4 7
  イギリス 1 4(3) 4 4(0) 2 8
  ハンガリー 0 0 2 2(0) 0 2
  インド 2 4(3) 0 2(2) 2 7
  イスラエル 0 2(2) 1 0 0 3
  イタリア 2 2(1) 4 4(0) 4 7
  日本 3 2(0) 0 0 0 3
  カザフスタン 1 0 2 2(0) 0 3
  リヒテンシュタイン 0 0 1 0 0 1
  ルクセンブルク 1 0 0 0 0 1
  オランダ 1 2(1) 0 0 0 2
  ニュージーランド 0 0 1 0 0 1
  パラグアイ 0 0 1 0 0 1
  ポーランド 1 2(2) 2 4(2) 2 7
  ルーマニア 1 2(1) 3 2(0) 0 5
  ロシア 4 2(0) 4 4(2) 2 10
  セルビア 3 4(1) 2 0 2 6
  スロバキア 2 2(0) 2 2(0) 0 4
  スロベニア 1 0 1 2(2) 0 4
  スペイン 4 4(2) 4 4(2) 0 12
  スウェーデン 0 2(2) 1 0 2 3
  スイス 2 2(0) 0 0 0 2
  チュニジア 1 0 1 0 0 2
  ウクライナ 1 0 1 0 0 2
  アメリカ合衆国 4 4(2) 4 4(2) 4 12
  ウズベキスタン 1 0 0 0 0 1
合計: 44カ国 64 64(31) 64 62(25) 32 184
  • 括弧はダブルスのみ出場の選手数

競技結果編集

国・地域別のメダル獲得数編集

 
女子シングルスのメダリストたち。左から順に、ビクトリア・アザレンカ(銅)、セリーナ・ウィリアムズ(金)、マリア・シャラポワ(銀)。
順位 国・地域
1   アメリカ合衆国 (USA) 3 0 1 4
2   イギリス (GBR) 1 1 0 2
3   ベラルーシ (BLR) 1 0 1 2
4   フランス (FRA) 0 1 1 2
  ロシア (RUS) 0 1 1 2
6   チェコ (CZE) 0 1 0 1
  スイス (SUI) 0 1 0 1
8   アルゼンチン (ARG) 0 0 1 1
合計 5 5 5 15

脚注編集

  1. ^ a b Tennis”. London 2012 Organization Committee. 2008年8月2日閲覧。
  2. ^ Ranking Points”. itftennis.com. 2012年7月17日閲覧。

外部リンク編集