メインメニューを開く

2016年カナダグランプリは、2016年のF1世界選手権第7戦として、2016年6月12日サーキット・ジル・ヴィルヌーヴで開催された。

カナダの旗 2016年カナダグランプリ
レース詳細
Île Notre-Dame (Circuit Gilles Villeneuve).svg
日程 2016年シーズン第7戦
決勝開催日 6月12日
開催地 サーキット・ジル・ヴィルヌーヴ
カナダ モントリオール
コース長 4.361km
レース距離 70周(305.270km)
決勝日天候 曇(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:12.812
ファステストラップ
ドライバー ドイツの旗 ニコ・ロズベルグ
タイム 1:15.599(Lap 60)
決勝順位
優勝
2位
3位

レース前編集

前戦モナコGPに続き、ピレリはウルトラソフトタイヤを投入。

ホンダが2トークンを使用してターボチャージャーをアップグレード[1]フェラーリも2トークンを使用して新型ターボを投入[2]

捨てバイザーについてはモナコGP同様「必要最小限の使用」となっている。

フリー走行編集

2016年6月10日(金曜日)

午前の1回目、フェリペ・マッサがDRSのトラブルにより1コーナーでクラッシュし、一時赤旗中断となった。また、マックス・フェルスタッペンバルテリ・ボッタスの進路を妨害したため、今シーズン初の戒告処分となった。トップタイムはスーパーソフトを使用したルイス・ハミルトン。2位はウルトラソフトを使用したニコ・ロズベルグ

午後の2回目、気温と路面温度が大幅に上がったがハミルトンが引き続きトップタイム。2位はセバスチャン・ベッテル。1回目でオイル漏れがあったジェンソン・バトンはICEをモナコGPで使用したものに戻している。

2016年6月11日(土曜日)

午前の3回目、残り30分から小雨が降りだすコンディション。終了12分前にケビン・マグヌッセンがターン7出口で姿勢を乱しウォールにクラッシュ、赤旗が振られそのまま終了となった。マシンは大破したものの、マグヌッセンは無事だった。トップタイムはベッテル、2位はフェルスタッペン。

予選編集

2016年6月11日(土曜日)

Q1開始直後から雨が降りだしたものの、ドライコンディションでスタート。Q1終了直前にリオ・ハリアントが4コーナーで壁に接触して右リヤタイヤがパンクし、コース脇にストップしたことにより、この時点でQ1は実質的に終了となった。トップタイムはニコ・ロズベルグニコ・ヒュルケンベルグはスーパーソフトでベストタイムを出したが、他のドライバーはウルトラソフトによるものだった。ケビン・マグヌッセンはフリー走行3回目のクラッシュのため、予選に出走することができなかった。

Q2の残り11分52秒、カルロス・サインツが最終シケインでクラッシュし、赤旗中断となる。ドライバーは無事だったが、マシンはリヤ部分に大きなダメージを負った。フェルナンド・アロンソは最後のアタックで10位に滑り込みQ3に進出した。トップタイムはルイス・ハミルトン、2位にロズベルグが続いた。

予選開始後から雨が警戒されていたが、Q3終了までドライコンディションのまま推移した。ハミルトンがポールポジションを獲得、ロズベルグは最後のアタックでミスを犯し2位止まりとなったが、メルセデスがフロントローを独占した。セバスチャン・ベッテルがメルセデス以外で唯一1分12秒台を出し3位。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 1:14.121 1:13.076 1:12.812 1
2 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 1:13.714 1:13.094 1:12.874 2
3 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:13.925 1:13.857 1:12.990 3
4 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:14.030 1:13.540 1:13.166 4
5 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:14.601 1:13.793 1:13.414 5
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 1:14.477 1:13.849 1:13.579 6
7 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 1:14.389 1:13.791 1:13.670 7
8 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:14.815 1:13.864 1:13.769 8
9 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 1:14.663 1:14.166 1:13.952 9
10 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 1:15.026 1:14.260 1:14.338 10
11 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:14.814 1:14.317 11
12 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:14.755 1:14.437 12
13 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 1:14.829 1:14.457 151
14 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 1:15.148 1:14.571 13
15 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:15.444 1:14.803 14
16 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 1:14.714 1:21.956 202
17 30   ジョリオン・パーマー ルノー 1:15.459 16
18 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 1:15.599 17
19 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:15.635 213
20 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 1:16.663 18
21 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 1:17.052 19
107% time: 1:18.873
NC 20   ケビン・マグヌッセン ルノー no time 224
ソース[3]
追記

[4]

  • ^1 - クビアトは前戦モナコGP決勝におけるペナルティにより2グリッド降格(本来は3グリッド降格だが、サインツのペナルティにより2グリッド降格となった)
  • ^2 - サインツは予選後にギアボックスを交換したため5グリッド降格[5]
  • ^3 - エリクソンは前戦モナコGP決勝におけるペナルティにより2グリッド降格(本来は3グリッド降格だが、マグヌッセンの最後尾スタートにより2グリッド降格となった)
  • ^4 - マグヌッセンはフリー走行3回目のクラッシュにより予選に出走できなかったが、スチュワードの判断により決勝出走が認められ、最後尾からのスタートとなった。また、ギアボックスの交換により5グリッド降格のペナルティが科されたが、最後尾グリッドのまま変更なし

決勝編集

2016年6月12日(日曜日)

雨がポツポツ降っていたがドライコンディションでスタート。ポールポジションルイス・ハミルトンはスタートが悪く2位に後退。3番手スタートのセバスチャン・ベッテルがトップに立つ。ニコ・ロズベルグもハミルトンに並びかけたが押し出され大きく順位を落とした。11周目、ジェンソン・バトンのマシンから白煙が上がり(後にギアボックストラブルと判明)コースアウト、これによりバーチャルセーフティカーとなったことでベッテルがウルトラソフトからスーパーソフトにタイヤを交換して4位でコースに復帰、コース上でレッドブル2台を抜きハミルトンを追う。ハミルトンは24周目にソフトへタイヤ交換、ベッテルの後ろでコースに復帰、このまま最後まで走る作戦を取った。再び首位に立ったベッテルだが、まだ使用義務のあるソフトへ交換する必要があった。ベッテルは37周目にソフトへタイヤ交換、これでハミルトンが首位に浮上。ベッテルはハミルトンを猛追するも5秒及ばず、ハミルトンが連勝した。ポイントリーダーのロズベルグが5位に終わったことにより、ロズベルグとハミルトンの差は9ポイントまで縮まった。バルテリ・ボッタスが3位となり、2015年メキシコGP以来の表彰台を獲得している。

結果編集

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 44   ルイス・ハミルトン メルセデス 70 1:31:05.296 1 25
2 5   セバスチャン・ベッテル フェラーリ 70 +5.011 3 18
3 77   バルテリ・ボッタス ウィリアムズ-メルセデス 70 +46.422 7 15
4 33   マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 70 +53.020 5 12
5 6   ニコ・ロズベルグ メルセデス 70 +1:02.093 2 10
6 7   キミ・ライコネン フェラーリ 70 +1:03.017 6 8
7 3   ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 70 +1:03.634 4 6
8 27   ニコ・ヒュルケンベルグ フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 9 4
9 55   カルロス・サインツ トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 20 2
10 11   セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 69 +1 Lap 11 1
11 14   フェルナンド・アロンソ マクラーレン-ホンダ 69 +1 Lap 10
12 26   ダニール・クビアト トロ・ロッソ-フェラーリ 69 +1 Lap 15
13 21   エステバン・グティエレス ハース-フェラーリ 68 +2 Laps 13
14 8   ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 68 +2 Laps 14
15 9   マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 21
16 20   ケビン・マグヌッセン ルノー 68 +2 Laps 22
17 94   パスカル・ウェーレイン MRT-メルセデス 68 +2 Laps 17
18 12   フェリペ・ナッセ ザウバー-フェラーリ 68 +2 Laps 18
19 88   リオ・ハリアント MRT-メルセデス 68 +2 Laps 19
Ret 19   フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 35 オーバーヒート[6] 8
Ret 30   ジョリオン・パーマー ルノー 16 水漏れ[7] 16
Ret 22   ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 9 ギアボックス[8] 12
ソース[9]
ファステストラップ[10]
ラップリーダー

第7戦終了時点でのランキング編集

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注編集