2023年ニジェールクーデター

2023年ニジェールクーデター(2023ねんニジェールクーデター)は、西アフリカニジェールで2023年7月26日に発生した軍事クーデター。同国では1960年独立以来5度目のクーデターとなった[4]

2023年ニジェールクーデター
2023年7月26日 - 7月28日
場所ニジェールの旗 ニジェール首都ニアメ
現況
衝突した勢力

ニジェールの旗 ニジェール政府
バズム政権支持派の国民


外国の支持:
ファイル:O ecowas.gif 西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

祖国防衛国民評議会[1]
ニジェールの旗ロシアの旗 M62運動英語版[2]
クーデター支持派の国民


外国の支持:
ブルキナファソの旗 ブルキナファソ
マリ共和国の旗 マリ
ギニアの旗 ギニア
指揮官
モハメド・バズム
ハッソウミ・マスドゥ英語版
ハマドゥ・スーリー英語版
アブドゥラハマネ・チアニ[1]
アマドゥ・アブドラマン英語版
サリフ・モディ英語版
アブドゥ・シディコウ・イッサ英語版
ムサ・サラウ・バルモウ英語版
戦力
ニジェール軍英語版
245,000人(初期)[3]
ニジェール軍
大統領警護隊:
57,000人[3]
被害者数
少なくとも民間人1名が負傷 数人の民間人が負傷
モハメド・バズム大統領(2023年撮影)

背景

編集

フランス領西アフリカから1960年に独立したニジェールでは、2023年以前にも4度のクーデターを経験してきた。直近に発生したのは2010年の軍事クーデターで、その他にクーデター未遂も度々発生している[4]。2021年4月に同国で初めて民主的な政権移譲となったモハメド・バズム政権においても、2021年[5]、2022年3月(ニジェール政府はコメントしていない)の2度クーデター未遂が発生している[4]

21世紀以降、サヘル諸国ではアルカイーダISILボコ・ハラムといったイスラーム過激派の反乱に対処するため、アメリカ合衆国と旧宗主国フランスが軍事的支援を行っている。だが2020年代に入り隣国のマリ共和国ブルキナファソで相次いでクーデターが発生し、新たに発足した軍事政権はフランスと対立した[6]。フランスにとって同国はサヘル地域に残された最後の同盟国であったが、貧困、政府の弱体化、反フランス感情の高まりに悩まされていた[7]。ドイツのシンクタンクはバズム大統領を「サヘル地域における西側諸国最後の希望」と指摘している[8]

推移

編集

バズム大統領の拘束

編集

2023年7月26日朝、ニジェール大統領府の公式ツイッターアカウントは大統領警護隊が「反共和制デモ」を行い、失敗したと投稿した。またバズム大統領とその家族が大統領官邸内で大統領警護隊に拘束されている情報を付け加えた。大統領官邸とその隣の省庁は閉鎖された。バズム支持者が接近を試みるも、大統領警護隊員の警告射撃を受け解散させられた[9]

国軍はバズムを支持するために大統領官邸を包囲した。また国内の主要戦略拠点の確保を発表した[10]

軍事政権の発足

編集

だが、26日夕方に空軍のアマドゥ・アブドラマン大佐は国営テレビでクーデターを宣言し、憲法の停止、各省庁の機能停止、国境の閉鎖を発表した。また夜10時から翌朝5時まで夜間外出禁止令を発令するとともに、外国の干渉に対して警告を行った[11]

27日、ニジェール軍司令部はクーデターを支持する声明を発表し、流血の事態をもたらしかねない「軍同士の致命的な対決を避けるため」と理由を説明した[12]。一方バズム大統領は同日未明にSNSを更新して「苦労して勝ち取った成果は守られる」「民主主義と自由を愛するニジェール人が、それを確実にしてくれるだろう」とのメッセージを発表した[12]

ハッソウミ・マスドゥ英語版外相は自身が大統領代行であると宣言した[13]

首都ニアメではクーデター支持者が与党ニジェール民主社会主義党の本部を放火した。またクーデター支持者の中にはロシアの国旗を手にする者もいた[14]。暫定元首である祖国防衛国民評議会議長に、バズム政権の大統領警護隊長だったアブドゥラハマネ・チアニ将軍が選出され[15]、憲法の停止が発表された[16]。チアニは国営テレビで国際社会に対して「我が国が課題に対処するうえで必要なあらゆる支援のため、状況を理解してもらいたい」と述べる一方で、介入は「ニジェール人の虐殺と混乱」をもたらすとして牽制した[16]

バズム大統領は監禁下から、アメリカ合衆国の新聞『ワシントン・ポスト』電子版(8月3日付)に寄稿し、クーデターが成立すれば「ニジェールや周辺地域、世界全体に壊滅的な結果をもたらす」と訴えた[17]

反応

編集

西アフリカ諸国経済共同体(ECOWAS)代表でベナン共和国大統領のパトリス・タロンは仲裁に当たる予定だったが、国境の封鎖により断念した[14]

世界銀行[18]アフリカ連合、西アフリカ諸国経済共同体[19]国際連合アルジェリア[20][21]欧州連合、フランス、アメリカ合衆国[22]、ロシアはクーデターを批判し、バズム大統領の即時釈放を要求した。

対照的に、ロシアの民間軍事会社でフランスに代わってイスラーム過激派と戦っているワグネル・グループ代表のエフゲニー・プリゴジンはクーデターを「植民地主義者との戦いの一部」と説明した[23]テレグラムでは、親ロシア政権派の有名コメンテーターがクーデターを支持するコメントを投稿し、ロシアとワグネルが入り込む好機と主張している[14]

2023年8月10日、西アフリカ諸国経済共同体はニジェールへの軍事介入の選択肢を保持することを決定した。これにより、主にナイジェリア軍とセネガル軍から構成されるべき部隊の動員への道が開かれた[24]

同年9月24日、フランスのエマニュエル・マクロン大統領は、年内に駐留軍を撤退させ、駐ニジェール大使も数時間以内にフランスに帰国させると表明した[25][26]

関連項目

編集

脚注

編集

注釈

編集

出典

編集
  1. ^ a b Who is Omar Tchiani, the suspected brain behind Niger coup”. アルジャジーラ (2023年7月27日). 2023年7月28日閲覧。
  2. ^ Niger coup: Why some people want Russia in and France out”. BBC (2023年8月1日). 2023年8月1日閲覧。
  3. ^ a b Coup d'État au Niger : 57 000 soldats chez les putschistes, la France refuse d'intervenir… quelles sont les forces en présence?” (フランス語). Midi Libre (2023年8月6日). 2023年8月6日閲覧。
  4. ^ a b c Niger soldiers say President Bazoum has been removed, borders closed”. フランス24 (2023年7月27日). 2023年7月28日閲覧。
  5. ^ Soldiers arrested in Niger after 'attempted coup'”. フランス24 (2021年3月31日). 2023年7月28日閲覧。
  6. ^ ニジェールで兵士らがクーデターを宣言 大統領を拘束”. BBC (2023年7月27日). 2023年7月28日閲覧。
  7. ^ Niger becomes France’s partner of last resort after Mali withdrawal”. フランス24 (2022年2月18日). 2023年7月28日閲覧。
  8. ^ ニジェールでクーデターか、兵士らが大統領拘束 国境閉鎖”. ロイター通信 (2023年7月27日). 2023年7月28日閲覧。
  9. ^ Niger’s Bazoum ‘held by guards’ in apparent coup attempt”. アルジャジーラ (2023年7月26日). 2023年7月28日閲覧。
  10. ^ Pilling, David (2023年7月26日). “Niger president caught in attempted coup but armed forces rally in support”. Financial Times. オリジナルの2023年7月26日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230726134331/https://www.ft.com/content/1b5c843d-a814-4811-9eb2-0a66880ac779 2023年7月26日閲覧。 
  11. ^ ニジェールで兵士らがクーデターを宣言 大統領を拘束”. BBC (2023年7月27日). 2023年7月28日閲覧。
  12. ^ a b ニジェール軍司令部「クーデターを支持」朝日新聞』夕刊2023年7月28日(社会・総合面)2023年8月13日閲覧
  13. ^ Peter, Laurence (2023年7月27日). “Niger soldiers announce coup on national TV”. BBC. 2023年7月27日閲覧。
  14. ^ a b c ニジェール、与党本部が炎上 クーデター支持者が襲撃”. BBC (2023年7月28日). 2023年7月28日閲覧。
  15. ^ 大統領警護隊長が新指導者 ニジェール、国営テレビが紹介”. kyodo.com. 2023年7月28日閲覧。
  16. ^ a b “ニジェール軍、憲法停止を発表 ロシア国旗掲げるクーデター支持者も”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2023年7月29日). オリジナルの2023年7月29日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20230729024149/https://www.asahi.com/articles/ASR7Y3CDZR7YUHBI004.html 2023年8月7日閲覧。 (新聞紙面は7月30日付国際面)
  17. ^ ニジェール 周辺国の投降要求不発 クーデター側と接触できず」『読売新聞』朝刊2023年8月5日(国際面)2023年8月13日閲覧
  18. ^ World Bank monitoring Niger's political situation, denounces destabilization attempts” (英語). al-Arabiya (2023年7月27日). 2023年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月27日閲覧。
  19. ^ “Niger coup: Ruling party HQ attacked after President Bazoum ousted” (英語). BBC News. (2023年7月27日). https://www.bbc.com/news/world-africa-66324875 2023年7月27日閲覧。 
  20. ^ Algeria strongly condemns coup attempt in Niger-Xinhua”. english.news.cn. 2023年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月27日閲覧。
  21. ^ Tentative de Coup d'Etat au Niger : l'Algérie condamne une «atteinte à l'ordre constitutionnel »” [Coup attempt in Niger: Algeria condemns an "attack on the constitutional order"]. www.aa.com.tr. 2023年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月27日閲覧。
  22. ^ AfricaNews (2023年7月27日). “Niger coup: world leaders react to president's detention” (英語). Africanews. 2023年7月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年7月27日閲覧。
  23. ^ Niger’s president vows democracy will prevail after mutinous soldiers detain him and declare a coup”. AP通信 (2023年7月28日). 2023年7月28日閲覧。
  24. ^ Coup d’État au Niger : la Cedeao confirme l’option militaire” (フランス語). JeuneAfrique.com (2023年8月10日). 2023年9月19日閲覧。
  25. ^ “マクロン大統領、ニジェールから仏軍撤収を表明 アフリカ・対テロ戦略に打撃”. 産経新聞. (2023年9月25日). https://www.sankei.com/article/20230925-6HSIM54OIRK7PGDMVVZDW6IFOA/ 2023年10月24日閲覧。 
  26. ^ “フランス、ニジェール駐留部隊を年内に撤収 大使も帰国”. BBC. (2023年9月25日). https://www.bbc.com/japanese/66899790.amp 2023年10月24日閲覧。