西アフリカ諸国経済共同体

西アフリカ諸国経済共同体(にしアフリカしょこくけいざいきょうどうたい、: Economic Community of West African States: Communauté économique des États de l'Afrique de l'Ouest)は、1975年ラゴス条約に基づき設立された経済共同体。略称は英語でECOWAS、仏語ではCEDEAO

西アフリカ諸国経済共同体の加盟国(緑色) なお、島国のカーボベルデは図中に示されていない

目的編集

関税障壁の撤廃や貿易振興などを通じた経済協力、独立の保障などを通じて、加盟国の経済・生活水準向上や政治的安定を図ることを目的とする。また域内の治安維持、紛争防止などの抑止力及び実際に使用される実力として、一定の統合軍事力を保有。加盟国間の経済統合や政治的協調をさらに推し進めるため、1993年修正西アフリカ諸国経済共同体条約が調印された。

加盟国編集

15ヶ国(アルファベット順)。  ナイジェリア  ガーナ  セネガル  コートジボワールの4ヶ国が指導的地位にあるが、近年の内戦でコートジボワールがこの地位から脱落したともいわれる。

2000年12月モーリタニアが脱退した。また2008年にはギニアが、2009年にはニジェールがクーデターを理由に資格を停止されている。2010年にはコートジボワールが大統領選挙の結果を認めないとして資格を停止された[1]

機構編集

  • 首脳会議:西アフリカ諸国経済共同体の最高意思決定機関。少なくとも年1回開催され、議長国は互選。
  • 委員会:西アフリカ諸国経済共同体の事務局。
  • 閣僚会議:年2回開催。西アフリカ諸国経済共同体の実務的運営を担当。
  • 西アフリカ諸国経済共同体監視団 (平和維持軍、ECOMOG) :域内安定のために各国が編成する統合軍事力。紛争を抱える加盟国に派遣され、紛争予防や平和維持を図る。

本部編集

本部はナイジェリアの首都であるアブジャで三つの建物に分かれていたが、2018年3月に中国の援助で一つに統合した新本部を建設することが決まった[2]

活動編集

1993年西アフリカ経済条約調印される。 2002年10月、コートジボワール内戦の調停に入り、反乱軍のコートジボワール愛国運動 (MPCI) との間に休戦協定が成立した。 2003年以来、リベリアやコートジボワールの紛争に西アフリカ諸国経済共同体監視団 (ECOMOG) を派遣するなど、経済統合より域内での紛争解決の役割が目立っている。

2012年マリにおける軍事クーデターでは、制裁を課した。

2016年12月のガンビア大統領選挙で当選したアダマ・バロウに対してヤヒヤ・ジャメ大統領が政権交代を拒否したことを受け、翌2017年1月にガンビアへの軍事介入を開始してナイジェリアの軍艦(056型コルベット)を展開させ[3]、セネガル、ガーナ、マリ、トーゴ、ナイジェリアの地上部隊も進駐させてジャメ大統領を退陣に追い込んだ[4]

2019年6月29日、ナイジェリアの首都アブジャで首脳会議が行われ、2020年までに共通通貨の導入を目指すとしており、共通通貨の名称を「ECO」にすると決定した[5]。そのうち8カ国はCFAフランを使用していたが、2019年12月21日、8カ国とフランスは、ECO移行後はCFAフラン使用国に課せられている、外貨準備高のうち50%をフランスの管理下に置くという規定から外すことで合意した[6]

2020年8月18日に発生したマリにおける軍事クーデターでは、発生当初からクーデター勢力を非難。大統領や首相など拘束した全員の即時解放を求めるとともに、加盟国がマリとの国境を閉鎖することとした[7]

歴代議長編集

名前 出身国 就任日 退任日
1 ニャシンベ・エヤデマ   トーゴ 1977年 1978年
2 オルシェグン・オバサンジョ   ナイジェリア 1978年 1979年
3 レオポール・セダール・サンゴール   セネガル 1979年 1980年
4 ニャシンベ・エヤデマ   トーゴ 1980年 1981年
5 シアカ・スティーブンス   シエラレオネ 1981年 1982年
6 マチュー・ケレク   ベナン 1982年 1983年
7 セク・トゥーレ   ギニア 1983年 1984年
8 ランサナ・コンテ   ギニア 1984年 1985年
9 ムハンマド・ブハリ   ナイジェリア 1985年 1985年8月27日
10 イブラヒム・ババンギダ   ナイジェリア 1985年8月27日 1989年
11 ダウダ・ジャワラ   ガンビア 1989年 1990年
12 ブレーズ・コンパオレ   ブルキナファソ 1990年 1991年
13 ダウダ・ジャワラ   ガンビア 1991年 1992年
14 アブドゥ・ディウフ   セネガル 1992年 1993年
15 ニセフォール・ソグロ   ベナン 1993年 1994年
16 ジェリー・ローリングス   ガーナ 1994年 1996年7月27日
17 サニ・アバチャ   ナイジェリア 1996年7月27日 1998年6月8日
18 アブドゥルサラミ・アブバカール   ナイジェリア 1998年6月9日 1999年
19 ニャシンベ・エヤデマ   トーゴ 1999年 1999年
20 アルファ・ウマル・コナレ   マリ 1999年 2001年12月21日
21 アブドゥライ・ワッド   セネガル 1989年12月21日 2003年1月31日
22 ジョン・アジェクム・クフォー   ガーナ 2003年1月31日 2005年1月19日
23 タンジャ・ママドゥ   ナイジェリア 2005年1月19日 2007年1月19日
24 ブレーズ・コンパオレ   ブルキナファソ 2007年1月19日 2008年12月19日
25 ウマル・ヤラドゥア   ナイジェリア 2008年12月19日 2010年2月18日
26 グッドラック・ジョナサン   ナイジェリア 2010年2月18日 2012年2月17日
27 アラサン・ワタラ   コートジボワール 2012年2月17日 2014年3月28日
28 ジョン・ドラマニ・マハマ   ガーナ 2014年3月28日 2015年5月19日
29 マッキー・サル   セネガル 2015年5月19日 2016年6月4日
30 エレン・ジョンソン・サーリーフ   リベリア 2016年6月4日 2017年6月4日
31 フォール・ニャシンベ   トーゴ 2017年6月4日 2018年7月31日
32 ムハンマド・ブハリ   ナイジェリア 2018年7月31日 2019年7月29日
33 マハマドゥ・イスフ   ニジェール 2019年7月29日 (現職)

出典編集

外部リンク編集