ABBグループ

スイスの重電メーカー

ABBグループAsea Brown Boveriアセア・ブラウン・ボベリ)は、電力関連、重電、重工業を主たる業とする、スイスに本社を置く多国籍企業で、100カ国以上に進出している。1988年にスウェーデンのアセアとスイスのブラウン・ボベリが合併して成立した。ファナック安川電機クーカと並んで世界4大産業用ロボットメーカーのひとつ[1]。また、低圧産業用モータでは世界No.1である。

ABB (アセア・ブラウン・ボベリ)
ABB Ltd.
ABB logo.svg
種類 株式会社
市場情報 Nasdaq Nordic ABB
略称 ABB
本社所在地 スイスの旗 スイス
チューリッヒ
設立 1988年
業種 機械
事業内容 電力機器、重工業
代表者 最高経営責任者(CEO):ジョー・ホーガン(Joseph Hogan)
資本金 28億ドル(2006年9月時点)
売上高 連結:400億ドル(2011年12月期)
営業利益 46億6700万ドル(2011年12月期)
総資産 413億ドル(2015年12月期)
従業員数 140,400人(2015年時点)
決算期 毎年12月31日
主要株主 インベストール 11.5%
外部リンク http://www.abb.com/
テンプレートを表示

概要編集

ABBは2つの事業部に分かれており、電力技術部門は、送電配電発電所に関する各種製品・システムとサービスを提供している。オートメーション技術部門は工業分野・商業分野向けに自動化システムに関する各種製品・システム・ソフトウェア・サービスを提供している。石油ガス、電力、化学、鉱物、紙パルプの生産のための機械・ロボットなどである。なお、1996年に鉄道システム部門は売却され、アドトランツを経て現在はボンバルディア・トランスポーテーション(本社はドイツのベルリン)の一部となったが、ABBはその後も車両用変圧器等の製造を続け、現在では本格的に鉄道システムの製造に再参入している。また、バルチラの船舶推進部門を傘下においている。

沿革編集

日本との関わり編集

ABB株式会社
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地   日本
141-0032
東京都品川区大崎二丁目1番1号
代表者 代表取締役 松野 晴義
資本金 10億円
売上高 339億4200万円(2019年12月31日時点)[8]
営業利益 26億1900万円(2019年12月31日時点)[8]
経常利益 34億8100万円(2019年12月31日時点)[8]
純利益 37億3800万円(2019年12月31日時点)[8]
純資産 58億1200万円(2019年12月31日時点)[8]
総資産 195億4700万円(2019年12月31日時点)[8]
決算期 12月末日
テンプレートを表示
  • 日本法人「ABB株式会社」は、東京(大崎)に本社を置く。関西支店や、名豊事業所(愛知県豊田市[9]など各地に事業拠点を持つ。このほか以下のグループ会社を持つ[10]
  • ターボシステムズユナイテッド - 過給器の販社(出資母体2社のブランドで販売)。同社(6割)とIHI(4割)の合弁(出資割合…3:2)。
  • ABB日本ベーレー(旧日本ベーレー) - 制御・情報管理システムを主体としたメーカーで、元は旧ベーレー(※同社に買収→合併)の日本法人。現在は同社(51%)・極東貿易(29.4%)・IHI(19.6%)の3社合弁。
  • 日立ABBHVDCテクノロジーズ株式会社 - 日立製作所とABBによる、国内向け高圧直流送電事業に関する合弁会社[11]
  • MSA(旧明電ホイストシステム) - 配電・発変電・送電に関する避雷器関連メーカー。明電舎(55%)と同社(45%)の合弁(出資割合…11:9)。ギャップレス避雷器“ソレスター”のメーカーで知られる[12]。2012年に合弁を解消し(ABBの資本撤退)、2013年に明電舎に吸収合併。

その他(映画出演)編集

  • ターミネーター4」(マックG監督)にはABBの産業用ロボットが出演している[13]
  • 自動車レースのフォーミュラEでは、2017 - 2018シーズンの途中よりシリーズ全体の冠スポンサーとなっている[14]
  • 米国のスタートアップにてピザを焼くロボットとして活躍している。2020年2月25日 米国ニューヨークタイムズ

脚注編集

  1. ^ 産業用ロボット世界一は日本の地方企業”. 朝日学情ナビ (2013年7月18日). 2017年3月25日閲覧。
  2. ^ ABB ABB ロボティクスについて - ロボティクス”. ABB. 2016年7月28日閲覧。
  3. ^ ABB moves robotics HQ to Shanghai”. Chinadaily (2006年4月5日). 2016年7月28日閲覧。
  4. ^ スイスのABB、米パワーワン買収で合意 太陽発電事業強化へ”. ロイター (2013年4月23日). 2017年3月25日閲覧。
  5. ^ ABB acquires Gomtec to expand collaborative industrial robot offering” (英語). Oil & Gas Technology (2015年4月14日). 2017年3月25日閲覧。
  6. ^ ABB、ケーブル事業をNKTケーブルズ社へ売却”. ABB (2016年9月21日). 2017年3月25日閲覧。
  7. ^ 日立、ABBの事業を7000億円で買収発表” (日本語). 日本経済新聞 電子版. 2019年8月5日閲覧。
  8. ^ a b c d e f ABB株式会社 第21期決算公告
  9. ^ 日欧ロボット大手の陣取り合戦、ABBは豊田市にPR施設日本経済新聞ニュースサイト(2018年6月4日)2018年6月9日閲覧。
  10. ^ ABBジャパン 事業所・営業所”. ABB. 2017年3月25日閲覧。
  11. ^ 日立とABBの国内向け高圧直流送電事業に関する合弁会社 日立ABBHVDCテクノロジーズ株式会社が営業開始 (PDF)”. 日立製作所、ABB (2015年10月15日). 2017年3月25日閲覧。
  12. ^ ギャップレス避雷器・ソレスターは明電舎の登録商標である。
  13. ^ ABBの産業用ロボット、映画「ターミネーター4」に出演!”. ABB. 2016年7月28日閲覧。
  14. ^ フォーミュラE:オートメーション技術大手『ABB』がシリーズの冠スポンサーに就任 - オートスポーツ・2018年1月10日

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集