メインメニューを開く

AFCアジアカップ1988は、第9回目のAFCアジアカップであり、アジア各国の代表チームによって争われるサッカーの大会である。本大会は、1988年12月2日から同年12月18日にかけて行われ、サウジアラビアが優勝を決めた。

AFCアジアカップ1988
كأس الأمم الآسيوية لكرة القدم 1988
大会概要
開催国 カタールの旗 カタール
日程 1988年12月2日 - 12月18日
チーム数 10 (AFC連盟)
開催地数(1都市)
大会結果
優勝  サウジアラビア (2回目)
準優勝  韓国
3位  イラン
4位  中国
大会統計
試合数 24試合
ゴール数 40点
(1試合平均 1.67点)
得点王 大韓民国の旗 李泰昊(3点)
最優秀選手 大韓民国の旗 金鋳城
 < 19841992

なお日本はこの大会でアジアカップ初出場を果たしたが、国内リーグを優先するという日本サッカー協会の判断で大学生主体のB代表で参加し、1次ラウンド1分3敗の最下位で敗退という結果に終わっている。

予選編集

20か国がエントリー、4つのグループに分かれ、各グループ上位2か国(計8か国)が本大会への出場権を得る。

出場国編集

他に予選を勝ち抜いた8か国を加え、計10か国が参加した。

会場編集

ドーハ ドーハ
アル・アリ競技場 カタールSCスタジアム
収容人員: 20,000人 収容人員: 20,000人
   

本大会編集

時刻はすべてカタール時間(UTC+3)

1次ラウンド編集

1組編集

チーム 勝点 得点 失点
  韓国 8 4 4 0 0 9 2 +7
  イラン 5 4 2 1 1 3 3 0
  カタール 4 4 2 0 2 7 6 +1
  アラブ首長国連邦 2 4 1 0 3 2 4 -2
  日本 1 4 0 1 3 0 6 -6



イラン   2 – 0   カタール
バヴィ   6分
ピウス   89分
レポート
アル・アリ競技場ドーハ
観客数: 20,000人
主審:   Michel Vautrot


イラン   0 – 0   日本
レポート
カタールSCスタジアムドーハ
観客数: 4,000人
主審:   Samuel Chan


韓国   2 – 0   日本
黄善洪   13分
金鋳城   35分
レポート
カタールSCスタジアムドーハ
主審:   Salah Mohammed


カタール   2 – 3   韓国
サルマン   47分 (pen.)80分 (pen.) レポート 鍾海元   10分72分
金鋳城   34分
カタールSCスタジアムドーハ
主審:   George Courtney


韓国   3 – 0   イラン
辺炳柱   26分57分
黄善洪   42分
レポート
アル・アリ競技場ドーハ
観客数: 5,000人
主審:   Neji Jouini

日本   0 – 3   カタール
レポート カミス   58分82分
ムフタハ   90分
アル・アリ競技場ドーハ
主審:   Yusuf Namoğlu

2組編集

チーム 勝点 得点 失点
  サウジアラビア 6 4 2 2 0 4 1 +3
  中国 5 4 2 1 1 6 3 +3
  シリア 4 4 2 0 2 2 5 -3
  クウェート 3 4 0 3 1 2 3 -1
  バーレーン 2 4 0 2 2 1 3 -2



中国   3 – 0   シリア
高升   13分
謝育新   14分19分
レポート
カタールSCスタジアムドーハ
主審:   Mohamed Hansal







準決勝編集

韓国   2 – 1 (a.e.t.)   中国
李泰浩   93分103分 レポート 麦超   100分
カタールSCスタジアムドーハ
観客数: 1,000人
主審:   Vincent Mauro

サウジアラビア   1 – 0   イラン
アブドゥラ   16分 レポート
カタールSCスタジアムドーハ
観客数: 17,000人
主審:   George Courtney

3位決定戦編集

決勝編集

最終結果編集

 AFCアジアカップ1988優勝国 
 
サウジアラビア
2大会連続2度目

外部リンク編集