メインメニューを開く

アルターボーイズ』(: ALTAR BOYZ)は、アメリカ合衆国ミュージカル・コメディ作品である。ゲイリー・アドラーとマイケル・パトリック・ウォーカーが作詞および作曲を行ない、マーク・J・ケスラーとケン・デイヴンポートの考案を基にケヴィン・デル・アギラが脚本を執筆した。オハイオ州出身の架空のクリスチャンボーイ・バンドを中心に、ボーイ・バンド現象、コンテンポラリー・クリスチャン・ミュージックの人気などを風刺を交えて描いている。2005年3月1日、オフ・ブロードウェイで開幕し、16回プレビュー公演ののち、2,032回の本公演が上演され、2010年1月10日、閉幕した。オフ・ブロードウェイで9番目のロングラン公演の記録を持っている。

アルターボーイズ
Altar Boyz
作曲 ゲイリー・アドラー英語版
マイケル・パトリック・ウォーカー英語版
作詞 ゲイリー・アドラー
マイケル・パトリック・ウォーカー
脚本 ケヴィン・デル・アギラ
上演 2004年、ニューヨーク・シアター・フェスティバル
2005年、オフ・ブロードウェイ
2007年-2009年、全米ツアー
韓国
ハンガリー
2007年、シカゴ・レジデント・プロダクション
2009年、セレブレーション・シアター・プロダクション
テンプレートを表示

目次

概要編集

オハイオ州出身のボーイ・バンドがアメリカの保守風潮、マイノリティ問題を知性的な比喩を含ませながら、ロックありポップありバラードありヒップホップありラテンありのミュージックに乗せて生まれたポップ・ミュージカル。

2004年にて初演を迎え大ヒットし、2010年1月10日をもって閉幕となるまでに2000回以上も上演され、オフ・ブロードウェイにおいて歴代9位のロングラン作品であり、2005年には「ベストオブ・オフ ブロードウェイ賞」を受賞。

現在[いつ?]でもアメリカ国内含め、各地で地方公演が行われているほか、今日まで[いつ?]日本を含む世界各国にて上演されている演目である。

概略編集

5人組のボーイ・バンドである「アルター・ボーイズ」が解散全米コンサート「レイズ・ザ・プレイズ」を行なう。メンバーのマシュウ、マーク、ルーク、フアンの4名は聖書に登場する人物から名付けられたとされる。残りの1人のエイブラハムはオープニング曲の中でユダヤ人であると紹介される。会場によってご当地ネタを語り、ボーイ・バンドのスタイルのダンスを踊りながら持ち歌を歌う。コンサートを通してグループの悩み、起源、メンバー個々人の強さや弱さが露見する。

舞台上に「ソウル・センサーDX-12」が設置され、劇場内のソウルの数量が表示される。数量を減らし、コンサート最後にゼロになるのを目指す。

プロダクション編集

スタフォード・アリマが演出、クリストファー・ガテリが振付を担当し、2004年9月、ニューヨーク・ミュージカル・シアター・フェスティバルの一環としてニューヨークにある47番街劇場で初演された。シャイアン・ジャクソンがマシュウ役、タイラー・メイナードがマーク役、アンディ・カールがルーク役、ライアン・ダンカンがフアン役、デイヴィッド・ジョセフスバーグがエイブラハム役を演じた。マーク・カディシュが曲『G.O.D 』の事前レコーディングを行なった。数週間のフェスティバル中、8回上演された。

2005年3月1日、オフ・ブロードウェイのドジャー・ステージ(現ニュー・ワールド・ステージ)のステージ4で16回プレビュー公演後、本公演が開幕した[1]。フェスティバルとほぼ同じ出演者であったが、スコット・ポーターがマシュウ役を演じ、シャドー・スティーヴンスが『G.O.D 』の事前レコーディングを行なった。2,032回上演ののち、2010年1月10日に閉幕し、オフ・ブロードウェイで9番目のロングラン公演となった[2]。閉幕時の公演はマイケル・カディン・クレイグがマシュウ役、とラヴィス・ネスビットがマーク役、リー・マーカムがルーク役、マウリシオ・ペレスがフアン役、ラヴィ・ロスがエイブラハム役を演じた。

2007年から2009年、全米ツアー公演が行なわれたほか、シカゴ韓国ハンガリーフィンランドオーストラリアフィリピン、日本のプロダクションによる公演のほか、地方劇団など多くのアマチュア・プロダクションでも上演されている。2013年、アデレイド・フリンジ・フェスティバルの一部として上演された。

日本での公演編集

2009年編集

「ALTAR BOYZ:アルターボーイズ」というタイトルで2009年2月10日から22日に新宿FACEにて上演。

キャスト

2010年編集

「ALTAR BOYZ」というタイトルで2010年11月16日から28日に新宿FACE、12月4日に梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ、12月6日に日本特殊陶業市民会館、12月10日・11日に新宿BLAZEにて上演。

キャスト
※ダブルキャスト制

2012年編集

「ALTAR BOYZ 2012」というタイトルで2012年1月28日から2月24日に新宿FACE、2月18日に森ノ宮ピロティホール、2月25日・26日に新宿BLAZEにて上演。

キャスト
※トリプルキャスト制の混合公演。

2014年編集

ALTAR BOYZ RED編集

2014年11月21日から30日に新宿FACEにて上演。

キャスト

ALTAR BOYZ LEGEND編集

2014年11月24日から12月8日に新宿FACEにて上演。

キャスト
※一部ダブルキャスト

  • 植木豪
  • 小林遼介
  • 中河内雅貴
  • 森新吾
  • 東山義久
  • 良知真次

ALTAR BOYZ TOUR編集

2014年12月10日に名鉄ホール、12月13日・14日に松下IMPホールにて上演。

キャスト

名古屋公演
  • 植木豪
  • 小林遼介
  • 中河内雅貴
  • 東山義久
  • 良知真次
大阪公演
  • 12月13日
    • 植木豪
    • 中河内雅貴
    • 東山義久
    • 森新吾
    • 良知真次
  • 12月14日
    • 植木豪
    • 小林遼介・森新吾[3]
    • 中河内雅貴
    • 東山義久
    • 良知真次

2017年編集

日本版編集

「ALTAR BOYZ」というタイトルで2017年2月3日から2月16日に新宿FACE、2月18日に森ノ宮ピロティホール、2月24日から26日にステラボール(合同公演)にて上演。

キャスト
※ダブルキャスト制

  • Team Gold(2017年2月3日 - 14日・24日 - 26日)
    • 大山真志
    • 法月康平
    • 松浦司
    • 常川藍里
    • 石川新太
  • Team Legacy(2017年2月6日 - 16日・18日・24日 - 26日)
    • 東山義久
    • 植木豪
    • 中河内雅貴
    • 森新吾
    • 良知真次

韓国版編集

「ALTAR BOYZ」というタイトルで2017年8月25日~27日、9月15日・16日に舞浜アンフィシアターにて上演。[4]

キャスト
2017年8月25日(金)~8月27日(日)全6回公演

2017年9月15日(金)・9月16日(土)全4回公演

2018年編集

韓国版編集

「ALTAR BOYZ」というタイトルで2018年8月24日~26日に舞浜アンフィシアターにて上演。[5]

キャスト
2018年8月24日(金)~8月26日(日)全8回公演

Aチーム

Bチーム

2019年編集

日本上演10周年公演「ALTAR BOYZ 2019」というタイトルで2019年3月20日から4月7日まで新宿FACEにて上演。
キャスト
ダブルキャスト制※一部トリプルキャスト(team SPARKの公演は日替わり)

team GOLD team SPARK
マシュー 大山真志 良知真次
マーク 法月康平 金井成大
北乃颯希
ファン 松浦司 観修寺玲旺
米原幸佑
エイブラハム 常川藍里 反橋宗一郎
和田泰右
ルーク 石川新太 川原一馬
山本準也

楽曲編集

受賞歴編集

  • 海外批評家サークル賞オフ・ブロードウェイ・ミュージカル作品賞 (受賞)
  • ドラマ・デスク・アワード・ミュージカル作品賞 (ノミネート)
  • ドラマ・デスク・アワード・ミュージカル助演男優賞 (タイラー・メイナード、ノミネート)
  • ドラマ・デスク・アワード振付賞 (クリストファー・ガテリ、ノミネート)
  • ドラマ・デスク・アワード音楽賞 (ゲイリー・アドラー&マイケル・パトリック・ウォルカー、ノミネート)
  • ドラマ・デスク・アワード作詞賞 (ゲイリー・アドラー&マイケル・パトリック・ウォルカー、ノミネート)
  • ドラマ・デスク・アワード・ミュージカル脚本賞 (ケヴィン・デル・アギラ、ノミネート)
  • ドラマ・デスク・アワード編曲賞 (ダグ・カッサロ&リン・シャンケル、ノミネート)
  • ルシル・ローテル・アワード・ミュージカル作品賞 (ノミネート)
  • ルシル・ローテル・アワード振付賞 (クリストファー・ガテリ、受賞)
  • ルシル・ローテル・アワード助演男優賞 (タイラー・メイナード、ノミネート)
  • ルシル・ローテル・アワード音響デザイン賞 (サイモン・マシュウズ、ノミネート)
  • ドラマ・リーグ・アワード・ミュージカル・プロダクション賞 (ノミネート)
  • ドラマ・リーグ・アワード・パフォーマンス賞 (ライアン・ダンカン、デイヴィッド・ジョセフスバーグ、アンディ・カール、タイラー・メイナード、スコット・ポーター、ノミネート)
  • シアター・ワールド・アワード (タイラー・メイナード、受賞)

キャスト・レコーディング編集

2005年3月、レコーディングされ、5月17日、ゴーストライト・レコードからキャスト・レコーディングがリリースされた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ "Altar Boyz" at Lortel Archives--The Internet Off-Broadway Database”. 2006年10月22日閲覧。
  2. ^ "Altar Boyz to close Off Broadway." theatermania.com, December 4, 2009
  3. ^ 事前の発表ではこの2名はシークレットキャストとして出演が伏せられていた。
  4. ^ 公演ヒストリー 2017”. SHIN'S WAVE (--). 2019年8月13日閲覧。
  5. ^ 2PM チャンソン&TEENTOPのNIELら出演ミュージカル「ALTAR BOYZ」8月に日本で再演決定!”. Kstyle (2018年5月11日). 2019年8月13日閲覧。

外部リンク編集

  この「ALTARBOYZ」は、舞台芸術に関連した書きかけ項目ですが、内容が不十分です加筆・訂正必要ですPortal:舞台芸術)。項目削除の対象である場合もあります。