メインメニューを開く

Apple Pay

アップルのモバイル決済サービス

Apple Pay(アップル ペイ)とは、アップルの電子財布及び非接触型決済サービスである。

Apple Pay
Apple Pay logo.svg
開発元 アップル
初版 2014年10月20日(4年前) (2014-10-20
対応OS iOS 8以降
watchOS
プラットフォーム 店舗決算(NFC決算)・オンライン決済(Webおよびアプリ上)
2014年以降発売の全iPhone(iPhone 6以降)、歴代の全Apple Watch
オンライン決済のみ(Webおよびアプリ上)
2014年以降発売の全iPadシリーズ(iPad Air 2, iPad mini 3以降)、Macシリーズ
ライセンス プロプライエタリ・ソフトウェア
公式サイト www.apple.com/jp/apple-pay/
テンプレートを表示

利用者が所持するアップル社製モバイル端末に主にクレジットカードなどのカードを登録し、利用時に店舗側の既存の非接触対応端末を用いる[1]

サービス編集

利用者のクレジットカードデビットカードのEMV、または磁気ストライプカードクレジットカードの番号情報を、利用者モバイル端末に保存する。これらはiOSアプリの「Wallet」で管理する。

これを店舗側の非接触信用照会端末で読み取って認証・決済される。原理上は多くの国家で利用されている「非接触支払いの複要素認証版」に近く、近距離無線通信を用いて、iPhoneに搭載されている生体認証技術である、Touch ID[2]、若しくは、Face ID[3]と、暗号化された支払情報を受信している[4]

利用時は「自動セキュリティコード[...]が各取引で生成しました」表示が生成されるが[4]、これは利用履歴でないので、利用者・ベンダー・銀行間で共有されず、利用者の支払い情報は、販売店に知られることはない。iPhoneを探す機能経由で、サービスを停止できる[4]

利用者が、Touch IDセンサーで指紋での生体認証、またはFace IDセンサーででの生体認証、またはApple Watch端末をダブルクリックすることで支払いされる[4][5]。支払いの方法はiTunes決済用口座からの引き落とし、またはApple Pay決済用に端末に連携させた(カードの撮影、カード情報の手入力、Suica情報の吸い上げのいずれか)クレジットカード・プリペイドカードから選べる。

利用者が所持するクレジットカードを、Apple端末に登録しNFC A/Bコンタクトレス決済可能とすれば、世界でシームレスに利用可能である。ただし各国で発行されているクレジットカードで連携し登録できることの条件として、当事国でのサービス開始をアナウンスしている。

イギリスでは、単要素認証式非接触カード決済は30ポンド(2015年8月までは20ポンド)に制限されているが、Apple Payの複要素認証には制限規程はなく、取扱事業者が最新の非接触仕様に対応している場合は、20〜30ポンドの制限を受けなくなった[6][7][8]

Appleは、不正使用時に一部責任を負う[4]Financial Timesによると、アップルの手数料はアメリカ合衆国では0.15%であり[9] 、イギリスではさらに低い。 これは欧州経済領域の2015年6月8日から発効した、クレジットカード0.3%、デビットカード0.2%規程が影響している[10][11]

モバイル端末対応機種編集

iPhone 11 ProiPhone 11 Pro MaxiPhone 11iPhone XSiPhone XS MaxiPhone XRiPhone XiPhone 8iPhone 8 PlusiPhone 7iPhone 7 PlusiPhone 6siPhone 6s PlusiPhone SEiPhone 6iPhone 6 PlusiPad Air 2iPad (第5世代)iPad ProiPad mini 3iPad mini 4が対応する。

また、Apple Watch経由で、iPhone 5iPhone 5ciPhone 5sが対応する[4][12]

日本編集

2016年10月の日本でのサービスインに当たっては、日本で普及している非接触型決済向け近距離無線通信規格であるFeliCa方式を用いた。サービスイン当初は日本向けiPhone 7 / iPhone 7 Plus及びApple Watch Series 2で対応し、FeliCaモジュールが非搭載である世界版iPhone 7 / 7 Plusでは、日本国内においてApple Payは利用できない事となった。

なお、インターネット決済など、近距離無線通信を必要としないサービスについては、iOS 10.1にアップデートしたiPhone 6以降の端末でも対応した[13]

Android端末における同種のサービスであるGoogle Pay(日本版)とは異なり、日本版のApple Payは「おサイフケータイ」をベースとはしていない。このためFeliCaモジュールが全世界モデルにおいて標準搭載されたiPhone 8以降の端末であれば、日本国外で販売されたiPhoneであっても日本国内においてApple Payを利用することが可能である。

日本で発行するクレジットカードは、FeliCa規格の非接触型決済プラットフォームであるiD[14]およびQUICPay[15]のいずれかに紐付け可能なものに限られ、それぞれの取扱店で利用可能となった。しかし、UCカードグループ各社など一部のカード会社はApple Payには非対応であるほか、リクルートカードのように一部の国際ブランドのみ対応という例もある(2019年9月現在)。また、Suicaの情報を読み込ませることで、交通系IC乗車カードでのモバイルSuica乗車券機能、および電子マネー決済にも対応した[16]

Suicaサービスを利用するに当たって、アップルは自動改札機通過時にTouch ID/Face IDによる生体認証が不要となる「エクスプレスカードモード」を導入している。なお、Apple Pay版のSuicaはシステム的には、Suicaの携帯電話向けサービスであるモバイルSuicaとは異なるが、Suicaを提供するJR東日本では「既存のモバイルSuicaで提供しているサービス(モバイルSuica特急券など)が使えるようになる」と説明している[17]

EMVコンタクトレス決済編集

2017年9月からは、日本でも各国と同様に、クレジットカードが対応していれば、世界で普及しているそのEMVコンタクトレス決済機能(FeliCaではなくNFC A/B利用)をiPhone7以降のモバイル端末へ登録・利用可能となった[18]

これにより、日本独自のiD/QUICPayのFeliCa決済に加え、EMVコンタクトレス決済も、日本および世界で利用可能となった[19]

各国でのサービス開始日編集

[20]

各国でのサービス開始日
日付 国と地域
2014年10月20日 (2014-10-20)   アメリカ合衆国[21]
2015年7月14日 (2015-07-14)   イギリス[22]
2015年11月17日 (2015-11-17)   カナダ[23]
2015年11月19日 (2015-11-19)   オーストラリア[24]
2016年2月18日 (2016-02-18)   中華人民共和国[25]
2016年4月19日 (2016-04-19)   シンガポール[26]
2016年7月7日 (2016-07-07)   スイス[27][28][29][30]
2016年7月19日 (2016-07-19)   フランス[28][31][32]
2016年7月20日 (2016-07-20)   香港[33][34][35]
2016年10月4日 (2016-10-04)   ロシア[36]
2016年10月13日 (2016-10-13)   ニュージーランド[37]
2016年10月25日 (2016-10-25)   日本[38]
2016年12月1日 (2016-12-01)   スペイン[39][40]
2017年3月7日 (2017-03-07)   アイルランド[41]
2017年3月29日 (2017-03-29)   中華民国 (台湾)[42]
2017年5月17日 (2017-05-17)   イタリア
  サンマリノ
  バチカン
2017年10月24日 (2017-10-24)   デンマーク
  フィンランド
  スウェーデン
  アラブ首長国連邦
2018年4月4日 (2018-04-04)   ブラジル
2018年5月17日 (2018-05-17)   ウクライナ
2018年6月19日 (2018-06-19)   ポーランド
2018年6月20日 (2018-06-20)   ノルウェー
2018年11月28日 (2018-11-28)   ベルギー
  カザフスタン
2018年12月11日 (2018-12-11)   ドイツ
近刊   サウジアラビア

脚注編集

  1. ^ Turner, Adam (September 10, 2014).
  2. ^ iPhone 8 Plus以前
  3. ^ iPhone X
  4. ^ a b c d e f Jeffries, Adrianne (September 9, 2014).
  5. ^ D'Orazio, Dante (September 9, 2014).
  6. ^ "About Apple Pay for merchants in the UK".
  7. ^ Titcomb, James (June 24, 2015).
  8. ^ Apple Pay - Apple (UK)
  9. ^ Fiveash, Kelly (September 13, 2014).
  10. ^ Arnold, Martin (July 14, 2015).
  11. ^ "Regulation (EU) 2015/751 of the European Parliament and of the Council of 29 April 2015 on interchange fees for card-based payment transactions".
  12. ^ "Clever trick will safeguard Apple Watch from thieves".
  13. ^ “Apple Pay、iPhone 7と共に日本に登場” (プレスリリース), Apple.inc, (2016年9月7日), http://www.apple.com/jp/pr/library/2016/09/07Apple-Pay-Coming-to-Japan-with-iPhone-7.html 2016年9月13日閲覧。 
  14. ^ ドコモが推進する「iD」および「dカード」のApple Payへの対応開始について - NTTドコモ 2016年9月8日
  15. ^ JCB、Apple Payへの対応を開始 - JCB 2016年9月8日
  16. ^ SuicaがApple Payに対応します - JR東日本 2016年9月8日
  17. ^ 新型iPhoneがついに「スイカ」機能を搭載”. 東洋経済新報社 (2016年9月8日). 2016年9月8日閲覧。
  18. ^ JCB、iOS 11に隠されたApple Payの新機能:モバイル決済最前線 - engadget 2017年9月21日
  19. ^ 登録後、アプリ上でデバイスアカウント番号を確認すると、「iD/QUICPay」に加えて「国際カードブランド名」が表示され、EMVコンタクトレス決済が登録済みとなる。「「QUICPayそれともiD?」「Suicaチャージは?」Apple Pay対応早見表とApple Pay対応おすすめクレジットカード(2019.6.28閲覧)」より。
  20. ^ [1]
  21. ^ Apple Pay - Apple
  22. ^ Apple Pay - Apple (UK)
  23. ^ Apple Pay - Apple (CA)
  24. ^ Apple Pay - Apple (AU)
  25. ^ Apple Pay - Apple (中国)
  26. ^ Apple Pay - Apple (SG)
  27. ^ "Apple Pay ist ab sofort verfügbar in der Schweiz — macprime.ch News". www.macprime.ch.
  28. ^ a b Apple cranks up heat on PayPal by finally bringing Apple Pay to websites Digital Trends
  29. ^ Apple Pay - Apple (CH)
  30. ^ Apple Pay - Apple (CH)
  31. ^ Clover, Juli.
  32. ^ Apple Pay - Apple (FR)
  33. ^ "Apple Pay Available in Hong Kong on 20 July".
  34. ^ Apple Pay - Apple (CH)
  35. ^ Apple Pay - Apple (香港)
  36. ^ Apple Pay - Apple (RU)
  37. ^ Apple Pay - Apple (NZ)
  38. ^ "Apple Pay まもなく登場".
  39. ^ https://techcrunch.com/2015/10/27/apple-pay-hitting-canada-and-australia-in-2015-spain-and-more-in-2016/. 
  40. ^ Apple Pay - Apple (ES)
  41. ^ Apple Pay - Apple (IE)
  42. ^ Apple Pay - Apple (台灣)

関連項目編集

外部リンク編集