メインメニューを開く
B'z > 作品リスト > B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"

B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』(ビーズ・ライブジム・ツーサウザンドシックス・モンスターズ・ガレージ)は、日本ロックユニットB'zの映像作品(7作目のDVD)。 後にBlu-ray Discでも発売された。

B'z LIVE-GYM 2006
"MONSTER'S GARAGE"
B'zライブ・ビデオ
リリース
録音 2006年7月2日 - 8月29日
ジャンル ロック
ブルース
時間
レーベル B-VISION
プロデュース 松本孝弘
チャート最高順位
B'z 映像作品 年表
Typhoon No.15 〜B'z LIVE-GYM The Final Pleasure "IT'S SHOWTIME!!" in 渚園〜
2004年
B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
(2006年)
B'z LIVE in なんば
2008年
テンプレートを表示
場所
関連アルバム MONSTER
初日 2006年7月2日
最終日 2006年8月29日
公演数 全17公演
B'z LIVE-GYM 2005 "CIRCLE OF ROCK"
2005年
B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"
(2006年)
B'z LIVE-GYM 2008 "ACTION"
2008年

概要編集

15thアルバム『MONSTER』を引っ提げ、2006年7月2日8月29日に行われたアルバムツアー『B'z LIVE-GYM 2006 "MONSTER'S GARAGE"』から東京公演を中心に収録。本ツアーはこれまでのスタッフが一新され、加えて諸事情により通常では考えられないほど時間がなかったと証言している。曲順や構成はこれまでのパターンから大きく変わり、前年までの大掛かりな演出ではなく、演奏に重点が置かれた内容になっている。メンバー曰く「手作りコンサートだった」とコメントした。

今作のディレクターは「IT'S SHOWTIME!!」、「SPLASH!」のPVを手がけた映像クリエイターのライオネル・コールマンであり、これまでの映像作品とは質感が大きく異なる。手ブレを多用したカメラワーク、楽曲のリズムに合わせた細かいカット割など、ディレクターの個性が強く出たスタイリッシュな映像になっている。ライオネル自身は「会場で実際に見ているようなエキサイティングな感じを出したかった」とコメントし、松本は「今までの作品とは全然違う」と、稲葉は「ライブのドキュメントを見ている感じ」と評している。なお、映像の流れを重視したため、MCは大幅にカットされている。また、日替わりで演奏していた「ZERO」[1]と「IT'S SHOWTIME!!」、松本のソロ「スモーク・オン・ザ・ウォーター」も未収録。

今ツアーと並行して、約9年ぶりのファンクラブイベント「B'z Treasure Land」が同時開催されており、その様子は「OFF LIMITS」に少し収録されている。

本作のカラー広告が、2006年12月17日付の読売新聞朝日新聞の朝刊に、2面に及んで掲載された。 DISC 3を除く、収録曲の視聴用のQRコードが記載されていた。

本作から、VHSは発売されなくなった。

15thアルバム『MONSTER』からは、「ケムリの世界」と「無言のPromise」の二曲が未演奏となっている。

収録会場編集

演奏編集

メンバー編集

サポート・メンバー編集

収録映像曲編集

DISC 1編集

  1. ALL-OUT ATTACK
    アルバムと同様に一曲目である。冒頭の「Welcome to the MONSTER'S GARAGE」の叫び声は、シェーンが担当。
  2. juice
    これまでのライブでは、後半の起爆剤だった。日替わりで、「ZERO」が演奏されており、アルバムツアーでは『B'z LIVE-GYM 2002 "GREEN 〜GO★FIGHT★WIN〜"』以来、4年振りの演奏となった。
    イントロは冒頭部分が省略された。また、序盤での演奏のため、恒例のコール&レスポンスはない。
  3. ピエロ
    演奏前の「B'zのLIVE-GYMにようこそ!!」も日替わりで3パターン用意されていた。
  4. ネテモサメテモ
    稲葉のブルースハープから曲がスタート。一部に、コーラスの大田紳一郎のソロパートがある。
  5. ゆるぎないものひとつ
  6. 恋のサマーセッション
    B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN"』以来となる女性ダンサーが登場し、女子高生風の衣裳。松本がストラトキャスターを使用するのは『B'z LIVE-GYM'99 "Brotherhood" -EXTRA-』以来7年ぶり。ちなみに、そのギターの名前は「Sadowsky Black」。
  7. MVP
    チアリーダーに扮した女性ダンサーが登場。「恋心(KOI-GOKORO)」以来となる、大掛かりな振り付けが行われた。
  8. BAD COMMUNICATION
    アルバムツアーでは、『B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"』以来、6年振りの演奏。
    キーを『B'z LIVE-GYM Pleasure'95 "BUZZ!!"』の時と同じく上げて演奏した。
    2コーラス目がカットされたショート・バージョンで披露し、ラストは稲葉のシャウトからそのまま次曲に繋がる。
  9. ultra soul
    前曲からのメドレー。イントロの冒頭部分がカットされた他、ギターソロなどで一部アレンジが変更されている。
  10. TAK'S SOLO〜雨だれぶるーず
    松本が披露しているのは、ジェフ・ベックの「哀しみの恋人達 (Cause We've Ended As Lovers)」(松本のソロプロジェクトであるRock'n Roll Standard Club Bandのアルバム「Rock'n Roll Standard Club」でもカバー)。また、日替わりでディープ・パープルの「スモーク・オン・ザ・ウォーター (Smoke On The Water)」も披露。
  11. Happy Birthday
    センターステージに移動。メンバー6人によるアコースティック・バージョン。映像ではカットされているが、演奏前にメンバー全員によるトークコーナー(質問コーナー)が行われていた。
  12. Brotherhood
    アルバムツアーでは、『B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"』以来、6年振りの演奏となった。
    歌詞の一部を変えて演奏した。
  13. BLOWIN'
    アルバムツアーでは、『B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN" -Intermission-』以来、5年振りの演奏となった。
    エンディング部分で、再びメインステージへ。
  14. OCEAN

DISC 2編集

  1. MONSTER
    モンスターパペットが登場。
  2. 衝動
    MONSTER』に収録されている"MONSTER MiX"で演奏した。
  3. 愛のバクダン
    前曲からのメドレー。特効と共に、モンスターが蝶に変貌。
  4. LOVE PHANTOM
    アルバムツアーでは、『B'z LIVE-GYM 2001 "ELEVEN" -Extra-』以来、5年振りの演奏となった。
    イントロのストリングス部分がカットされている。
  5. SPLASH!
    イントロで、短めのコール&レスポンスを行った後、そのまま演奏がスタートし、紙吹雪が発射された。
    スクリーンの手前でダンサーが踊っている。
  6. 明日また陽が昇るなら
    本編ラスト曲。演奏前にアルバムに関するMCが入る。
  7. ギリギリchop
    ここからアンコール。
    ジャム・セッションからスタート。
    アルバムツアーでは、『B'z LIVE-GYM 2003 "BIG MACHINE"』以来、3年振りの演奏となった。
    日替わりで、「IT'S SHOWTIME!!」が演奏されていた。
  8. RUN
    MCの後に演奏。
    アルバムツアーでは、『B'z LIVE-GYM '99 "Brotherhood"』以来、6年振りの演奏となった。
    スクリーンには、ファンクラブイベント「Treasure land」で上映された映像が流された。
    アウトロで稲葉がステージを降り、アリーナの外周を走った。

スタッフロールはメンバーの退場時に流され、エンディングSEとして「BUDDY」の原曲が流されていた。

DISC 3編集

  1. 「OFF LIMITS 〜HOW TWO MEN CREATED A MONSTER〜」
    ツアーを追ったドキュメンタリー。メンバー2人だけでなく、舞台監督などのスタッフや会場に来たファンのインタビューも収録されており、そのファンのインタビューには、BREAKERZ結成前のSHINPEIが登場している。なお、メニュー画面は2種類あり、どちらかがランダムに流れるようになっている。

脚注編集

  1. ^ ただし、「OFF LIMITS 〜HOW TWO MEN CREATED A MONSTER〜」に、リハーサルで演奏されている映像が少し挿入されている。