メインメニューを開く

CINEX

日本の岐阜県岐阜市にある映画館

CINEX(シネックス)は、岐阜県岐阜市柳ヶ瀬地区にある映画館。スクリーン数は4スクリーンだが、シネマコンプレックスを自称している。

CINEX
CINEX.JPG
春を背負って』(監督木村大作)上映時
2014年7月16日撮影)
情報
正式名称 CINEX
旧名称 岐阜東宝劇場
岐阜松竹地下劇場
開館 1995年
収容人員 (4スクリーン)639人
延床面積 5,700[1]
設備 ドルビーデジタル5.1ch、DLP
用途 映画上映
運営 岐阜土地興業株式会社
所在地 500-8876
岐阜県岐阜市日ノ出町2-20 CINEXビル内
位置 北緯35度25分6.5秒 東経136度45分29.7秒 / 北緯35.418472度 東経136.758250度 / 35.418472; 136.758250座標: 北緯35度25分6.5秒 東経136度45分29.7秒 / 北緯35.418472度 東経136.758250度 / 35.418472; 136.758250
アクセス 名鉄名古屋本線各務原線名鉄岐阜駅より徒歩11分
外部リンク http://www.tochiko.co.jp/

岐阜タカシマヤの東側向かいに位置し、ぎふアジア映画祭の会場になることもある。

歴史編集

前身は1956年6月にオープンした東宝系封切館「岐阜東宝」。地下にも松竹系封切の「岐阜松竹地下劇場」(旧「岐阜地下劇場」)を擁した劇場だった。しかし1991年、周辺で起こった火災を機に建て替え計画をスタートし、1995年、シネマコンプレックスを擁する地上8階・地下1階建ての商業施設ビルに生まれ変わった[1]

エレベーターで上階の各スクリーン会場へ向かい、入場鑑賞する。ポイントカードサービスがあり、100円でカードを購入し6か月以内に鑑賞スタンプを5個集めると、無料映画鑑賞券(3か月有効)が1枚もらえる。

運営は岐阜土地興業株式会社である。岐阜土地興業は岐阜市内のロイヤル劇場関市シネックスマーゴも運営している。

CINEXビルのフロア構成編集

入居施設
8階 CINEX1の映写室
7階 CINEX1(290席)
6階 CINEX2・3・4の映写室
5階 CINEX2(192席)、CINEX3(88席)、CINEX4(69席)
4階 カラオケランド歌えもん
3階 GAMEアクセス柳ヶ瀬店
2階
1階 チケットカウンター、モスバーガー、GAMEアクセス
地下1階 CINEXホール(イベントホール)

出典編集

  1. ^ a b 柳ヶ瀬町日ノ出地区”. 市街地再開発課. 岐阜市 (2008年11月19日). 2014年6月17日閲覧。

外部リンク編集