国道256号

日本の岐阜県から長野県に至る一般国道

国道256号(こくどう256ごう)は、岐阜県岐阜市から長野県飯田市へ至る一般国道である。

一般国道

Japanese National Route Sign 0256.svg

国道256号
総延長 246.9 km
実延長 224.6 km
現道 219.4 km
制定年 1963年
起点 岐阜県岐阜市
神田町5丁目交差点(地図
主な
経由都市
岐阜県山県市郡上市下呂市
加茂郡白川町中津川市
長野県木曽郡南木曽町
下伊那郡阿智村
終点 長野県飯田市地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0157.svg国道157号
Japanese National Route Sign 0248.svg国道248号
Japanese National Route Sign 0418.svg国道418号
Japanese National Route Sign 0156.svg国道156号
Japanese National Route Sign 0472.svg国道472号
Japanese National Route Sign 0041.svg国道41号
Japanese National Route Sign 0257.svg国道257号
Japanese National Route Sign 0019.svg国道19号
Japanese National Route Sign 0153.svg国道153号
Japanese National Route Sign 0151.svg国道151号
テンプレート(ノート 使い方) ウィキプロジェクト 道路
岐阜公園前交差点(岐阜市
佐賀・粟野バイパス(岐阜市粟野西3交差点)
加茂郡白川町下佐見地内
中津川市坂下高辺の県道3号との分岐点。国道は交差点を左折する(大型車通行不能)。直進する県道がメインルートのように見える。
道の駅付知付近(中津川市)
中津川市坂下地内。隘路が残っている箇所も存在する。
飯田市鼎東鼎。国道151号との重複区間(2013年5月

目次

概要編集

歴史編集

1963年(昭和38年)に二級国道として制定された飯田市と中津川市を結ぶ飯田中津川線が一般国道256号の前身である。その後、1965年(昭和40年)と1975年(昭和50年)の二度の政令改正を経て、経路は大幅に変更される[2]。1993年(平成5年)の最終改正で起点・岐阜市、終点・飯田市の国道152号交点とする区間となり、現在に至る[2]

年表編集

  • 1963年昭和38年)4月1日二級国道256号飯田中津川線(長野県飯田市 - 岐阜県中津川市)
  • 1965年(昭和40年)4月1日:一般国道256号(長野県飯田市 - 岐阜県中津川市)
  • 1975年(昭和50年)4月1日:一般国道256号(長野県茅野市 - 下伊那郡上村 - 飯田市 - 岐阜県中津川市)
  • 1993年平成5年)4月1日:一般国道256号(岐阜県岐阜市 - 長野県飯田市 - 長野県下伊那郡上村(飯田市))
現在の路線のうち、飯田市街 - 飯田市上村はかつては国道152号だった区間である。国道256号は茅野市を起点とし現在の国道152号のルートを通って下伊那郡上村に至っていた。1993年4月1日、152号飯田市 - 下伊那郡上村と256号茅野市 - 下伊那郡上村を交換する形で現在のルートとなった。
  • 1999年(平成11年)7月:清内路トンネル開通。これにより、清内路峠(標高1,192m)経由は車両通行止めとなる。
  • 2002年(平成14年)12月22日:一般国道256号(岐阜県岐阜市 - 岐阜県高富町 - 長野県飯田市 - 長野県下伊那郡上村(飯田市))
高富第一トンネル(高富町)の開通によりルート変更。
  • 2003年(平成15年)4月1日:一般国道256号(岐阜県岐阜市 - 岐阜県山県市 - 長野県飯田市 - 長野県下伊那郡上村(飯田市))
高富町伊自良村美山町の2町1村が合併し、山県市となる。

路線状況編集

車道幅員5.5m以上の道路改良率は72.6%(2014年4月現在)で、実延長全体の3/4未満に留まる[1]。車両通行不能区間(点線国道)は、飯田市街地の東にある小川路峠を越えて国道152号に接続する区間にある[2]

別名編集

  • 長良橋通り岐阜県岐阜市
  • 神田町通り(岐阜市)
  • 柳ヶ瀬通り(岐阜市)
  • 伊奈波通り(岐阜市)
  • 高富街道(岐阜市・山県市
  • サラサドウダン街道(岐阜市、山県市)
  • 郡上南天街道(関市、下呂市)
  • あじさい街道(岐阜市、関市)
  • 濃飛もみじ街道(郡上市)
  • せせらぎ街道(郡上市)
  • 白川トチノキ街道(白川町)
  • 白川街道(東白川村中津川市
  • 裏木曽街道(中津川市)
  • 中山道(中津川市・長野県南木曽町
  • 大平街道(南木曽町)
  • 三州街道飯田市
  • 東中央通り(飯田市)
  • 遠州街道(飯田市)
  • 秋葉街道(飯田市)

バイパス編集

岩崎・粟野バイパスの起点(岐阜市岩崎1交差点) 
山県市高木付近の高富バイパス(山県市役所東交差点)。この交差点より先は現在延伸工事中。 
実質的なバイパス
  • 岐阜県道3号福岡坂下線
    • 当国道の中津川市田瀬向田瀬 - 同市坂下高辺の区間は「大型車通行不能」とかかれた看板が随所に標示されているなど、車両の対面通行が困難な両側1車線の隘路が多くを占めている。福岡坂下線は同区間を全線両側2車線で整備され、また当国道よりも約4km短い経路(約12km)で結んでおり、実質的なバイパスとしての機能を有している。

重複区間編集

  • 国道156号(岐阜県郡上市八幡町相生 - 城南町交差点)
  • 国道472号(城南町交差点 - 八幡大橋南交差点)
  • 国道41号(下呂市保井戸・保井戸交差点 - 白川町・坂東橋)
  • 国道257号(中津川市加子母万賀 - 同市下野交差点)
  • 国道19号(中津川市山口・弥栄橋交差点 - 南木曽町・吾妻橋交差点)
  • 国道153号(長野県下伊那郡阿智村・阿知川橋 - 飯田市・飯田インター西交差点)
  • 国道151号(飯田市・中央通り二・三丁目交差点 - 同市八幡町・八幡様前交差点)

車両通行不能区間編集

道路施設編集

主なトンネル編集

 
清内路トンネル(2009年4月

岐阜県

  • 高富トンネル(山県市佐賀 - 山県市高木)
  • 美山第一トンネル(山県市中洞)
  • 美山第三トンネル(山県市富永 - 山県市船越)
  • タラガトンネル(関市板取 - 郡上市八幡町那比)
  • ささゆりトンネル(下呂市金山町岩瀬 - 下呂市保井戸)
  • 和良金山トンネル (下呂市金山町乙原 - 郡上市和良町方須)
  • 塞の神トンネル(中津川市加子母 - 中津川市付知町

長野県

  • 清内路トンネル(木曽郡南木曽町吾妻 - 下伊那郡阿智村清内路字上清内路)
    • 長さ1642m(飯田側入口手前には1643mと記してある)、幅7.5m、高さ4.7m、標高(木曽側出入口)1048m、標高(飯田側出入口)1094m、飛島・木下・大宗共同企業体(木曽側869m)、鹿島・吉川・長坂建設共同企業体(飯田側773m)

道の駅編集

地理編集

通過する自治体編集

交差する道路編集

岐阜県編集

長野県編集

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b c d e f g 2015年4月1日現在

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h 表26 一般国道の路線別、都道府県別道路現況 (PDF)”. 道路統計年報2016. 国土交通省道路局. p. 14. 2017年10月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e 松波成行 2008, p. 77.
  3. ^ 岐阜県公報第2734号(平成28年3月25日) (pdf)”. 岐阜県庁 (2016年3月25日). 2016年5月1日閲覧。

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集