メインメニューを開く

DESIRE 背徳の螺旋』(デザイア はいとくのらせん)は、シーズウェアによる18禁アドベンチャーゲーム

DESIRE 背徳の螺旋
対応機種 PC-9801
PC-9821/FM TOWNS
セガサターン
Microsoft Windows
PlayStation 2
PlayStation Vita
発売元 シーズウェア
[PS2]インターチャネル
[リマスター]ElDia
ジャンル アドベンチャーゲーム
発売日 [PC-9801]1994年7月22日
[PC-9821/FMTOWNS]1994年11月25日
[SS]1997年9月11日
[WinCD]1998年6月5日
[WinDVD]1999年7月16日
[PS2]2004年9月30日
[PS2ベスト]2005年10月27日
[リマスター]2017年4月27日
レイティング [PS2]CERO:15才以上対象[1]
[PSVita]CEROC(15才以上対象)
メディア [PSVita]PSVitaカード/ダウンロード
キャラクターボイス あり
テンプレートを表示
映像外部リンク
リマスター版オープニング

本項では各機種向けの移植版についても解説する。

概要編集

オリジナルの『DESIRE 背徳の螺旋』は、1994年7月22日PC-9801版が、1994年11月25日にPC-9821/FM TOWNS版が発売された。

2人の主人公のシナリオを進めて物語の真相に迫るマルチサイトシステムを搭載している[2]。またPC-98版だけの要素として、クリア後にアナザーストーリーが用意されており、これは以降の移植やリメイク版には入っていない。

移植編集

  • セガサターン版(1997年9月11日) - グラフィックをリメイクしキャラクターボイスとアニメーションを追加、シナリオも当時の倫理規定に沿って若干手直しされている。
以降の移植やリメイクは同様にフルボイスだが、主人公は主観ではボイスが付かず、視点が変わった際に初めて声が聞こえる仕様(例えばアルバートはアルバート編ではボイス無しで、マコト編でボイス有りになる)。ただしマコトだけはセックスシーンのみ主観でもボイスがある。
  • Windows版『DESIRE 完全版』(CD-ROM版:1998年6月5日/DVD-ROM版:1999年7月16日) - セガサターン版をベースに、グラフィックとエピローグにあたる新エンディングを追加。
  • PlayStation 2版(2004年9月30日/ベスト版:2005年10月27日) - インターチャネルより発売。グラフィックを刷新して前日譚にあたるドラマCDを追加[3]

リマスター版編集

DESIRE remaster ver.』(デザイア リマスターバージョン)は、原作の発売から20年以上経った2017年4月27日ElDiaよりWindows/PlayStation Vita用ソフトとして発売された[2]。2017年12月22日には、同社より18禁要素を追加した『DESIRE remaster A ver.』が発売された。

原画はSS版を高解像度でリマスターしたものが用いられるほか、田島直による新規CGも追加されている[2]。BGMは過去の音源のうち、WAVデータで残っていたものが2種類が採用されたが、オープニングとエンディングの音源は現存していなかったため、復元するという方法がとられた[4]。また、BGMを担当したishidaは販売元のElDiaのTwitterで、「当時のMIDIデータを基にBGMを作成したが、現存のデータにはない音もあり、その場合は元の音に近いものや、全体の曲想に合う音を採用した」と振り返っている[5]。それらに加え、Adobe After Effectsによるアニメーションやイベントシーンにおける振動なども追加されているほか、ヒントやコマンドの再選択機能も追加されている[2]

なお、プレイ動画の公開には制限がかけられており、アルバート編の1日目のうち、カイルとラウンジで戦って屋外に出る場面までの公開が許されている[6]

あらすじ編集

グランチェスタ財団が無人島を丸ごと改造した研究施設「DESIRE」。この施設ではあらゆる取材が拒否され、エコロジーベースの環境工学といった表向きの情報以外は一切公開されていない。何故わざわざ無人島に建造したのか、そこで行われている研究の正体など全貌は謎である。そのため様々な噂がまことしやかに囁かれているが、ついに取材が解禁され、1人の新鋭記者アルバートがこの島へ向かう。弱小の自分が何故選ばれたのかを訝しむも、チャンスをものにする意欲を燃やすアルバート。しかしDESIREの計画にとって、自分が最後のピースであることを彼はまだ知らない。

アルバート編
新聞記者のアルバートは無理を承知で申し込んだDESIREの取材を承認され、現地へ向かうことになる。早めに到着したために散策をしていたところ、1人の少女を海岸で救出する。
マコト編
DESIREで技術主任という立場のマコトは、恋人であるアルが取材にやってくると知らされ、当日案内を任されることになる。そんな中、工作員が妨害のためにDESIREに潜入したという情報が寄せられる。
 ???編
アルバート編とマコト編の両方をクリアすると見られるシナリオ。選択肢は一切存在せず、物語の真相が明らかになる。

登場人物編集

声優名はコンシューマ版及びリマスター版[2]/remaster Aver.[7]

アルバート・マクドガル
声 - 津久井教生/中原茂
アルバート編主人公で、愛称はアル。SNT(ソーシャルニューズタイム)社に所属する新聞記者。明るくお調子者で極めて軟派な性格だが、ジャーナリストとしてのプライドは高い。またセクシャルな誘惑に対し痛烈に貧弱なのも特徴。
マコト・イズミ
声 - 氷上恭子/吉永あゆり
マコト編主人公。DESIREの技術主任で、ステラ教授の助手。アルとは恋人同士だが仕事上のすれ違いで数ヶ月以上も会っていない。久々の再会に浮かれる中で度重なるトラブルにストレスを溜め、浮気の目撃を機に自暴自棄になりカイルの強引な口説きを受け入れてしまう。その後、カイルの調教によって自己のマゾヒズムを開花させてしまい、半ば性奴隷のような扱いを受け続け、それをアルに悟られまいと嘘を重ねる。親友のレイコとは過去にセックスフレンドの間柄でもあった。
事件後は、ステラ教授の後を継ぎ、真の意味でのデザイア完成を目指している。
ドラマCD版では、研究員と結婚しておりカイルと言う息子がいる。
ティーナ
声 - 川上とも子/増田ゆき
アルが浜辺で出会った少女で、ティーナというファーストネーム以外のことは一切覚えていない。天真爛漫な性格をしており、アルに懐く。
シルビア・ブラザー
声 - 夏樹リオ/YUMIKO
DESIREの整備士長で、航空学校のパイロット課を卒業した経歴がある女性。男勝りな正確だがルックスは良くプロポーションも抜群で巨乳。本人はがさつで男性的な言動をコンプレックスに感じており、女らしさや可愛らしさにおいても自信が無く、才色兼備のレイコに憧れている。
事件後は、アルの専属パイロット兼パートナーとして世界中を飛び回っている。
シェリル・シャトレート
声 - 西村ちなみ/山野美嶺
DESIREの研究員の一人で、数字と物理の博士号を持つ才女。黒人とのクォーターであるため、浅黒い肌をしている。大人しい性格だがアルのナンパに積極的に応じるなどの面もある。過去にカイルと関係していた期間がある。
事件後は、アルの秘書兼パートナーとして世界中を飛び回っている。
カズミ・M・グランチェスタ
声 - 玉川紗己子/小佐野恵
視察として来訪したグランチェスタ財団会長の孫娘。23歳。有能だがプライドが高く、自らの胸の内を明かそうとしない。
その正体は、研究施設の制御プログラムを持つテロリストの主犯。DESIREの裏でなされている軍事研究を突き止め、穏健派である財団会長の方針に沿い、研究を阻止するため暗躍する。先天性の遺伝子異常の重病を持ち、残された寿命は1年にも満たない。
レイコ・クサナギ
声 - 山口由里子/木村圭子
ステラ教授の専属秘書を務める才媛。有能かつユーモアも解す大人の女性。スタイル抜群の美女でその容姿や所作にはステラ教授やシルビアなど同じ女性からも賛美されている。また派手な外見をしているが、身持ちは固く、軟派な誘いにはなびかない。マコトとは親友で、過去にはセックスフレンドでもあった。アルの世話係兼お目付け役を任されている。
クリスティ・シェパード
声 - 田中敦子/ASAMI
DESIREの総務担当者で、受付にいることが多い。データプロセッシングにたけている。チェーンの付いた眼鏡をかけた理知的な美人だが、男性遍歴の激しさを噂されていて、カイルやアルを誘惑し関係を持つなどかなりの淫乱。離婚暦がある。また、若さを得るためにゲーツの研究に協力し、自身の遺伝子を操作しており、著しく身体能力が強化されている。
エレナ・フランソワ
声 - こおろぎさとみ/福山貴子
ゲーツの養女で、メディカルセンターではゲーツの助手を務めている。可愛らしい外見をしており男性職員に人気が高い。実はゲーツの元妻で年齢は50を超えているが、遺伝子操作により10代と見まがう若さを手に入れ、同時に筋力なども大幅に上昇している。
小説版では、原作と違い死亡する。アルを逆レイプするシーンがある。
ドラマCD版では、元の年齢に戻っており、DESIRE内のレストランでウェイターをしている。
カイル・K・カーツ
声 - 松本保典/豊川隆
DESIREの研究員。188cmの身長と鍛え上げた筋骨隆々なフィジカル、MITを卒業する頭脳を併せ持つ男性。格闘技にも長け、空手など計12の段を取得している。かなりの自信家であり女たらし、研究所内の数々の女性がその犠牲になっている。マコトを狙っていて、アルと対立する。また催眠術を得意としており(一般版のみの設定)話術やセックスと合わせて、女性を自分にのめり込ませる技巧に優れる。正体はテロの実行工作員。2重スパイでもあり、カズミの他にレイコからも依頼を受けていた。小説版では出番が激減しているが、生き残る。
マルチナ・ステラドビッチ
声 - 池田昌子/横尾まり
通称ステラ教授。DESIREの総監督を務める女性。理知的だが、神経質な一面を持つ。また、マスコミ嫌いではあるが、アルに対しては好意的に接する。事故で亡くした夫のエコロジー研究を引き継いでいるが、とある理由により研究の危険性やゲーツの企みを黙認している。
隠しシナリオは彼女の視点で物語が進む。
ドラマCD版では、グスタフとの生活時代が描かれ、助手兼愛人として公私に利用されていたことが語られる。
ティーナ・ステラドビッチ
声 -
ステラ教授の娘。研究中の事故により既に他界している。
ドクター・ゲーツ
声 - 青野武/邪風林
DESIREのメディカルセンターに勤める医師。その正体は故グスタフ・ステラドビッチ。学会に思想や研究を危険視され、娘を巻き込んだ事故で死を偽装し研究を続け、DESIREの技術を遺伝子改造した生物兵器に利用している。元々は大学教授だがマルチナと出会ったことで頭角を現す。研究者としての才覚は平凡であり、ステラの実績を自分の成果だとすり替えて考える傲慢な性格。また女性関係も旺盛で、若い女性社員には評判が高い。
アヤコ・ヨシナガ
声 - 三石琴乃
DESIREでマコトの秘書を担当している女性。ドラマCDオリジナルキャラクター。
ジョナサン・カウフマン
声 - 中原茂
DESIREの研究員で技術主任。マコトの夫。ドラマCDオリジナルキャラクター。

スタッフ編集

PC版
  • キャラクターデザイン/作画監督:田島直
  • 音楽:梅本竜
リマスター版
  • キャラクターデザイン/作画監督:田島直

小説版編集

1997年にコアマガジンより森野一角の小説『デザイア 背徳の螺旋』が発売されている。文:森野一角、カバー画:やさまたしやみ、作画:華瑠羅翔。ISBN 9784877341138

主なストーリーは原作ゲームに準じているが、主人公の1人であったマコトの視点が小説版では丸ごとカットされていて、出番がほぼ無くなっている。また、原作ゲームの売りの一つであったいわゆる寝取られ要素が一切無くなっており、マコトとカイルの関係もただの同僚の域を出ず、同様にカイルのシーンは大幅に減っており、キーパーソンとしての役割も無いに等しい。

ドラマCD版編集

1998年に、キングレコードよりドラマCD『CD DRAMA DESIRE』が発売。ドラマパートとキャラクターソングを収録している[8]

本編エンディング後から、完全版より追加された新エンディングまでの間を描いた内容で、アルバートが再びDESIREを訪れる物語となっている。

出典編集

参考文献編集

  • セガサターン版取扱説明書

関連項目編集

  • EVE burst error - 本作の後に発売された作品で、同じくマルチサイトシステムを搭載している。

外部リンク 編集