メインメニューを開く
JXTGホールディングス > JXTGエネルギー > ENEOSフロンティア

株式会社ENEOSフロンティア(エネオスフロンティア)は、東京都中央区銀座本社を置く、エネルギー販売会社である。JXTGエネルギーの完全子会社。

株式会社ENEOSフロンティア
ENEOS FRONTIER COMPANY LIMITED
種類 株式会社
市場情報 非上場
本社所在地 日本の旗 日本
104-8218
東京都中央区銀座1丁目10番6号
設立 1949年昭和24年)1月12日
(西日本米油株式会社)
業種 卸売業
法人番号 4010001140063
事業内容 石油製品の販売
代表者 代表取締役社長 吉川志郎
資本金 4億9500万円
売上高 約2,863億円
(2010年3月期)
従業員数 約2,600人
(2015年7月1日現在)
決算期 3月31日
主要株主 JXTGエネルギー 100%
外部リンク http://www.eneos-frontier.co.jp/
テンプレートを表示

目次

概要編集

「ENEOS」ブランドのガソリンスタンド(サービスステーション)を運営する販売店へのガソリン灯油などの販売(卸売)事業を行っている。サービスステーションの運営も直接行っており、グループ全体で1,324店舗を運営している(2015年7月1日現在)。

2015年7月1日付で、直営店・販売店事業のみを残した上でENEOSネットを吸収合併し、その他の事業は全てENEOSサンエナジーに統合した。

沿革編集

イドムコ編集

  • 1949年(昭和24年)1月12日 - 西日本米油株式会社設立。
  • 1953年(昭和28年)9月 - 伊藤忠石油株式会社に社名変更。
  • 1969年(昭和44年)4月 - 日石伊藤忠株式会社に社名変更。
  • 2000年(平成12年)11月 - 航空事業部がISO 9002取得。
  • 2001年(平成13年)10月 - 株式会社イドムコに社名変更。
  • 2002年(平成14年)7月 - 航空事業部がISO 9001(2000版)を取得。
  • 2004年(平成16年)4月 - 株式会社ケー・イー・エス(1966年8月設立)、株式会社宮崎エネルギー(1997年7月設立)、関西小澤株式会社と経営統合。
  • 2004年(平成16年)9月 - ケー・イー・エス、関西小澤解散。

小澤物産編集

  • 1936年(昭和11年)8月10日 - 小澤油店創立。
  • 1948年(昭和23年)4月28日 - 株式会社小澤商店に改組。
  • 1970年(昭和45年)9月 - 小澤物産株式会社に社名変更。
  • 1998年(平成10年)10月 - 関西小澤株式会社を設立。
  • 2003年(平成15年)7月1日 - 中央日石株式会社(1990年3月設立)、千葉エネルギー株式会社(1999年3月設立)、菱油販売株式会社(1931年5月設立)の経営を統合。地域販売会社5社(エネッツ東京販売、エネッツ西東京販売、エネッツ神奈川販売、エネッツ千葉販売、エネッツ埼玉販売)を設立し、ガソリンスタンドの運営を移管。
  • 2003年(平成15年)12月 - 中央日石、千葉エネルギー解散(菱油販売は不動産賃貸会社として存続)。

ENEOSフロンティア発足後編集

  • 2005年(平成17年)10月1日 - 会社分割により小澤物産が石油販売部門を分割、イドムコが継承し株式会社ENEOSフロンティアに社名変更。地域販売会社を15社に再編。地域販売子会社は「株式会社ENEOSフロンティア○○」(○○には地域名〈東京・西東京・千葉・埼玉・群馬・神奈川・長野・中部・滋賀・関西・阪神・四国・中国・九州・南九州〉が入る)という社名である。
  • 2007年(平成19年)4月1日 - 地域販売会社のENEOSフロンティア四国がENEOSフロンティア阪神に合併。
  • 2008年(平成20年)4月1日 - 太平洋石油販売高輪エネルギーおよび地域販売子会社14社を吸収合併。
  • 2008年(平成20年)12月28日 - マツハヤ(旧松早石油)の石油販売部門が分社化したマツハヤ石油を完全子会社化。
  • 2009年(平成21年)11月1日 - 旧三菱石油特約店 斐太石油株式会社を完全子会社化。
  • 2009年(平成21年)11月1日 - 旧日本石油特約店 太平石油株式会社を完全子会社化。
  • 2011年(平成23年)4月1日 - 旧九州石油系列販売店 九石商事株式会社を吸収合併。
  • 2011年(平成23年)4月15日 - 旧日本石油特約店 CLCタカハシ株式会社を事業買収子会社化。
  • 2015年(平成27年)7月1日 - ENEOSネットを吸収合併。SS運営以外の事業をENEOSサンエナジーへ統合。
  • 2017年(平成29年)2月1日 - 大分県の特約店 吉伴株式会社を事業買収子会社化。
  • 2017年(平成29年)4月1日 - 19ヶ所の支店及び関連会社4社を10ヶ所のカンパニーに再編。東北と九州の一部をEFリテール東北とEFリテール九州に移管。
  • 2018年(平成30年)4月1日 - グループ会社の菊長石油を吸収合併し、東北カンパニーに統合。

グループ会社編集

  • 斐太石油株式会社 (液化石油ガスも販売)
  • 吉伴株式会社
  • EFリテール東北株式会社
  • EFリテール九州株式会社

関連項目編集

ENEOSフロンティアと上記2社を一括りに「ENEOS3兄弟」と見る向きもあるが、ENEOSフロンティアとENEOSネットはJXTGエネルギーの100%子会社であるのに対し、ENEOSウイングは60%の持分を有する子会社J&Sフリートホールディングスの子会社である点が大きく異なる(鈴与商事が40%出資している為)。

  • 中央石油販売 (旧東燃ゼネラル系販売子会社。エッソモービル、ゼネラルブランドでSSを運営)

外部リンク編集