メインメニューを開く

HD 9578は、ちょうこくしつ座の方角に約183光年の距離にある恒星である[2]太陽に類似し、2009年太陽系外惑星の存在が報告された。

HD 9578
星座 ちょうこくしつ座
視等級 (V) 8.19[1]
位置
元期:J2000.0
赤経 (RA, α) 01h 33m 17.1446332236s[2]
赤緯 (Dec, δ) -38° 14′ 42.059464592″[2]
視線速度 (Rv) -3.90 km/s[2]
固有運動 (μ) 赤経: -31.415 ± 0.032 ミリ秒/[2]
赤緯: -38.109 ± 0.040 ミリ秒/年[2]
年周視差 (π) 17.7921 ± 0.0319ミリ秒[2]
(誤差0.2%)
距離 183.3 ± 0.3 光年[注 1]
(56.2 ± 0.1 パーセク[注 1]
絶対等級 (MV) 4.4[注 2]
物理的性質
半径 1.112 ± 0.059 R[3]
質量 1.09[4] / 0.21[5] M
表面重力 34 G[6][注 3]
スペクトル分類 G1 V[1] + M4[5]
光度 1.40 ± 0.14 L[6]
表面温度 6,055 ± 61 K[6]
色指数 (B-V) 0.611[1]
色指数 (V-I) 0.68[1]
金属量[Fe/H] 0.11[6]
年齢 1.3 ×109[7]
地球から見た位置 (HD 9578 Aとの関係)
位置角 251°[5]
角距離 3.2"[5]
別名称
別名称
HIP 7240, TYC 7541-00066-1, CD-38 528, CPD-38 128, SAO 193177, PPM 277127, 2MASS J01331715-3814421
Template (ノート 解説) ■Project

星系編集

2013年VLT補償光学装置を用いた撮像観測により、HD 9578に伴星が発見された。時間を開けて2つの恒星の相対位置を測定した結果、固有運動を共有していることがわかり、HD 9578は連星系となり、発見された伴星はHD 9578 Bと呼ばれる。HD 9578 Bは、質量太陽の2割程度の赤色矮星と考えられる[5]

惑星系編集

2009年に、この恒星を公転する太陽系外惑星の存在が発表された。この惑星HD 9578 bは、木星の3分の2程度の質量で、HD 9578のハビタブルゾーンの範囲を公転していると考えられた[8][9]

HD 9578 bは、太陽系外惑星エンサイクロペディアに確定した系外惑星として収録され、他にもいくつかの研究で存在するものとして扱われている[8][10][7]。しかし、2017年時点でこの惑星の存在を明らかにした査読付きの文献はなく、実在について疑念が残る[6][11]

HD 9578の惑星[8]
名称
(恒星に近い順)
質量 軌道長半径
天文単位
公転周期
()
軌道離心率 軌道傾斜角 半径
b ≥ 0.62 MJ 1.27 494 ?

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b パーセクは1 ÷ 年周視差(秒)より計算、光年は1÷年周視差(秒)×3.2615638より計算
  2. ^ 視等級 + 5 + 5×log(年周視差(秒))より計算。小数第1位まで表記
  3. ^ 出典での表記は 

出典編集

  1. ^ a b c d ESA (1997), The HIPPARCOS and TYCHO catalogues. Astrometric and photometric star catalogues derived from the ESA HIPPARCOS Space Astrometry Mission, ESA SP Series, 1200, Noordwijk, Netherlands: ESA Publications Division, Bibcode1997ESASP1200.....E, ISBN 9290923997 
  2. ^ a b c d e f g HD 9578 -- Star”. SIMBAD. CDS. 2017年11月15日閲覧。
  3. ^ Masana, E.; Jordi, C.; Ribas, I. (2006-05), “Effective temperature scale and bolometric corrections from 2MASS photometry”, Astronomy & Astrophysics 450 (2): 735-746, Bibcode2006A&A...450..735M, doi:10.1051/0004-6361:20054021 
  4. ^ Santos, N. C.; et al. (2013-08), “SWEET-Cat: A catalogue of parameters for Stars With ExoplanETs. I. New atmospheric parameters and masses for 48 stars with planets”, Astronomy & Astrophysics 556: A150, Bibcode2013A&A...556A.150S, doi:10.1051/0004-6361/201321286 
  5. ^ a b c d e Mugrauer, M.; Ginski, C. (2015-07), “High-contrast imaging search for stellar and substellar companions of exoplanet host stars”, Monthly Notices of the Royal Astronomical Society 450 (3): 3127-3136, Bibcode2015MNRAS.450.3127M, doi:10.1093/mnras/stv771 
  6. ^ a b c d e Sousa, S. G.; et al. (2011-09), “Spectroscopic stellar parameters for 582 FGK stars in the HARPS volume-limited sample. Revising the metallicity-planet correlation”, Astronomy & Astrophysics 533: A141, Bibcode2011A&A...533A.141S, doi:10.1051/0004-6361/201117699 
  7. ^ a b Delgado Mena, E.; et al. (2015-04), “Li abundances in F stars: planets, rotation, and Galactic evolution”, Astronomy & Astrophysics 576: A69, Bibcode2015A&A...576A..69D, doi:10.1051/0004-6361/201425433 
  8. ^ a b c Planet HD 9578 b”. Extrasolar Planets Encyclopaedia. 2017年11月16日閲覧。
  9. ^ HD 9578”. Extrasolar Planet's Catalogue. 京都大学. 2017年11月16日閲覧。
  10. ^ Mortier, A.; et al. (2013-03), “On the functional form of the metallicity-giant planet correlation”, Astronomy & Astrophysics 551: A112, Bibcode2013A&A...551A.112M, doi:10.1051/0004-6361/201220707 
  11. ^ Ngo, Henry; et al. (2017-06), “No Difference in Orbital Parameters of RV-detected Giant Planets between 0.1 and 5 au in Single versus Multi-stellar Systems”, Astronomical Journal 153 (6): 242, Bibcode2017AJ....153..242N, doi:10.3847/1538-3881/aa6cac 

関連項目編集

外部リンク編集