メインメニューを開く

HIGH RAIL 1375(ハイレール イチサンナナゴ)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2017年7月1日から小海線で運行を開始した臨時快速列車である。

HIGH RAIL 1375
Kiha103-711 HIGHRAIL1375.jpg
概要
日本の旗 日本
種類 快速列車
運行開始 2017年7月1日
運営者 東日本旅客鉄道(JR東日本)
路線
起点 小諸駅
終点 小淵沢駅
営業距離 78.9 km
平均所要時間 2時間41分
列車番号 8221D(1号)
8222D(2号)
8223D(星空・小淵沢 - 野辺山間)
8225D(星空・野辺山 - 小諸間)
使用路線 JR東日本:小海線
車内サービス
クラス 普通車
技術
車両 キハ103-711キハ112-711
小海線営業所
軌間 1067 mm
電化 非電化
最高速度 85.0 km/h
テンプレートを表示

目次

概要編集

東日本旅客鉄道長野支社が2017年7月1日から始まった信州デスティネーションキャンペーンに合わせて小海線で運行を開始した観光列車。愛称の「HIGH」は標高の高い駅を有する小海線、「RAIL」は線路、「1375」は小海線清里駅 - 野辺山駅間に存在する日本における普通鉄道最高地点標高1375 mに由来する[1]

2016年11月4日に導入を発表し[2]、2017年2月20日に愛称が「HIGH RAIL 1375」(ハイレール イチサンナナゴ)に決まったことを発表[1]。2017年5月19日に運行概要等を発表し、7月1日から運行を開始した[3][4]

運行概況編集

通常の時期は、おもに金・土・日祝、夏休み期間中は火曜日を除き毎日運行される。小海線の小淵沢駅 - 小諸駅間を1.5往復運転される。列車名は日中に運行される1往復は上りが「HIGH RAIL 2号」、下りが「HIGH RAIL 1号」、夜間に運転される下りは「HIGH RAIL 星空」となり、愛称の「1375」は省略される。

冬期は、土・日祝中心に小淵沢駅 - 小諸駅間の1往復となり、「HIGH RAIL 2号」「HIGH RAIL 星空」が運転される(時刻も冬期ダイヤに変更)。

なお、車内では「HIGH RAIL 1375」オリジナルコンテンツが専用Wi-Fiネットワークで提供されるとともに、「HIGH RAIL 星空」野辺山駅の滞在時間中には、小海線沿線の星空案内人により星空観察会が行われる(悪天候の場合は車内での解説となる場合がある)。

車両は新造でなく、地方路線で走っていた気動車を改修した。屋根をガラス張りにするアイデアもあったが法令に抵触するため断念し、代わりに星空の映像を乗客に見せる半球ドームを設けた[5]

ワンマン運転で車掌は乗務しないが、日本レストランエンタプライズ(NRE)のアテンダントが乗車し、乗車時の指定席券確認や車内カウンターでの販売などを行っている。

停車駅編集

小淵沢駅 - 清里駅 - 野辺山駅 - 信濃川上駅 - 小海駅 - 八千穂駅 - 臼田駅 - 中込駅 - 岩村田駅 - 佐久平駅 - 小諸駅

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 小海線「のってたのしい列車」の車両愛称が決まりました! (PDF)”. 東日本旅客鉄道長野支社 (2017年2月21日). 2017年2月21日閲覧。
  2. ^ 小海線に「のってたのしい列車」を導入します (PDF)”. 東日本旅客鉄道長野支社 (2016年11月4日). 2017年2月21日閲覧。
  3. ^ 小海線「HIGH RAIL 1375」〜7月1日いよいよ運転開始〜 (PDF)”. 東日本旅客鉄道長野支社 (2017年5月19日). 2017年5月20日閲覧。
  4. ^ “「HIGH RAIL 1375」が営業運転を開始”. 鉄道ファン・railf.jp 鉄道ニュース (交友社). (2017年7月2日). http://railf.jp/news/2017/07/02/202000.html 2017年7月3日閲覧。 
  5. ^ 「老朽通勤車両 観光用に/JR東がリノベーション」『日経産業新聞』2018年1月29日(13面)

外部リンク編集